スポンサーリンク

委託ドライバーで月収100万稼ぐコツとは!向いてる人向いていない人や評判、口コミとは

委託で月収100万稼げる?委託で月収100万稼げる? 委託ドライバー
スポンサーリンク

 

委託ドライバーって実際どれくらい稼げるのか気になりますよね。

稼げるなら稼げるだけ頑張りたいと思う人が委託ドライバーになる傾向にあります。

今回この記事では月収100万稼ぐコツや委託ドライバーに向いている性格、委託ドライバーの評判などについて書いていくので最後まで読んでみてください!

 

※業務委託ドライバーのもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

・簡単登録で無料で利用できます。
・アドバイザーが丁寧にサポートしてくれます。
・情報収集にもご利用ください。

🔗業務委託ドライバーの給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

委託ドライバーで月収100万は可能?

 

委託ドライバーで月収100万稼ぐことはできます!

が、限られたエリアでしか稼げないのは事実です。

狭いエリアでかつ物量が1日200個以上出るエリアでないと難しいでしょう。

荷物の単価が180円だと仮定すると、100万÷180で1か月で約5555個配る必要があります。

週1休みで26日出勤したとすると、1日約214個になります。

不在になる荷物や再配達の荷物もあるので実際に配る量はこれ以上になります。

正直この量が1か月続くのは体力的にはかなりきついです。

実際休憩が取れない日もあると思います。

 

委託ドライバーで稼ぐコツとは

 

委託ドライバーで稼ぐためにはより多くの荷物を配達する必要があります。

最初は回り方も端末の使い方も難しいと思いますが、早く回れるコツを書いていきますね。

 

1.自分のエリアの地理をできるだけ覚えて地図なしで回れるようにする。

それに合わせて回る順番に積み込みができるようになると、さらに早く配ることができます。

 

2.不在の数を減らす。

お客さんが在宅している時間を覚えて再配達の手間を減らしていくと楽に配ることができます。

 

3.積み込み位置を考える。

例えば、朝の積み込みは荷台を4分割か9分割してそれぞれのエリアごとに分ける。

昼の積み込みからは午前の不在の荷物を左前、昼の指定と2便追加分を右前に置いて、夜の指定は真ん中から左後ろあたりに置く。

昼の指定が終わったら18~20時を右前に、19~21時を前の真ん中あたりに置くとスムーズに荷物を取り出すことができるので参考にしてみてください。

自分に合った積み方を考えてみつけていきましょう。

 

4.裏道を覚える。

エリアによっては信号待ちがすごく長い所や混雑する道もあると思います。

待ち時間はとてももったいない時間になるので、裏道を探して少しでも無駄な時間を減らしましょう。

 

5.積み込み時に伝票を剥がさない。

積み込み時に伝票を剥がして積む人と剥がさずに積むことができればかなりの時間短縮になります。

朝の余裕も生まれてくるので是非やってみてください。

 

※給料をあと5万円上げたくありませんか?

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできます。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

委託ドライバーに向いている人の特徴

 

私が思う委託ドライバーに向いている人の特徴を書いていきますね。

 

運転が好きな人

1日中運転している状態になるので、運転が好きな人は向いていると思います。

 

地図を見るのが好きな人

最初は地図を見ながら配るので、地図が苦手な人はきついかもしれません。

 

暗記が得意な人

自分のエリアの地理であったり、お客さんが在宅している時間を覚えると楽に配達できるので、これらを覚える暗記力が高い人は向いていると思います。

 

体を動かすのが好きな人

歩く人もいますが、配達中は荷物をもって小走りするので1日中体を動かしている状態です。

 

単純作業が好きな人

ひたすら荷物を配ることの繰り返しなので、同じことを繰り返しすることが好きな人は向いているでしょう。

 

コミュニケーションがあまり得意でない人

社会人としての最低限のコミュニケーションは必要ですが、電話応対、配達時の名前確認と担当ドライバーや事務員とのやり取りがメインになるので、最低限のコミュニケーションができれば大丈夫です。

 

1人で作業するのが好きな人

配達中は基本1人で行動するので、1人作業が苦手な人は大変かもしれません。

 

委託ドライバー向いていない人とは

 

逆に委託ドライバーに向いていない人の特徴も書いていきますね。

 

運転が嫌いな人

丸一日運転するので、運転が嫌いな人は向いていないと思います。

 

自分で新しいものを生み出したい人

センターに到着した荷物を伝票の住所に配達するという決まられたことを間違いなくこなしていく仕事なので、自分のアイデアを活かしたり何かを作りたい人は向いていないと思います。

 

肉体労働が苦手な人

体を動かすのが嫌な人やデスクワークが好きな人はかなりきつい仕事になると思います。

 

自分が持っている資格を活かしたい人

委託ドライバーの仕事は運転免許以外の資格を活かすことができないので、持っている資格を使って仕事をしたい人は向いていないでしょう。

 

複数人で協力して仕事にしたい人

複数人で協力して1つのプロジェクトを成功させたり、複数人で仕事をしたい人は向いていないと思います。

 

※あなたは委託ドライバーに向いていますか?

 

委託ドライバーは向いていないと長くは続きません。

向き不向きは性格診断テストで調べることができます。
一度性格診断テストでチェックしてみましょう。

 

>>委託ドライバーに向いているかチェックしてみる

委託ドライバーの評判や口コミとは

 

委託ドライバーの評判ですが、正直思ったよりも稼げないというドライバーが多いように思います。

エリアに恵まれている人はもちろん稼げていますが、あまり多いようには思えません。

拘束時間の長さに不満があったり、体力的にきつくてやめてしまう人も少なくありません。

ただ、上記の向いている人に当てはまる人は是非検討してみてもいいかもしれません。

 

高単価の軽貨物ドライバーを探すコツとは

トラック運転手におすすめの転職エージェント
軽貨物ドライバーの実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近の運送業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
未だにブラック企業の多い運送業ではエージェントにしっかりと中に入ってもらった方が安心できます。

運送業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントで軽貨物ドライバーの詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントで軽貨物ドライバーの相談をする

向いている人にはかなりいい仕事!

 

委託ドライバーは実際に月収100万稼ぐことができる可能性もありますし、特別なスキルのない人でも稼ぐことができます。

配達の度に「ありがとう」と言ってもらえる仕事ですし、向いている人にはとてもいい仕事だと思いますので是非考えてみてください!

タイトルとURLをコピーしました