スポンサーリンク

フォークリフトの上手い人になるには!積み込みのコツと練習方法とは!

ハウツー系
スポンサーリンク

 

フォークリフトの免許は取ったが現場ではなかなかうまいこと操作できないと悩んでいる方も多いです。

フォークリフトは普通の車とは違い操作方法や運転方法が特殊です。

ハンドルを切るタイミングが難しいだけではなくリフトの爪の操作も同時に行わないといけません

この記事ではフォークリフトの上手い人になるための積み込みのコツや練習方法をご紹介しています。

リフトの種類は2種類ある

皆さん現場で見たことあると思いますがリフトには2種類のリフトがあります。

カウンターフォークリフト

カウンターフォークリフト

 

現場でよく見るタイプのフォークリフトですね。

普通に椅子に座るタイプで正式名称はカウンターバランスフォークともいいます。

このフォークリフトはバッテリータイプとエンジンタイプの2種類があります。

メリットとしては重量の重たい荷物を運ぶのに適しています。

このフォークリフトの運転のコツとしては普通の車とは違い後輪で舵を取るのでそれを意識すると操作がかなり楽になります。

練習方法としては人のいない場所で一度ハンドルを思いっきり切ってどれくらいの角度でリフトが曲がっていくのか確認してみると良いでしょう。

リーチリフト

リーチリフト

 

リーチリフトは狭い倉庫内で活躍するリフトです。

このリフトは立って操作するタイプのリフトでリフトのツメの操作やバックや前に進む操作を手でします。

リーチリストにはバッテリータイプしかありません。

このリフトは乗り慣れるまではかなりの時間と練習を必要としますが慣れるとかなり便利です。

このリフトも後輪で舵を取るのでそれを意識して操作すると良いでしょう。

フォークリフトの積み込みのコツとは

フォークリフトの積み込みのコツはパレットに対してツメを斜めにさして操作するとすごく積みやすくなります。

またパレットの微調整はリフトの爪を使うと非常に便利です。

フォークリフトの曲がるタイミングとは

上でも説明しましたがフォークリフトは後輪で舵を取ります。

ここが普通の車とは全然違っていてリフトはその場で一周することもできます。

その特性は狭い現場では非常に役に立ちます曲がるタイミングとしてはフォークリフトツメの長さを計算してハンドルを切ります。

切りすぎたらハンドルを戻して角度がたらなければハンドルをもっと切りましょう。

フォークリフトの注意点やポイント

ここではフォークリフトを操作するにあたっていくつかの注意点やポイントをご紹介します。

トラックのフックはたたむこと

トラックのウィングは開けて積み込みをするときにウィングを閉めるフックは必ず閉めましょう。

そうしないとパレットを積み込むときにリフトのマストが当たってフックを壊してしまう可能性があります。

これはリフトのオペレーターも荷物が積みにくいので積みやすいようにフックを閉めてあげましょう。

また積み込みが完了したらフックを外さないとウィングを閉めるときに邪魔になります。

これはよくありがちな話です。

爪は開いて荷物を持つ

リフトでパレットものを持ち運ぶときはリフトの爪はなるべく広く開いて持つようにしましょう。

リフトの爪の幅の間隔が狭ければバランスが悪くパレットが倒れてしまう可能性があります。

走行中も荷物の中心が不安定になるのでなるべく爪は開いてさすようにしましょう。

荷物を持ったらバックで走行する

リフトで荷物を持ち上げたら移動するときは基本的にバックで運転しましょう。

その理由は大きな荷物を積むと前が見えづらく危険だからです。

バックで運転するのは慣れないうちは難しいかもしれませんが後輪で舵を取ることとハンドル操作、しっかりと直視、もしくはバックミラーで安全を確認しながら走行しましょう。

慣れるとそんなに難しくはありません。

荷物の2段積はやめよう

フォークリフトの2段積み

 

場合によっては荷物を2段積みしないといけないこともあるでしょう。

しかし2段積みをしてそのまま走行するのはやめましょう。

2段積みにするとその分高さが高くなるのでバランスが悪くなります。

積み込みをする時は1段ずつ積みましょう。

2枚挿しはやめよう

奥行きのそんなにないパレットならできたら2枚挿しで一度で運びたくなるでしょう。

しかし2枚挿しは極力やめたほうがいいです。

リフトの爪が奥のパレットに完全に差し込めていない場合があり荷物の転倒事故につながります。

フォークリフトの練習場所は

フォークリフトが上手くなるには1にも2にも練習です。

しかし慌ただしい現場では周りの迷惑にもなるので落ち着いて練習はできないでしょう。

1番いい練習場所は会社です。

会社にリフトがある場合は積極的に練習をさせてもらいましょう。

もし会社にリフトがない場合は現場で他の作業員がいないのを見計らって極力練習するようにしましょう。

荷降ろしが終わっても時間に余裕がある場合はトラックを一旦外に止めて現場の人にお願いをしてリフトの練習をさせてもらいましょう。

最後に

いかがでしたか?

この記事ではリンクが上手くなるためのコツや練習方法をご紹介しました。

私も初めはリフトに慣れるのにかなり時間がかかりました。

特にリーチリフトにはてこずりましたが基本的に面白い乗り物だと思ってリフトに乗っていました。

楽しんで乗ることが上達への近道だと思います。

しかしリフトは非常に危険な乗り物でもあります。

リフトの転落事故で死亡する人が毎年何人もいます。

安全確認をしながら慎重に運転することを心がけましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました