スポンサーリンク

軽貨物の黒ナンバー取得方法や流れとは!保険や車検、リースについても徹底解説!

黒ナンバーの取得方法や任意保険について 軽貨物ドライバー
スポンサーリンク

軽貨物ドライバーとしての独立開業を始め、宅配便などの業務で「貨物軽自動車運送事業」としての定義から取得が義務付けられている黒ナンバー。

「軽貨物車両に黒いナンバープレートあり」と言うほどにも見聞きする機会こそはあるものの、一般的にも黒ナンバー取得に対する実状などはあまり知られておりません。

今回、そんな黒ナンバーの「取得方法」から「保険」や「車検」にまつわる事柄を詳しく解説し、またそれらに付随するものとしても「軽貨物のリース事情」などに触れてみたいと思います!

 

委託業者探しでお困りの方はこちらの記事で詳しくご紹介していますのでぜひご覧ください。

🔗個人事業主ドライバーに転職するコツや求人募集情報はこちらから!

 

そもそも黒ナンバーとは

ざっくりと言ってしまうと「軽貨物版」のとしての営業(事業用)ナンバー。

貨物トラックでの「営業ナンバーとして用いる緑ナンバー」と同様、「軽貨物での運送業務に必要となる事業用ナンバー」が「黒ナンバー」となっています。

つまり国土交通省が定めた貨物自動車運送事業法に則る定義の下、「有償にて貨物を運送する業務のみ」を対象とした「営業に対しての許可証」みたいなもの。

 

黒ナンバーの取得方法と流れについて

 

取得方法として、専門的な取り扱い業者にお願いしない限りは基本的に自分自身で陸運支局に足を運び、申請・取得(車両への黒ナンバー取り付け)までの流れとなっています。

黒ナンバー取得の事前準備としての事柄

・貨物車両の確保
・営業所(自宅でも可)、車両の保管場所となる車庫(営業所から2km以内)
・陸運支局に提出する書類、経営届けと運賃届けを用意

 

黒ナンバー取得の届出・申請の流れ

陸運支局にて、経営届け及び運賃届けを提出
      ↓
事業用自動車等連絡書を取得
      ↓
車検証の書き換え用書類を作成
      ↓
軽自動車検査協会での車検証と事業用ナンバー(黒ナンバー)の取得

予め準備しておく事柄やそれぞれにある届出項目をよく理解し、必要書類などは「書き漏れ」のないように提出しましょう。

 

黒ナンバーの車検費用や期間は

 

乗用車などに掛かる車検費用と同様、黒ナンバーでも検査のみに必要な「法定費用」に加え、車両整備に掛かる「整備費用」も状態に応じて必要となります。

初回の2年以降は1年毎の車検になる緑ナンバー(8t未満に限る)に対し、黒ナンバーでは新規登録から13年経過した車両であっても「車検期間は2年毎」となってます。

黒ナンバーの検査費用(法定費用)

・重量税(2年)→     5,200円
・自賠責保険(24ヶ月)→ 26,370円
・申請手数料 →      1,400円

【合計費用】   →   32,970円

車検時に必ず支払わなければならな法定費用とは異なり、整備にかかる費用に於いては「車毎による整備が必要な症状や箇所」、また「それらを受け持つ業者によっても価格が前後する」等と様々…

日頃からの状態管理が黒ナンバー車検を滞りなくし、また無駄な整備費用を抑えられる事にも繋げられます。

 

黒ナンバーはリースやレンタルのほうがいい?

 

車両購入が難しいのであれば「リースやレンタルが望ましい」と言えます。

黒ナンバー取得を必要とする独立開業の場合、商売道具としての軽貨物車両は業務にに於いては無くてはならない存在。

新車を含め、黒ナンバー車両を購入出来るのであればそれが1番でしょう。

しかし、だからと言って「車両の購入」自体が誰でも可能と言うわけでもなく、個々にある経済的事情も様々…

現在では「黒ナンバー車両を専門に取り扱うリース業者」も多く、「豊富にある車両のラインナップ」や「開業を目指す方に向けプラン」等、それぞれで独自のサービス展開となっております。

尚、リースに於けるメリットとしては「車両のリース代を含めた自動車税、重量税、車検、点検、オイル交換費用」等、それらに掛かる全ての費用を経費として抑える事が出来る他、毎月支払う事となる「一定額としての支払い代金」が事業計画としての予算の策定をし易くします。

 

軽バンの準備はできていますか?

軽貨物ドライバーで活動するには黒ナンバー取得の軽貨物自動車が必要です。
黒ナンバーは軽貨物自動車運送事業経営届出書などを提出して取得します。
しかし自分でやるにも面倒くさいし、代行で頼んでもそれだけで4万円ほどの費用が必要になってきます。

そこで人気となっているのが「GMSリース」。

全て無料で面倒くさい黒ナンバーの手続きをしてくれるので初めての方でも安心です。
軽貨物事業に参入する多くの方が利用しています。
他社より圧倒的に安く、審査が心配な方も審査通過率98%のGMSリースで黒ナンバー車をゲットしましょう。

>>GMSリースの料金プランと軽バンの在庫確認をする

 

黒ナンバーは任意保険に加入したほうがいい?

 

一般的な自家用車で入る任意保険と同様、貨物事業にて車両を用いる以上は「黒ナンバーでの任意保険への加入は推奨される」事となります。

※ただし黒ナンバーの場合では保険料が割高となる

「走行距離が一般的な乗用車に比べて長い」事からも、「交通事故へのリスクも高い」と見られる関係上、取り扱う保険会社の殆どは「割高な料金設定」としています。

しかし「毎日稼働しなければならない黒ナンバー」だからこそ事前の保険加入が重要であり、それらに対する心得自体も安全な稼働へと繋げられます。

一般的な自家用車に比べて掛かる料金は少し割高となってしましますが、想定した賠償責任へのカバーとしては是が非でも備えておくべきでしょう。

 

黒ナンバーの任意保険で安いのはどこ?

 

まず一般的な乗用車とは違い、割高な保険料となってしまうだけに「黒ナンバー用として取り扱っている保険会社は少ない」と考えなくてはなりません。

では割高であっても、どのような任意保険であれば加入する事が出来るのか?

テレビCMなどにある通販形任意保険(イーデザイン損保やアクサダイレクトなど)の場合では、現時点に於いての保険加入は全て不可とされておりますが、「東京海上日動」や「三井住友海上」といった、昔ながらの「代理店型任意保険」であれば加入できる所がまだまだありそうです。

ただし代理店型と言えど、黒ナンバー不可の保険会社も少なからずは存在します。

加入出来るか・出来ないかへの確認も踏まえ、「どこが安いのか?」を検討する意味合いとしても「直接の問い合わせ」がベストと言えます。

以下では白ナンバーによる法人契約の可能と並び、「黒ナンバーでも契約が可能となる代理店型任意保険」を一覧表でまとめております。

黒ナンバーでの加入がOKとされてる代理型任意保険の一覧

・東京海上日動

・三井住友海上

・損保ジャパン日本興亜

・あいおいニッセイ

・楽天損害保険

・共栄火災

・AIG損害保険

 

赤帽など大手以外にも業務委託のフランチャイズや大手運送会社は多数あります。

こちらの記事で詳しくまとめていますのでご覧ください。

🔗個人事業主ドライバーに転職するコツや求人募集情報はこちらから!

 

黒ナンバーのメリットデメリットやおすすめの車種はこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

軽自動車の黒ナンバーのメリットデメリットとは!取得の条件、おすすめ車種は何?
通常にある黄色いナンバープレートの軽自動車に対し、軽貨物として扱われる車両で は宅配便などで目にする機会も多い「黒ナンバー」。 運送業務に用いる車両には、営業ナンバーと言われる事業用としての車番プレートが必要になり、軽貨物車両に於い...

 

まとめ

如何でしたでしょうか?

黒ナンバーに対する法的加入義務はないものの、貨物事業にある環境の多くが任意保険への加入を強く推奨しております。

自己負担が大きくならない為にも「出来るだけの早い選定」が最も望ましく、保険料(費用)としての相場や、取り扱い店舗への確認は勿論、あくまで「自身にとってのベストなプランと費用」ありきで検討を進める事が重要と言えますよね!

タイトルとURLをコピーしました