スポンサーリンク

ケミカルタンクローリー運転手は激務?必要な資格や給料、年収はいくら?

ケミカルタンクローリー ドライバー全般
スポンサーリンク

 

車やバイクで道路を走行していると、ダンプ車、ウイング車など、様々な形のトラックを見かけますよね。

そんな中でも今回の記事では、トラックの前後に「危」と言う文字が書かれたプレートをつけて危険物を運搬しているケミカルタンクローリー運転手についてご説明します。

そんな、化学物質などの危険物を運搬するケミカルタンクローリー運転手は、激務なのか、稼げるのか、必要な資格はあるのかなどなど。

ケミカルタンクローリー運転手としてこれから働きたいと思っている方のお役に立てる記事になっております。

 

※ケミカルタンクローリー運転手のもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗ケミカルタンクローリー運転手の給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

ケミカルタンクローリーとは

 

ケミカルタンクローリーとは化学物質などの危険物質を運搬するための車両です。

有機化学薬品の運搬が主になるため、一つの事故が、周りを巻き込む大事故に繋がりかねない危険な車両です。

 

ケミカルタンクローリーの一日の仕事内容は

 

ケミカルタンクローリーの一日の流れは、朝出勤をして、まず有機化学薬品の積み込み場所に行き、有機化学薬品をタンクに積み込んだら、指定の場所までそれを運搬するというのを繰り返すというものになっています。

この流れですが、会社によって、積み込み場所、納品場所の距離によって出勤時刻は午前4時~午前7時くらいになります。

また、大手工場などが主な納品先になるため、終了時刻は午後4時~6時くらいとなっております。

そして、会社によっては最後の納品が終われば帰宅できるところもあれば、定時が決まっており、納品が早く終わっても定時まで帰れないところもあります。

 

ケミカルタンクローリーに必要な資格は

 

ケミカルタンクローリー運転手になるために必要な資格は、まず大型自動車運転免許です。

そして危険物取扱者の資格が必要になります。

しかし、この二つの免許をただ持っているだけでは、採用してもらうことは難しいです。

と言うのも、ケミカルタンクローリーは一つの事故が大変な事故に繋がりかねないので、運転によほど自信がある人じゃないと採用されないんですよね。

つまり、完全未経験で採用されるということはほとんどありません。

なので、まずは他の運送会社で大型トラックの運転経験を積むことをおすすめします。

 

※あなたはケミカルタンクローリードライバーに向いていますか?

 

ケミカルタンクローリードライバーは向いていないと長くは続きません。

向き不向きは性格診断テストで調べることができます。
一度性格診断テストでチェックしてみましょう。

 

>>ケミカルタンクローリードライバーに向いているかチェックしてみる

ケミカルタンクローリーの仕事は激務?

 

ケミカルタンクローリー運転手の仕事は激務ではありません。

むしろラクです。

と言うのも、一般貨物を運転手と違い、荷物を手で積み込むことはありません。

重いものを持つと言っても、ホースくらいで、バルブ、ポンプを操作して見ているだけの作業になります。

体を動かすことが少ないので、体型を維持することのほうが激務かもしれませんね。

また、大手の工場が基本的な取引先になるため、毎日の勤務時間は安定しますし、無理な運行をすることもあまりありません。

ですので、労働時間が長くなりがちなトラックドライバーの中では比較的ラクです。

 

ケミカルタンクローリーの給料や年収はいくら?

 

ケミカルタンクローリーの年収は350万円~500万円が相場となっています。

これは一般募集をかけている会社の相場であり、荷主から直接仕事をもらっている会社や、積荷を自社で積み込みできるような会社の給料はさらに高くなり、500万円~800万円ほどもらえる会社もあります。

しかし、そのような会社は一般募集をほとんどかけません。

では、どうすればそのような会社で働くことができるのか、それは、一般募集をかけている会社に就職してケミカルタンクローリーの運転手としての経験を積むしかありません。

そしてケミカルタンクローリーの運転手として働きながら、取引先で出会う他のケミカルタンクローリー運転手の方々との交友関係を広げ、引き抜きをしてもらい、転職すると言うのが一番の近道です。

ただ運転して荷物を運ぶだけではなく、取引先の人や他のドライバーとの人脈を広げていくことが給料アップに繋がります。

 

ケミカルタンクローリー運転手の給料や年収、もっと詳しい情報や求人はこちらから

トラック運転手におすすめの転職エージェント
運送業界は人手不足で転職するなら今がチャンスです。
ドライバーが会社を選べる状況になっています。
しかしブラック企業が未だに多く存在している運送業界では良い会社の見極めが難しいのも現状です。

そこで良い会社を見極めるコツがエージェントの活用です。

今エージェントからのドライバーへの転職が急増しています。
その理由は給料や労働条件、福利厚生などを事前に確認し交渉までしてくれるからです。
あなたの条件に合った企業であるという前提で面接に望めます。
いちいちその都度面接に行って自分で確認する手間が省けます。
またお金の話や休日、仕事内容など自分の条件を交渉しにくい方にもおすすめです。

【エージェントへの依頼具体例】

給料は手取りで40万円以上欲しい
土日は休みたい
ケミカルタンクローリー運転手を募集している会社を探して欲しい

このような条件で探してほしいと伝えるだけでオッケーです。
運送会社を探すならリクルートエージェントが1番おすすめです!

>>リクルートエージェントに無料相談する

リクルートエージェント業界最大手で求人数と実績が日本で一位です。
また大手や人気のある運送会社は非公開求人になっている場合が多いです。
あなたがいくら探しても求人が出てこないのは非公開求人になっているからかもしれません。
リクルートエージェントは非公開求人数が業界一位です。
お目当ての運送会社が隠れているかもしれません。

情報収集や自分の条件に合った会社を探している方はご利用ください。

>>ケミカルタンクローリーの非公開求人を探してもらう

料金は一切かかりません。
登録したらからといって絶対に転職しないといけないわけでもありません。
情報収集にもお役立てください。

ケミカルタンクローリーの運転手は高収入でラク!!

 

ケミカルタンクローリーの運転手の年収は350万円~500万円と十分な金額でそこからさらに500万円以上も狙える職業です。

そして、体を動かすことは少なくラクなので定年まで働くことも可能です。

しかし、これだけ好条件なケミカルタンクローリーの運転手ですが、危険がたくさん潜んでいる道路がメインの職場になります。

ただでさえ危険なドライバーの職業で、積んでいる荷物も危険なものになります。

そのため、ラクそうだからやりたいなんて生半可な気持ちでできる仕事ではありません。

自分の少しの運転操作ミスや状況判断ミスによって、自分はもちろん周りの人を巻き込む大事故を引き起こすことになります。

そのため、プロドライバーとしての自覚を持って安全運転ができる方に向いている仕事ですね。

 

タイトルとURLをコピーしました