スポンサーリンク

ダイセル物流ドライバーはきつい?給料や年収、口コミ評判とは!

ダイセル物流きつい 運送会社
スポンサーリンク

 

ダイセルグループの物流部門の企業として、物流事業を国内や海外に展開しているダイセル物流。

濃い緑色のボディカラーが特徴的なトラックを見たことある方も多いかと思います。

大型トラックおよびタンクローリードライバーの募集を主に行っているダイセル物流ですが、求人情報を閲覧した方には、「名前も知ってて気になってはいるけど、もう少し会社のことを知りたい」「ダイセル物流の評判ってどんな感じ?仕事はきつい?」等が気になる方も多いと思います。

今回の記事では、ダイセル物流について、会社概要から給料や年収、口コミの内容などを解説していこうと思います。

ぜひ、仕事探しをしている方や、物流業界未経験の方も参考にしてください!

 

※ダイセル物流のもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗ダイセル物流の給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

ダイセル物流の会社概要とは

 

ダイセル物流は1947年(昭和22年)に大阪府大阪市に設立された物流企業です。

70年の歴史を持つ物流企業で、行っている事業はトラックによる輸送事業から船を使用した国際物流などを主に展開しています。

全国に11ヵ所の営業所及び物流センターが存在し、独自の物流ネットワークを構築しています。

トラックの総保有台数は約120台あり、主に大型トラックやタンクローリーの車種で構成されています。

資本金は2億5千万円、売上高は110億円、従業員数は約350名となっています。

>>ダイセル物流公式ページ

 

ダイセル物流ドライバーの給料や年収はいくら?

 

ダイセル物流ドライバーの年収は450万~700万円となっており、給料は30万~40万円となっています。

賞与は年2回で1回につき30万~80万円となっています。

後述で詳しく解説しますが、比較してみるとダイセル物流ドライバーの給料は高いと言えます。

トラックドライバーの平均年収や口コミに関してはこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

🔗トラック運転手はきついからやめとけ!給料や年収の口コミを大調査/職種別まとめ!

 

ダイセル物流ドライバーの給料明細とは

 

ここではダイセル物流で活躍しているドライバーの給料明細を見てみましょう。

 

【36歳男性 大卒 正社員 中途入社3~10年未満】

《月給》

・基本給 320000円

・時間外手当 80000円

・家族手当 10000円

・通勤手当 20000円

月給合計 430000円

賞与

年2回計 1600000円

年収 676万円

という内容になっています。

 

ダイセル物流ドライバーは給料安い?

 

一般的な物流ドライバーの平均年収と比較してみると、ダイセル物流ドライバーの給料は平均を上回るため、給料は高いと言えるでしょう。

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできるんです。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

ダイセル物流ドライバーの仕事はきつい?

 

ダイセル物流ドライバーのきついポイントを2つ紹介します。

タンクローリードライバーのハードルの高さ

ダイセル物流では有機化学液体輸送を行っており、技能工場のために毎年技能コンテストも実施しています。

しかし、タンクローリードライバーになるには高いハードルが存在し、簡単になれるものではありません。

まず、大型免許の取得、そして牽引免許、次に必要なのが「危険物取扱者」の資格です。

この資格は、化学品や燃料などの輸送には必須の資格であり、これがないとタンクローリードライバーにはなれません。

ダイセル物流でタンクローリードライバーになるには危険物取扱者の丙種の資格が必要なので、覚えておくと良いでしょう。

タンクローリーの運転手に関してはこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

🔗タンクローリーの給料明細を暴露!年収や給料が安いって本当?危険物取扱者の職種別年収とは!

 

貨物の積み込みや積み下ろしの際の危険性

物流企業のきついポイントとして荷台への積み込みや積み下ろしの危険性です。

荷台への積み込みや積み下ろしの際は、手作業の場合もあればフォークリフトなどを使用して行う場合があるのですが、どちらにも注意すべき危険性が存在しています。

手作業の場合、基本的には手で持てる範囲の貨物を扱うものの、中には重い貨物も扱うときがあり、慎重に扱わないと貨物に傷をつけてしまうのはもちろんですが、何より自身の体に負担をかけすぎてしまい、怪我につながることもあります。

そのため、体力や力に自信が無い方にはかなりきつい作業と言えるでしょう。

次にフォークリフトの場合ですが、フォークリフトは便利な乗り物とはいえ、事故などが発生すれば大怪我、下手をすれば命にも関わる大惨事につながる可能性があります。

しっかり周囲に気を配り、安全第一で操作するように心がけましょう。

 

ダイセル物流ドライバーの評判や口コミとは

 

ダイセル物流ドライバーの口コミをいくつか紹介します。

 

「借上社宅制度という制度のおかげで家賃のほとんどを負担してくれます。社員のことを大切にしているのがよくわかります」

「給料は他の企業と比較してもかなり高い上に、会社自体も安定しているので、働きがいがあります」

「ミスは連帯責任というルールが有り、反省会も開かれるので、モチベーションが下がりやすいと思いました」

「休みが若干少ないうえに、大型連休も殆どないので、プライベートと仕事の両立は若干難しいと思いました」

 

こういった意見がありました。

良い点悪い点それぞれあり、感じ方もさまざまですね。

 

大手運送会社を狙うなら必ず登録したい転職エージェント

トラック運転手におすすめの転職エージェント
運送業界は人手不足で転職するなら今がチャンスです。
ドライバーが会社を選べる状況になっています。
しかしブラック企業が未だに多く存在している運送業界では良い会社の見極めが難しいのも現状です。

そこで良い会社を見極めるコツがエージェントの活用です。

今エージェントからのドライバーへの転職が急増しています。
その理由は給料や労働条件、福利厚生などを事前に確認し交渉までしてくれるからです。
あなたの条件に合った企業であるという前提で面接に望めます。
いちいちその都度面接に行って自分で確認する手間が省けます。
またお金の話や休日、仕事内容など自分の条件を交渉しにくい方にもおすすめです。

【エージェントへの依頼具体例】

給料は手取りで40万円以上欲しい
土日は休みたい
パレット輸送の多い会社を探して欲しい

このような条件で探してほしいと伝えるだけでオッケーです。
運送会社を探すならリクルートエージェントが1番おすすめです!

>>リクルートエージェントはこちらからどうぞ

リクルートエージェント業界最大手で求人数と実績が日本で一位です。
また大手や人気のある運送会社は非公開求人になっている場合が多いです。
あなたがいくら探しても求人が出てこないのは非公開求人になっているからかもしれません。
リクルートエージェントは非公開求人数が業界一位です。
お目当ての運送会社が隠れているかもしれません。

情報収集や自分の条件に合った会社を探している方はご利用ください。

>>リクルートエージェントに無料相談する

料金は一切かかりません。
登録したらからといって絶対に転職しないといけないわけでもありません。
情報収集にもお役立てください。

まとめ

 

今回はダイセル物流について解説しました。

給料の高さや充実した福利厚生、他にも若い世代の頑張りが評価される等で、高い評価を得ている企業ですが、休日の少なさや連帯責任など、社員がストレスを感じてしまう要素もあるようです。

しかし、良い悪いはどの会社でも絶対にあること。

改善を行う姿勢がある企業とのことなので、今後さらに成長することが出来る企業なのではないでしょうか。

今回の記事が、仕事探しや物流業界未経験の方たちの参考になれば幸いです!

タイトルとURLをコピーしました