本ページはプロモーションを含みます
スポンサーリンク

運行管理者試験の通信講座ならキャリカレがおすすめの理由とは!

記事内にプロモーションを含む場合があります
キャリカレ 運行管理
スポンサーリンク

運送会社においてドライバーや運行を管理する運行管理者は最も重要なキーパーソンです。

その任務にあたって必要となるのが「運行管理者資格」ですが、この試験がまた難しいんですよね。

一般合格率が30%台の難易度の高い国家試験となっています。

この運行管理者試験は難易度が年々上がってきています。

参考書を2ヶ月程度独学で勉強すれば合格する人もいますが難しく感じる方も多いです。

合格率からも想像できますように問題集や参考書のみでは何回チャレンジしても落ちる方もいらっしゃいます。

 

スポンサーリンク

運行管理者試験の最も効率のいい勉強の仕方とは

 

運行管理者試験を効率よく勉強するにはしっかりとしたマニュアルのある通信講座がおすすめです。

勉強の進め方から分からない所への質問などサポート体制やマニュアルがあり仕事をしながらでも無理なく勉強ができます。

私もそうでしたが仕事をしながらの勉強はかなりの苦痛や労力を使います。

独学であればかなりのモチベーションがないと続かなくなってしまいます。

私はドライバー上がりで自主的に取得しましたが会社からの指示で受ける立場の方は相当なプレッシャーもあるでしょう。

そこで通信講座のサポートはメリットの多い選択となります。

 

運行管理者試験のおすすめ講座はキャリカレ

 

私がおすすめしている運管の通信講座は「資格のキャリカレ」です。

この講座はかなりおすすめです。

>>資格のキャリカレはこちらから

 

理由はいくつかありますが、1番の理由は試験に落ちた時の全額返金制度です。

通信教育でこの補償がある講座は滅多にありません。

絶対に合格できるというマニュアルへの自信の表れでしょう。

 

そして次の理由が合格すれば2講座目の資格の受講が無料になることです。

例えば「社会保険労務士」や「宅地建物取引士」などの受講料が無料になるんです。

2講座目無料サービス付きの講座であればさらに3講座目や4講座目も無料で受講できます。

つまり「2講座目無料サービス付きの対象講座」である運行管理者や社会保険労務士、宅地建物取引士などは最初の運管の受講料のみでずっと無料で受講できるということです。

社会保険労務士の受講料は64,900円ですから、これらを無料で将来受講できるなら使わない手はありません。

実際に私の会社の顧問の社労士の先生は元大手の運送会社の運行管理者から労務士の資格を取って独立した方です。

宅建の資格なども一生食いっぱぐれのない国家資格です。

その他にも無料で受講できる資格は120種類以上あります。

これを機にまとめてチャレンジするのもいいかもしれませんね。

>>全額返金・ダブル資格取得ができるキャリカレはこちらからどうぞ