スポンサーリンク

自動車学校の料金相場はいくら?費用を安く抑える秘訣とは!

自動車学校の料金相場 役立つ情報
スポンサーリンク

 

自動車免許を取得するには時間もお金もかかります。

その部分が若者の車離れに繋がっているのかも知れません。

しかし、費用や期間を少なく抑える方法もあることは知っているでしょうか?

そこで今回は自動車学校の料金相場や費用についてお話していきます。

是非参考にしてみてください。

 

自動車学校の料金相場はいくら?

 

普通車のAT限定で19万円~33万円が相場です。

MT免許は21万円~35万円が相場となります。

あくまでも相場ですのでご参考程度にご覧ください。

また、場所・地域によって差があります。

自動車学校はすべて同じ金額と思っている方も多くいるかと思いますが、教習料には開きがあります。

地域によっては15万円ほど差があります。

この差は、仮免試験や本免試験の学科試験の費用を抑えることで差が生じています。

公正競争規約という業界団体ルールがあり、卒業するまでに最低限な料金を総額表示することが決められています。

ただ、先ほどの学科試験は総額に含めなくていいという決まりがありますので、場所や地域によって値段が異なります。

事前に調べることも必要ですが、一番は通学に便利ところを見つけることをおすすめします。

数カ月も通うことになりますので、自宅などから遠いと通学の負担になるのでご注意ください。

 

自動車学校の料金を安くする方法とは!

 

料金が安くなる方法は、大きく3つあります。

知っているとお得になるかもしれませんので最後までご覧ください。

学生などはお金の負担が減ります。

気軽に免許を取得できることになります。

まず、1つ目は合宿免許でAT限定を選択することです。

今の時代は、AT限定で十分です。

よっぽど車が好きでMT車に乗りたい人は別ですが、基本的にはAT免許で困ることはありません。

よって、少しでも免許費用を抑えたい人には合宿免許をおすすめします。

2つ目はキャンペーン情報を利用することです。

合宿免許などは比較することができます。

そのため、価格競争になっておりキャンペーン合戦が繰り広げられています。

キャッシュバックなど特典がありますので一度比較するといいでしょう。

また、キャンぺーンとは少し違いますが、ふるさと納税で安くなることもあります。

一部の地域で行われているので、限られた人になりますがおすすめの制度です。

3つ目は、セットプランを利用することです。

普通車とバイクのセット教習プランは少し費用を抑えることができます。

普通車ATと普通二輪免許を取得することができますので非常に効率がいいプランです。

将来的にバイクの免許が欲しいと思っている人はセットプランをおススメします。

 

自動車学校の合宿免許でのメリットとは

 

合宿免許のメリットは、短期間かつ低コストで免許を取得できることです。

時期によって費用も変わりますが、繁忙期を避けると比較的安く免許を取得することができます。

また、宿泊費用や交通費補助などの制度もありとても充実した生活送ることができます。

場所によれば3食付きなどと普段の生活に劣らないような設備が整っています。

また、短期間で取得することができますので計画的に免許を取得することができます。

さらには、色んな人と出会えることも最大の魅力です。

たくさんの仲間を作ることができますので、学生にとっては非常に良い時間を過ごすことができます。

遊びに行くこともできますし、楽しく学べるということもメリットです。

 

自動車学校の合宿免許でのデメリットとは

 

メリットがある一方でデメリットもあります。

合宿免許で不便と感じる人もいますので、よく比較して通学することをおすすめします。

デメリットは、2つあります。

まず1つ目は、まとまった休みが必要で、2週間から3週間ほど期間を要します。

その期間は免許取得に没頭することになります。

もちろんアルバイトなどもすることができません。

人によってはデメリットと感じるでしょう。

2つ目は、都会の道とは違うことです。

合宿免許は基本的に田舎の道で行われます。

そのため、車も人通りも少ないので運転しやすい環境が整っています。

安全に練習できる面ではいいのですが、実際に都会を走るとなれば余計に緊張するかもしれません。

歩行者など多い都会だと慣れるまで少し戸惑う可能性があります。

しかし、車の操作などは基本的に同じですので慣れの問題になります。

 

まとめ

 

年々、若者の車離れが大きくなってきています。

免許を取れば行動範囲が広がりますし、趣味に繋がる発見もあるでしょう。

免許を取る予定が無かった方にも自動車に触れるきっかけになってもらえると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました