本ページはプロモーションを含みます
スポンサーリンク

霊柩車ドライバーの評判とは!やっぱり怖い?葬儀屋の仕事はきついって本当?

記事内にプロモーションを含む場合があります
霊柩車の運転手は過酷できつい ドライバー全般
スポンサーリンク

 

豪華な装飾を施された宮型霊柩車を運転している「霊柩車」の運転手。

存在は知っていてもその仕事内容なんかは意外と知られていません。

ご遺体を運ぶ仕事じゃないの?と思うかもしれませんが実は、それだけではないのです。

今回は霊柩車の運転手は過酷できついのか、仕事内容や辞める理由などについて解説していきたいと思います。

また評判や、やはり怖いイメージがあるけど実際にはどうなのかなどもご紹介いています。

 

※給料をあと5万円上げたくありませんか?

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできます。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

スポンサーリンク

霊柩車の運転手とは!必要な資格と条件は

 

まず気になる資格ですが、運転免許が必須となります。

ほとんどの場合が葬儀会社で雇用されている人がドライバーとなります。

仕事上、アルバイトやパートといった雇用形態は基本的にありません。

稀ではありますが外部会社に委託して業務をお願いする場合もあるようです。

そして人を運ぶ仕事なので、運転に普通二種免許は必要か?と思うかもしれませんが必要ありません。

しかし、霊柩車の運転手は霊柩車以外を運転する機会もあります。

その場合だと、バスの運転などで大型二種免許が必要になる事もあります。

会社の雇用契約でどのような車を運転するかによっては必要になってくる免許の種類も変わってきます。

 

霊柩車の運転手の仕事内容や1日の流れとは!

 

まず、ご存知の通り「友引」休日となります。

これは絶対です。

それ以外の日では雨が降ろうが台風だろうが休むことはありません。

勿論、地域によって様々な風習などもあるので一概には言い切れない部分もありますが「友引」は日本全国共通で休みとなります。

それでは1日の流れは霊柩車の運転手は自宅、遺体安置場所から火葬場への運転業務で、1日に3、4回程度走ることが多いようです。

その他にも霊柩車に棺を乗せる作業や、火葬場で棺を下ろす作業なども運転手の仕事です。

基本的に帰宅時間は遅くはなりませんが、予期せぬ出来事や次の日の準備で残業する場合などもあります。

 

霊柩車の運転手は過酷できつい?

 

霊柩車の運転手として一番気を遣うのが、搬送中に故人のご遺族の方が乗られる時です。

言動にも細心の注意が必要になりますし、喪中ですから言ってはいけない言葉があるので注意をしなくてはいけません。

その一言で相手を傷つけてしまう可能性もあるので、注意を払わなくてはいけない事がプレッシャーとなり、精神的にきつく感じる人もいるかもしれません。

 

霊柩車の運転手へ転職をお考えの方は一度性格診断チェックをしておくことをおすすめします。

こちらは高機能でかなり信頼性の高い診断チェックテストになっています。

診断してみてください。

🔗自分が霊柩車の運転手に向いているかチェックしてみる

 

霊柩車の運転手を辞める人の理由とは

 

求人募集が少ない事から離職率は低く辞められる人は多くはないのですが、やはり特殊な仕事なので、肉体的よりも精神的にくるものがあります。

残されたご遺族と接する時間も長いですし、どうしても心に影響がでてしまいます。

勿論、会社などでご遺族との接し方などの研修を行ったうえでの業務になるのですが、人間はそんなに簡単に割り切れるものではありません。

死と向き合う仕事よりも普通の仕事で働きたくなるのも頷ける要因です。

 

霊柩車の運転手はやっぱり怖い?

 

霊柩車の運転手は怖いのか調べてみました!

結論としては「人による」でした。

というのも、色んな経験者の口コミなどを見ていても、実際にいわゆる心霊現象に遭遇したと証言する人もいれば、そんな経験したことないと語る人もいました。

しかし、印象的だったのは霊感を持っている人はほぼ100%遭遇しているというところで、様々な経験談が口コミなどで書かれていました。

霊感持ちで怖がりな人は、霊柩車の運転手はやめたほうが良いかもしれません。

 

霊柩車ドライバーの評判とは

 

霊柩車ドライバーの評判を調べてみました。

評判としては意外にも悪くはなく、給料も悪くないのもあって比較的良いと言ってもいいでしょう。

しかし、メンタル的な意味できついことが多いという意見も見られます。

言ってはいけないことなどのルールがかなり多く、言葉遣いには極力注意しなければいけません。

また、やはり遺体を運ぶ仕事ですので、メンタルが弱い人は運転にプレッシャーを感じてしまうことが多いようです。さらに霊感を持っている人は様々な経験をすることになるという口コミなどもあるので、注意が必要ですね。

 

霊柩車の運転手への転職を成功させるコツとは

 

葬儀を行う会社の求人から入るのが一般的だと思いますが、それほど募集が出ていないのも現実です。

有利に就職するために「大型二種免許」を習得しておくといいかもしれません。

霊柩車の運転手は霊柩車の運転以外でご遺族・親族の送迎を行う場合があります。

霊柩車には普通二種免許はいりませんが、送迎の場合だと大型二種免許が必要になる場合があります。

離職率が低く長く働き続けられる方が多い仕事ですので給料面や休日面は充実しています。

それらを踏まえても習得しておいても損はしないと思えます。

 

霊柩車の給料や年収、給料明細に関してはこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

霊柩車運転手の給料や年収はいくら?求人や募集の探し方のコツとは!
最近ではあまり派手に装飾している車を見かけなくなった霊柩車。 しかし車が変わっても運転手の仕事は変わっていません。 その需要は無くなることがないからです。 そんな霊柩車を運転する仕事についての給料などはあまり知られていないかもしれませんね。...

 

葬儀屋・霊柩車の給料や年収、もっと詳しい求人情報はこちらから

トラック運転手におすすめの転職エージェント
霊柩車ドライバーの実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。
中でもおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントで霊柩車ドライバーの詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで30万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントで霊柩車ドライバーの相談をする

まとめ

人間が存在している以上、無くなる事のない職業「霊柩車の運転手」。

近年では馴染ぶかい日本式の宮型霊柩車の需要から洋式に変わってきています。

車は変わっても実際の業務は変わらないので将来を考えても安定した仕事と収入が見込めます。