本ページはプロモーションを含みます
スポンサーリンク

フォークリフトの仕事はなくなる?リフトマンだけはやめとけ!倉庫作業員の将来性がやばい!

記事内にプロモーションを含む場合があります
フォークリフトの仕事はなくなる 役立つ情報
スポンサーリンク

 

昨今の物流事情として、世界的に問題となったコロナウィルスの影響で通販利用率も上昇し、目まぐるしい状況の変化がみられます。

そのような背景をもつ以前に、効率を優先とする「AI化」が新しいテクノロジーとして既にこの物流企業にも取り入れられていることから、今後「直接人間による作業」という従来の仕事が無くなると言われます。

その中でも作業の代表格とされ、そして現在でも減りつつあるフォークリフト作業。

今回ではそのAI化によって「リフトマンも含む作業員の将来性」や、「倉庫作業員としてのデメリット」・辞めてしまう場合の「転職するコツ」なに着目してみます。

フォークリフトの仕事はなくなるのはなのか本当?倉庫作業員の将来性について解説していきます。

 

※フォークリフトのもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗フォークリフトの給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

スポンサーリンク

フォークリフトの仕事がなくなると言われる理由とは

フォークリフトの仕事がなくなると言われる背景には、以下のような5つの理由があります。

自動化技術の進化

近年、物流センターや倉庫などでの作業の自動化が進められています。

自動搬送ロボットや自動運転のフォークリフトなどが導入されることで人手による運搬作業の需要が減少しています。

AI技術の導入

近年、AI技術を活用した物流システムや在庫管理システムが普及してきております。

これにより効率的な商品の配置や搬送が可能となっています。

その結果、フォークリフトを使った作業の頻度や量が減っていく可能性があります。

物流の最適化

近年この業界では最新の物流技術やシステムを導入しています。

これにより無駄な移動や搬送作業を減少させる取り組みが進められています。

フォークリフトの運転作業そのものの需要が減少することが考えられます。

環境問題への対応

環境への配慮から、電動フォークリフトや燃料電池フォークリフトなどの導入が進められています。

これにより、従来のガソリンやディーゼルを使用するフォークリフトの運転作業が減少する可能性があります。

安全対策の強化

最近この業界では特に事故防止のための安全対策が強化されています。

人の手を介さない自動化技術やロボット技術の導入が進められています。

これらの要因から、将来的にフォークリフトの運転作業が減少する可能性が考えられます。

しかし完全に仕事がなくなるとは思いません。

技術の進化に伴って、新しいスキルや知識を身につけることで、変化する業界の中で活躍する企業もあります。

 

倉庫作業員に将来性はあるのか?

 

実はかく言うわたくし、倉庫作業員としての仕事を少しの間してた事もありましたので、その経験から現在の垣間見える実情などを比較し、感じた事は倉庫作業員としての将来性は無いと言うことでした。

みなさんの中でも、今の時代を活発に生きていく世代であれば尚更お分かりかと思われますが、そもそも10数年前から、どの分野においても世界規模で「自動化」というものが既に進められてきております。

当然このような事情は物流関係の業界でも導入されて行き、直接手をかけて作業する「作業員としての人員」ではなく、自動化されたシステムを管理していく「システムオペレーターとしての人員」として、今後はシフトしていく事でしょう。

 

リフトマンに将来性はある?

 

従来の倉庫作業において、パレットに積まれた荷物を運搬作業していく上で必要となるのがフォークリフトであり、そのオぺレーターを「リフトマン」といいます。

先程でも倉庫作業員について「将来性は無い」と触れておりますが、その倉庫内においてもリフト作業は必要不可欠。

そうなれば当然のごとく作業員としてのリフトマンも仕事が無くなるので「リフトマンの将来性も無い」という事になります。

ただ現時点での倉庫作業においては、リフトマンとしての需要はまだ十分にあります。

そこには「無人リフト機器」などに対しての巨額な費用が初期投資として必要となり、これらを考える限り「いきなり仕事が無くなる」という事はしばらく無さそうですね。

ただそれらはあくまで「短期的」に見てのことであって、長期的に見ると「いずれ無くなる」という事は肝に銘じといた方が良さそうです。

 

リフトマンはやめとけ!と言われる理由とは!

 

リフトマンはやめとけ!と言われる理由を紹介します。

まずリフトマンの仕事はそもそも「危険な仕事」です。

狭い倉庫内を移動しつつ、棚や他の従業員に当てないようにしながらトラックに荷物を配置したり、パレットに荷物を積む必要があるので、相応の技量も求められます。

そして、フォークリフトとは言うものの、車とそう変わらないので、もし人身事故があった場合は最悪の場合命の危険につながることも全然ありえてしまいます。

これらのことからリフトマンの仕事はやめとけと言われやすいと推測できます。

 

商品管理の将来性がやばい

 

商品管理とは…

在庫管理を始め、それぞれの商品を発送していく手配などを主とした業務。

物流業界にあるそれぞれの倉庫作業において「商品管理」は、各種メーカーの商品などをさまざまな経緯で扱う事となり、それらは「販売を行う企業」にとってとても重要です。

「必要となる在庫」、「不要となる在庫」の管理次第でその販売していく企業の売り上げにも大きく影響すると言われており、倉庫作業の中でも大切な業務とされております。

将来性…

商品管理についても、これまでに引き続く流れであれば将来性は無い事となります。

ただ「倉庫作業員という一括り」としてで無ければ、「商品管理というスキル」はさまざまな業種で活かせる事となり、将来性としては何かしら見出せるのでは無いのでしょうか。

 

倉庫作業員のデメリットとは

 

どのような仕事でも「一つ良いところ」があればそれがメリットとなり、同じく一つでも悪いところがあればそれが「デメリット」となります。

ではこの倉庫作業員としてのデメリットを私なりに分析した事柄としては

●毎日が単純作業の繰り返しのため、技術的なスキルは見込めない

●作業には体力を必要とする内容が多い

●給与面についても時期(繁忙期や閑散期の差)によって大きな開きもある

●ミスにより起こる「工程の遅延」がかなりのプレッシャーとなる

など、これらを見ると倉庫作業員として仕事をしていくのであれば「いかにデメリットとどう上手く付き合っていくか?」が重要な判断基準にもなるのでは?

 

倉庫作業員を辞めて転職するコツ

 

転職する際に「すべき事」はどのような職場においても必ず必要とされ、倉庫作業員においてもそれらは同じく言える事であります。

この業務については特に資格など必要なく仕事ができ、それゆえ身に付けた「それなりのスキル」以外は転職でアピールできる素材などもありません。

履歴書などに「有資格者としての肩書き」を記載できない場合も多いと思われます。

シンプルでありますが、自身が倉庫作業員として「有資格者に該当して無い」場合、目星を付けたそれぞれのジャンルに対しての「資格取得」をお勧めします。

転職については、面接官とのコミュニケーション的な要素も大きく「必ずしもコレ」という決まりも正直無いようなものであります。

転職に向けたコツとしても「資格」を得る事は、少なからず面接時においての書類審査ではかなり有利になると思われます。

 

転職サイトは無料なので必ず登録しておこう!

 

いま転職する気がない、もしくは後々自分で探そうと考えている人も絶対に転職サイトには登録しておきましょう。

理由はストレスや疲労がたまると就活活動はもちろん転職サイトに登録する気力すら無くなるケースが多いからです。

気になっている企業や興味のある求人の情報を把握しているだけでも【いつでも転職できる】という状態であれば安心だし、体を壊したりうつ病などになる前に転職という手段が打てます。

転職サイトの登録は簡単で無料だし、勧誘や担当者からの電話などは一切きません。

あなたの行きたい会社の求人や転職が可能な企業があればメールで届くのでいつでも転職できるという精神的な安心感や余裕ができます。

転職はそのうちに、今はまだ無理と思っている方も登録だけは絶対にしておくべきです。

優良な会社の求人情報が豊富な転職サイトはこちらです。

無料で簡単に登録することができます。

業界日本1位のリクルート社が運営している間違いのない転職サイトです。

>>リクナビNEXTの無料登録はこちらからどうぞ

 

リフトマンに転職する方法や情報収集のコツ

トラック運転手におすすめの転職エージェント
リフトマンの実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近の運送業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
数多くの運送・物流倉庫会社がある中で、自分に合う会社を探すのは至難の業です。
プロのアドバイザーに相談しながら情報収集や転職を進めたほうが安心です。

運送業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントでリフトマンの詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントでリフトマンの相談をする

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回では倉庫作業員としての将来性がどのようになっていくか?など、少しダークな内容で紹介してまいりました。

近年のAI化は物流業界のみならず、全てのジャンルにおいてのプロジェクトであり、それらはもはや世界規模です。

今回のテーマである倉庫作業員の分野において、国内全体でみた仕事量の49%がAI化によるロボット作業で奪われるとも言われます。

これらを踏まえ、この業界に対して「良くも悪くも」どう向き合い、どう結果を出すのかは「あなた次第」という事になります。