スポンサーリンク

アドブルーの代わりに水を入れたら?故障のリスクや問題点とは!

アドブルーの代わりに水 トラック関連
スポンサーリンク

 

アドブルーの代わりに水を入れようと思っていませんか?

燃料代の高騰に加えてアドブルーにもお金がかかる。

経費削減の為にアドブルーの代わりに水をいれようと考えている方、もしくはアドブルーが切れて代わりに水を入れようと思っているドライバーの皆さん。

ちょっと待ってください。

大変なことになりますよ。

この記事ではアドブルーの代わりに水を入れたらどうなるのか故障のリスクや問題点、代用品について解説しています。

 

アドブルーの代わりに水を入れたらどうなる?

トラックやハイエースなどのディーゼルエンジン車の排気ガスを浄化してくれる尿素SCRシステムに必要なのがアドブルー(AdBlue)です。

経費削減やアドブルー切れで1度は水を入れようと考えた方も多いはず。

アドブルーに水を入れて薄めると実は様々な問題が起こるんです。

 

アドブルーの代わりに水を入れたら故障する?

そもそもアドブルーとは67.5%の純水32.5%の尿素液で作られた工業用の尿素水です。

排気ガスの中に含まれる有毒ガスの窒素酸化物を窒素と水に分解してクリーンな大気を作ります。

このアドブルーを使って窒素酸化物を分解させるのが尿素SCRシステムです。

水には不純物が含まれていますがこの不純物が尿素SCRシステムのポンプ内の詰まりの原因になります。

また水を入れたことで硝酸が作られてしまいます。

強い酸性である硝酸は尿素SCRシステム内の触媒を腐食させてしまいます。

 

排気ガスの浄化機能が下がってしまう

水を入れることにより尿素と純水の割合が崩れてしまいます。

当然ながらアドブルーの効果が100%期待できなくなります。

つまり排気ガスがきれいに浄化されないわけです。

窒素酸化物を減らすのを意図的にできなくすることは法律違反にもなります。

 

凍結してエンジンがかからなくなる

アドブルーが67.5%の純水と32.5%の尿素の割合で作られている理由はマイナス11度までアドブルーが凍結しないようにする為です。

そこに水道水を入れてしまうとアドブルーが水で薄まり凝固点が高くなってしまいマイナス1度程度でも凍結してしまいます。

アドブルーが凍結すると溶けるまでエンジンはかかりません。

 

アドブルーを水で薄めた時の効果

上記の説明の通り浄化作用などの効果はもちろん下がります。

効果も期待できませんがメリットもほぼありません。

一時的にアドブルー代が少し浮いたとしても故障したらかなりの修理代がかかります。

効果やメリットはなくリスクやデメリットしかないと考えるべきです。

 

アドブルーに水が入ったら?

アドブルーに水が入ったら上の説明のような状況が起こる可能性があります。

意図的にではなく自然にアドブルーに水が入ることは考えにくいですがアドブルーキャップの締め忘れにより雨水が入る可能性はあります。

アドブルーのキャップを紛失した場合はビニール袋を蓋がわりにして輪ゴムで止めておけば大丈夫です。

アドブルーがなくなるとやばい

ところでアドブルーがなくなるとどうなるか知ってますか?

実は非常にまずいことになります。

でもあることをしなければ大丈夫です。

アドブルーがなくなるとどうなるのか、そしてその対処法をこちらの記事でご紹介しています。

アドブルーがなくなるとエンジンかからない?空になったらマジ危険!
ディーゼルエンジンの排気ガスをキレイにしてくれる尿素SCRシステムのアドブルー。 トラックドライバーにはお馴染みの尿素水です。 しかし毎回補充するの面倒なんですよね。 あのアドブルーってなくなるとどうなるのでしょう...

 

尿素水はAdBlue(アドブルー)に限る?

アドブルーに限る?

 

アドブルータンクに「AdBlueに限る」と注意書きがあります。

他にも尿素水ってあるんかいな?

あるなら他の尿素水を使ったらあかんのかいな?

と思いきや実は尿素水はアドブルーだけではありません。

実はアドブルーは商品名でアドブルー以外にも尿素水はあります。

尿素水タンクに「アドブルーに限る」「アドブルー専用」と書かれていてもJISの規定をクリアしていたらアドブルーじゃなくても故障することも罰せられることもありません。

 

アドブルーの代用品!エコツーライトってどうなの?

アドブルー以外でもJIS規定をクリアしていれば問題なく使えます。

であればできるだけ安い尿素水の方がいいですよね。

アドブルーの代用品で有名なのがエコツーライトです。

もちろんJIS規定の基準もクリアしているし口コミなどをみても悪い評判はあまり見かけません。

 

まとめ

今回はアドブルーの代わりに水を入れたらどうなるのかを解説させて頂きました。

水を入れると故障やトラブル、凍結などの原因になります。

経費削減やアドブルー切れの対策には全くならないといえます。

経費削減ならアドブルーの代用品でエコツーライトがあります。

アドブルーよりかなり安い価格で購入できます。

アドブルー切れでお困りなら絶対にエンジンを切らないようにして近所のガソリンスタンドなどで補給して下さい。

ディーゼルエンジン車に乗っている方は日頃から予備のアドブルーを車に積んでおくともしもの時に便利です。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました