スポンサーリンク

冷凍食品配送はきつい?仕事内容や給料、年収を暴露!

冷凍食品配送はきつい? ドライバー全般
スポンサーリンク

 

冷凍食品配送がキツイと感じる方は多いようです。

この感じ方には個人差があります。

中でもきつい仕事ではないと感じる人もいます。

実際に冷凍食品配送の仕事を考えている方は、仕事内容や収入などが気になるのではないでしょうか。

そこで今回は冷凍食品配送はきついのか、その仕事内容や給料、年収について紹介します。

冷凍食品配送を考えている方は、この記事を読んで参考にしてみて下さい。

 

※冷凍食品配送のもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗冷凍食品配送の給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

冷凍食品配送とは

 

冷凍食品配送の仕事を考えている方は、未経験者や経験者など様々です。

ここでは冷凍食品配送とはどのようなものかを紹介します。

 

1.冷凍食品配送とは?

 

冷凍食品配送とは「-15℃の温度に保ち輸送を行う」仕事です。

取り扱う商品は、アイスクリームや冷凍食品を各スーパーやコンビニなどに運びます。

冷凍配送する為には、段ボールの中にタオルや新聞紙を敷き詰める方法や発泡スチロール、保冷剤などを使用するので荷物によって変わってきます。

これらは、専用の冷凍冷蔵車で輸送します。

 

2.冷凍・冷蔵・常温の違い

 

食品配送には、冷凍・冷蔵・常温があります。

その違いは

・冷凍配送の温度:-15℃

・冷蔵配送の温度:5℃~-5℃

・常温配送の温度:10℃~15℃

配送料金は、サイズによって異なりますが、冷凍配送は手間がかかるので高めに設定されています。

 

3.冷凍配送の商品

 

主な商品は以下の通りです。

・冷凍食品

・アイスクリーム

・肉類

・魚介類

これらは、一度溶けてしまうと元の商品に戻らない為、徹底的な温度管理が必要となります。

なので専用のトラックで運びます。

 

冷凍食品配送の仕事内容とは

 

冷凍食品の配送は、2t車~10t車まで様々なサイズのトラックがあります。

長距離輸送や店舗間配送など用途によって変わってきます。

ここでは冷凍食品配送の仕事内容について紹介します。

 

1. 冷凍食品配送の仕事内容

 

①10t大型車

一般的には、生産工場から各営業所に輸送します。

会社によって違いますが、荷物の積み込み後配送して荷下ろしをします。

②2t車~4t車の配送

営業所の倉庫にある冷凍食品をスーパーなどの各店舗に配送します。

 

2.一日の流れ

 

①出社:事務所で出発点呼(アルコールチェック)

②車両の点検

③積み込み(伝票や商品の確認)

④出発

⑤荷下ろし(納品先で納品伝票をチェックしてもらう)

⑥帰社

⑦点呼(アルコールチェック)

という流れで行います。

荷下ろしは複数店舗で下ろす場合があります。

※会社によっては、店舗に荷下ろしした商品を「店頭に陳列する作業」や「商品の売り込み(営業)をする所もあります。

 

3.冷凍食品配送で注意すべきポイント

 

配送で一番気を付けないといけないのが温度管理です。

配送している途中で溶けていることが無いように徹底しなければいけません。

そこで業務の中で注意するポイントは車両のエンジンです。

冷凍車は、エンジンの動力で冷凍機を運転しています。

なのでエンジンが故障すると荷台の冷凍機が停止してしまい商品が解けてしまいます。

冷凍車ドライバーは日常点検を責任もって行わなければなりません。

※よく見かける停止中にエンジンをかけたままの冷凍車がいますが、エンジンを停止しない理由はこのためです。

 

冷凍食品配送はきつい?

 

冷凍食品配送を実際にしている方に、「キツイところ」と「楽なところ」を聞いてみました。

<キツイところ>

・拘束時間が長い(平均11時間~12時間)

・腰や体を痛めると致命傷になる(仕事が出来なくなる)

・土日祝日など世間では休みの時でも配送がある

・連休が取りにくい

・事故をするリスクがある(交通事故や労働災害など)

・給料やボーナスが拘束時間の割には少ない

・サラリーマンと比べ、精神的なストレスが少ない

・運転中などは1人なので気楽にできる

・待機時間がある時は、本を読んだりなど自由にできる

基本的な作業は「積み込み」と「運転」と「荷下ろし」の繰り返しです。

しかし荷物の量にもよりますが、かなりの体力が必要です。

なので「キツイと感じる人」もいれば「楽に感じる人」もいる様です。

 

あなたは冷凍食品配送ドライバーに向いていますか?

冷凍食品配送ドライバーは向いていないと長くは続きません。

向き不向きは性格診断テストで調べることができます。
一度性格診断テストでチェックしてみましょう。

>>冷凍食品配送ドライバーに向いているかチェックしてみる

冷凍食品配送の給料や年収はいくら?

 

冷凍食品配送の給料や年収はいくらなのでしょうか。

各車両の大きさごとに紹介します。

◎2t車

<給料>

・冷凍食品配送の平均給料:18万円~20万円

・一般貨物配送の平均給料:20万円~25万円

<年収>

・冷凍食品配送の平均年収:約400万円

・一般貨物配送の平均年収:約450万円

◎4t車

<給料>

・冷凍食品配送の平均給料:20万円~25万円

・一般貨物配送の平均給料:25万円~30万円

<年収>

・冷凍食品配送の平均年収:約450万円

・一般貨物配送の平均年収:約530万円

◎10t車

<給料>

・冷凍食品配送の平均給料:30万円~35万円

・一般貨物配送の平均給料:40万円~45万円

<年収>

・冷凍食品配送の平均年収:約500万円

・一般貨物配送の平均年収:約600万円

※10t車の場合、長距離輸送が多くなります。

会社によって違うので参考程度にしておいて下さい。

 

※給料をあと5万円上げたくありませんか?

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできます。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

冷凍食品配送の評判や口コミについて

 

冷凍食品配送の口コミをいくつか紹介します。

 

給料が安く少しでいいので挙げて欲しい。

また残業代でしか稼げないので仕事が出来る人は、仕事が早く終わるので損かも知れません。

現在ドライバーが不足しているので休日には誰かが出勤しないといけない。

休日出勤が多くなり、年間の休みが70日程度となっている。

冷凍食品配送は女性ドライバーが少ない。

これは手積み手下ろしが多いからです。

またドライバーになると休みが少なく、連休が取りにくい。

冷凍食品配送は、時間厳守と誤配(商品配送間違い)が無ければ、後は運転するだけなので気分的に楽です。

ドライバーになると会社にいる時間が少なく、配送で外に出ている時間の方が長いので、上司や同僚と会う事が少ないのでストレスが少ない。

 

などの口コミがありました。

人それぞれ感覚も違い、会社によっても感じ方は違うかもしれません。

私の場合は、冷凍食品ではなく冷蔵の商品を配送していましたが、上記の口コミと同じ意見です。

給料も安く休みが少ないのは同じでした。

また会社にいる時間が少ないのでストレスを感じることは、ありませんでした。

 

冷凍食品配送の志望動機の書き方とは

 

ここでは冷凍食品配送の志望動機の書き方について紹介します。

 

1.ドライバーの仕事と求められるスキル

 

志望動機を考える前に、冷凍食品配送の仕事と求められるスキルを知っておく必要があります。

冷凍食品配送の仕事は、指定時間に商品を安全に届ける仕事です。

業務内容は積み込みや積み下ろし、トラックの運転などです。

必要な運転免許は車両の寸法や最大積載量などによって異なるので、求人票に記載されている必要な資格を確認しておきましょう。

業務経験に加え、安全運転のスキルや実績、運転マナーや体調を整える自己管理能力などが必要とされます。

 

2.志望動機の書き方

 

①業務経験や安全運転を裏付ける経験をアピールする会社がドライバーに求めるのは安全運転が出来ることです。

・健康管理

・スケジュール管理の意識

・集中力の高さ

・運転に対する謙虚さ

この安全運転が出来ることを裏付けるエピソードを記載すると良いでしょう。

 

②志望理由は企業の特徴と結びつける

志望理由は、応募した企業の特徴と結びつけることで説得力が増します。

応募先企業の特徴を踏まえた内容を記載すると良いです。

 

③将来のビジョンは具体的かつ長期目線で記載

将来のビジョンは「採用後に自分がどのように成長して会社に貢献できるか」を具体的に伝えると効果的です。

近い将来だけでなく、最終的にどのように活躍したいかも記載できると、更に良いです。

志望動機は、自分をいかにアピールできるかが大切です。

また採用後、自分がどのように貢献できるか具体的に記載することで、会社側に良い印象を与えます。

働きたいという意欲をきちんとアピールして伝えましょう。

 

冷凍食品配送ドライバーの求人情報や転職のコツ

トラック運転手におすすめの転職エージェント
冷凍食品配送ドライバーの実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近の運送業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
未だにブラック企業の多い運送業ではエージェントにしっかりと中に入ってもらった方が安心できます。

運送業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントで冷凍食品配送ドライバーの詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントで冷凍食品配送ドライバーの相談をする

まとめ

 

今回は冷凍食品配送について紹介しました。

冷凍食品配送で一番重要なのは「温度管理」です。

配送している途中で溶けていることが無いように徹底しなければいけません。

そこで業務の中で注意するポイントは「車両のエンジン」です。

先程紹介しましたが、トラックのエンジンで荷台の冷凍機を動かしています。

なのでエンジントラブルなどあると荷台の冷凍機が動かなくなります。

日頃のトラックの日常点検は確実に行う様にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました