本ページはプロモーションを含みます
スポンサーリンク

かっこいいトラックに乗れる運送会社はどこ!探し方やデメリットはある?

記事内にプロモーションを含む場合があります
カッコいいトラック乗れる 運送会社
スポンサーリンク

 

トラック運転手を目的とする運送会社を選ぶ基準においては賃金や休日日数、また就職する運送会社の規模を見るなど人によってさまざま…

ただその中でも、選ぶ基準として意外と多いのが「自分が乗りたいかっこいいトラック」であり、そもそもがトラック好きに人気のある職業だけに「毎日乗るトラックは自分が好きなかっこいいトラックであって欲しい」という思いを持っています。

そこで今回、そんな「かっこいいトラックに乗る為への運送会社選び」から、それぞれにまつわる事柄を各項目ごとで深く掘り下げます!

 

デコトラを狙うなら絶対に登録すべき転職サイト!

現役30年トラックドライバーが選ぶ最強の転職サイト・エージェントランキング10選とは!
最近、運送業界でも転職サイトや転職エージェントからの入社が増えてきました。 正直に言って正解です。 運送業界ははっきり言って入社する会社で全ての運命が決まります。 運送会社への失敗しない最強の転職方法は「知り合いの紹介で入社する」ことです...

 

スポンサーリンク

かっこいいトラックとは

 

一昔前であれば「通称デコトラ」とも呼ばれる仮装トラックなどが現役運転手の間でも人気とされており、そういった車両を多く所有する運送会社自体もトラック好きからは憧れの存在でもありました。

ただその見た目から配送先へ出入りする際での印象やモラルの観点から、派手な装飾トラックを所有する運送会社は現在かなり減少していると言われております。

そういった意味合いからも「清潔感を含んだ整備面での管理」、また「皆が乗りたい車種」などが現在のかっこいいトラックとしての定番条件になっています。

 

かっこいいトラックのある運送会社の特性や特徴とは

 

一般的には皆が「かっこいいトラック」と判断する車両は車両自体の購入価格が高く、そこから所有・管理していく上での費用ともなれば車両の維持は容易ではありません。

つまりかっこいいトラックを所有している運送会社では主に社長自身がこだわりを持っており、本気度合いとされる行動力の表れがバロメーターになってます。

これらを踏まえ、かっこいいトラックを所有している運送会社の傾向としては‥

 

■社長のやる気度合いが違う

■きちんとした駐車場の設備や社内に清潔感がある

■会社が所有するトラックが一般的に人気車種である

■車両と同様、社員の身だしなみにも清潔感がある

などが主に挙げられます。

 

人気のかっこいいトラックはなに?

 

現在、比較的若い世代による事業主が多い事もあってか、運送会社に多くは「若年層にウケるトラックの所有」なども課題となってるようです。

では具体的にどのようなトラックが「人気のかっこいいトラック」として注目されているのか? 

国産・海外メーカー毎の車種それぞれでランキング別に見てみましょう。

 

国産車

 

1位:日野自動車

2位:いすゞ自動車

3位:三菱ふそう

4位:UDトラックス

 

海外車

 

1位:ボルボ

2位:スカニア

3位:メルセデスベンツ

 

ボルボ、スカニア、メルセデスベンツなど、近年では海コントレーラー等でお馴染みとされながらも国内においてやはりダントツに人気なのは国産車種。

我々日本人にとってはそのビジュアル全てに本能的な馴染みを持っており、品質やデザイン性を始めとする「総合的判断での抜群の乗り心地」がカギとなります。

 

かっこいいトラックのある運送会社のデメリットは

 

先述してる項目では「かっこいいトラックのある運送会社についての特性や特徴」と、比較的前向きな記述内容で解説しておりますが「カッコ良さだけ」で運送会社を選んだ場合、状況次第では勤務環境の悪い会社にあたる危険性も考慮しなくてはなりません。

ではどのようなものが「かっこいいトラックがある運送会社としてのデメリット」になってるのか?

その代表的な例を以下に挙げております。

 

勤務時間が長い

 

基本としてドライバーの拘束時間は1日13時間内、延長する場合であっても16時間内と定められております。

それらを大幅に超えた勤務時間となれば毎日がトラックで過ごす車中泊となってしまったり、プライベートや家族との時間を取れなくなってしまいます。

 

手作業が多い

 

基本的にトラックドライバーの仕事は運転のみではなく、手積み・手降ろし作業は付き物と考えなくてはなりません。

しかし「手作業の多さ」やその「内容の度合い」によっては身体的な負担が多く、一般的にはかなり過酷な業務となってしまします。

 

給与水準が低いことも…

 

こちらに関しても全部が全部というわけではありませんが、所有する車両によってはそれなりの費用がかかる実状から「給与還元率を低く設定した運送会社も存在する」とも言われてます。

 

※給料をあと5万円上げたくありませんか?

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできます。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

スカニアに乗れる会社の探し方

スカニアはめちゃくちゃかっこいいですよね。

トラックのメーカーや種類で運送会社を決めるドライバーもいるほどです。

スカニアに乗れる会社の探し方は簡単です。

求人に特化した検索エンジンの「Indeed」や「求人ボックス」の検索窓にスカニアと入力すると出てきます。

しかしスカニアジャパンの営業職や整備士の募集もでてきますが…

あとは実際に走っているスカニアを目撃した時に会社名をメモるか、SNS(旧Twitterなど)でスカニアで検索しても出てきます。

リクルートエージェントなどのエージェントに無料登録して、アドバイザーにスカニアを保有している運送会社を探してもらってもいいでしょうね。

とにかくかっこいいスカニアですが、日本の運送会社でももっともっと採用して欲しいですね。

 

>>リクルートエージェントにスカニアの相談をする

 

かっこいいトラックのある運送会社を探す方法とコツ

トラック運転手におすすめの転職エージェント
運送業界は人手不足で転職するなら今がチャンスです。
ドライバーが会社を選べる状況になっています。
しかし数多くの会社が存在する運送業界では良い会社の見極めが難しいのも現状です。

そこで良い会社を見極めるコツがエージェントの活用です。

今エージェントからのドライバーへの転職が急増しています。
その理由は給料や労働条件、福利厚生などを事前に確認し交渉までしてくれるからです。
あなたの条件に合った企業であるという前提で面接に望めます。
いちいちその都度面接に行って自分で確認する手間が省けます。
またお金の話や休日、仕事内容など自分の条件を交渉しにくい方にもおすすめです。

【エージェントへの依頼具体例】

給料は手取りで40万円以上欲しい
土日は休みたい
パレット輸送の多い会社を探して欲しい

このような条件で探してほしいと伝えるだけでオッケーです。
運送会社を探すならリクルートエージェントが1番おすすめです!

>>リクルートエージェントはこちらからどうぞ

リクルートエージェント業界最大手で求人数と実績が日本で一位です。
また大手や人気のある運送会社は非公開求人になっている場合が多いです。
あなたがいくら探しても求人が出てこないのは非公開求人になっているからかもしれません。
リクルートエージェントは非公開求人数が業界一位です。
お目当ての運送会社が隠れているかもしれません。

情報収集や自分の条件に合った会社を探している方はご利用ください。

>>リクルートエージェントに無料相談する

料金は一切かかりません。
登録したらからといって絶対に転職しないといけないわけでもありません。
情報収集にもお役立てください。

 

まとめ

 

如何でしたでしょうか?

「かっこいいトラック」はトラック好きにとって特別な存在であり、トラックドライバーとしてのモチベーションアップの観点から考えても仕事に対するメリットは多いと見れます。

とは言っても「かっこいいトラックとしての魅力のみ」に囚われるのではなく、トラックドライバーとして勤める以上は労働環境と給与待遇、あと社長の印象や口コミ・評判なども細かくチェックしておきましょう!