本ページはプロモーションを含みます
スポンサーリンク

デコトラはかっこいい!日本一のデコトラ有名車は?

記事内にプロモーションを含む場合があります
デコトラかっこいい ドライバー全般
スポンサーリンク

 

灯火装置(ヘッドライト・テールランプ・後退ランプ等)のみならず、色とりどりのイルミネーションをまとった姿はもはや「芸術の領域」とも言えるデコレーショントラック。(通称:デコトラ)

有名どころでは菅原文太さんが主演の「映画トラック野郎」が世間的に認知されるきっかけとなり、一説によると起源は「ねぶた祭りで有名な青森県」とも言われております。

今回はそんなデコトラ運転手の「本質」や「仕事内容」に加え、長年日本で愛されて来た「デコトラ文化の減少」についても「求人事情」と合わせて紹介していきます。

 

自分の適正年収を把握していますか?
今回貰えるべき適正年収を調査したところ年間で100万円以上損をしていることが判明しました。
ご自身の推定年収は必ずチェックしておきましょう。
無料診断で料金は一切かかりません。

>>損をしていませんか?自分の適性年収を調べてみる

スポンサーリンク

デコトラとは

 

冒頭でも触れておりますがデコトラとは、「装飾を意味するデコレーション」と「車両であるトラック」を組み合わせた略語であり、一般的には「ある程度の装飾品」をまとう、あるいは「アーティスティックな絵」を施したトラックの事を主に指しております。

諸説ありますが、デコトラの「起源」とも言われてる青森県ねぶた祭りの「色鮮やかな灯籠」が、のちに「電装品で形成された行燈(あんどん)や装飾品」のヒントとなったと言われてます。

現在では「事の始まり」からは様々な進化を遂げておりますが、「デコトラとしての明確な定義付け」などは特に無く、あくまで「オーナーさん自身による好みのデコレーション」を施しておれば、それがデコトラとなるのです。

 

デコトラで有名な車はなに?

 

やはり ”デコトラを世に知らしめた原点” としても「映画トラック野郎」(1975~1979)での劇中使用車両は世代を超えた知名度を誇っており、その中でも有名なのが映画のシリーズ最終作「トラック野郎~故郷(ふるさと)特急便」で登場した「通称:一番星号」ではないでしょうか!

この車両はシリーズ最終作までのベース車両(三菱ふそうFU型)として、鮮やかなペイントや電装品類の仮装を作品毎に幾度と変更を重ねられ、現存している使用車両がその最終作品仕様のデコトラとなっております。

(三菱ふそうT951を使用した1作目「トラック野郎 御意見無用」のみを省く)

車両の最終的な引き継がれ先となったのが、同映画制作と同時に設立され協力団体として東映とも密接な関係でもある「歌麿会」となり、現在も映画の「最終作仕様車両」として数々のイベントでも披露されております。

 

デコトラで仕事はあるの?

 

主に70~80年代頃にかけての全盛期程ではありませんが、現在でもデコトラOKな運送会社は少ないながらも存在しており、そうなれば当然「デコトラ車両を用いての仕事はある」となります。

ただ全盛期とされてる時期から現在とでは、運送業務において取引先とされてる多くの業者間での印象的な問題、つまり現代特有でもある「コンプライアンス」が多く関わってくるようになって来ました。

そういった理由などから以前に比べて多くの制約もある事から、デコトラ運転手にとって極めて厳しい現状ではあります。

と言ってもデコトラ車両を用いての運送業務は「少ないながら」も未だ現役であり、その多くの運転手によって大切な労働環境も維持され続けております。

 

※給料をあと5万円上げたくありませんか?

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできます。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

デコトラ運転手が減った理由とは

 

減った理由については「直接的」な事柄としてでは無く、厳密に言えば「様々な要因が重なって追いやられた結果」とも考えられており、先に記述した内容も大きく関係しております。

コンプライアンスといった日本特有ともされる「イメージ先行からの各取引先(市場など)でのデコトラ出入り禁止処置」や、「排ガス規制法(過去の石原都知事時代での対策法)による持ち込み車両の維持自体が極めて困難になった事」が大きな要因と言われてます。

基本としてデコトラ運転手の多くは「自家用車としての所有」である為に「出禁」や「車両維持での困難」は致命的となり、そうなれば自ずと存続していくにも厳しい結果となってしまいます。

 

デコトラ運転手の募集はどこにある?

 

こちらの内容も先述してる項目に続き、「少ないながら」国内の各地域にはデコトラ運転手としての募集案件を出してる運送会社は存在しております。

応募の方法としても他の運転手募集案件に同じく、「各情報サイト」や「求人情報誌」などでも普通に掲載されており、それらにある条件に従って殆どが随時募集可能となっております。

ただこの場合では、その運送会社の社長自身がデコトラ好きである故の「車両に施されたデコレーションへの保険を別途に掛ける」など、他の運送会社には無い制約等を強いられるケースも少なくは無いと言えます。

 

運送会社の求人募集やもっと詳しい情報はこちらから

トラック運転手におすすめの転職エージェント
運送業界は人手不足で転職するなら今がチャンスです。
ドライバーが会社を選べる状況になっています。
しかし数多くの運送会社がある中で、自分に合う会社を探すのは至難の業です。

そこで良い会社を見極めるコツがエージェントの活用です。

今エージェントからのドライバーへの転職が急増しています。
その理由は給料や労働条件、福利厚生などを事前に確認し交渉までしてくれるからです。
あなたの条件に合った企業であるという前提で面接に望めます。
いちいちその都度面接に行って自分で確認する手間が省けます。
またお金の話や休日、仕事内容など自分の条件を交渉しにくい方にもおすすめです。

【エージェントへの依頼具体例】

給料は手取りで40万円以上欲しい
土日は休みたい
パレット輸送の多い会社を探して欲しい

このような条件で探してほしいと伝えるだけでオッケーです。
運送会社を探すならリクルートエージェントが1番おすすめです!

>>リクルートエージェントはこちらからどうぞ

リクルートエージェント業界最大手で求人数と実績が日本で一位です。
また大手や人気のある運送会社は非公開求人になっている場合が多いです。
あなたがいくら探しても求人が出てこないのは非公開求人になっているからかもしれません。
リクルートエージェントは非公開求人数が業界一位です。
お目当ての運送会社が隠れているかもしれません。

情報収集や自分の条件に合った会社を探している方はご利用ください。

>>リクルートエージェントに無料相談する

料金は一切かかりません。
登録したらからといって絶対に転職しないといけないわけでもありません。
情報収集にもお役立てください。

まとめ

 

如何でしたか?

今回「デコトラ運転手」をテーマとした記事内容でありましたが、そもそもが「車両持ち込みとなるトラック稼業自体」が以前と比べて厳しい現状ともされております。

それが「年々厳しい状況下に置かれてるデコトラ運転手」ともなれば尚更であり、それは人並外れた情熱無しでは到底成り立つものでありません。

しかし考え方次第では「だからこそ特別な分野」であり、「だからこそ古今愛され続けられてるデコトラ」とも言えますね!