スポンサーリンク

日野自動車の整備士の給料は安い?年収や給料明細、口コミ評判を暴露!

日野自動車の整備士の給料 整備士
スポンサーリンク

 

日産UD、三菱ふそう、いすゞに続き、今や「日本を代表するディーゼルトラック四代メーカー」ともされている日野自動車。

「平均年齢36歳」と比較的若い世代が多い企業としても有名ですよね!

”世界一過酷なレース” とも言われるダカール・ラリー参戦においての知名度はワールドワイドであり、最低完走率の20.5%はまさに整備クルーあっての実績と言えます。

今回そんな日野自動車の中では通常業務としても重要なポジションである整備士たちの給料について、「ボーナス」に「給料明細」、口コミや評判を含め、それらを詳しく掘り下げて行きたいと思います。

 

※日野自動車のもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗日野自動車の給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

登録後に企業名や業種別で求人募集や年収、仕事の概要などを見ることができます。

もちろん無料で利用できます。

 

日野自動車の会社概要

 

正式名称:日野自動車株式会社(ひのじどうしゃかぶしきがいしゃ)

設立:1910年(明治43年)

設立:1942年5月1日(昭和17年)

従業員数(連結):34,527名

主にトラック・バスを始めとした商用車両を製造する自動車メーカーであり、小型・普通乗用車など、トヨタ連結子会社としての受注生産も行なっています。

また日本のトラックメーカー初となる「1991年ダカール・ラリー参戦以来の連続完走」など、日本のトラック・バス業界としては2021年3月期の売上高(連結)1兆4984億4200万円の実績を誇る大手自動車メーカーであります。

 

日野自動車の整備士の給料や年収はいくら?

 

有価証券報告書による調べでは、全体(総体的な数値)の中間値で見た場合だと平均月収が約36万円となり、それに続く平均年収では550万円前後となってます。

独自調査となっておりますが概ねの月収・年収額を年代別に分け、それぞれを以下に表しております。

———————————————————-
20代:月収約22~30万円・・・・年収約320~450万円

30代:月収約35~37万円・・・・年収約470~490万円

40代:月収約42~47万円・・・・年収約550~620万円

50代:月収約50万円・・・・・・年収約690~680万円

60代:月収約34万円・・・・・・ 年収約450万円
———————————————————-

上記を見れば働き盛りとなる30から40代にかけてが590万円程となり、また年収額が最大期を迎える50代では690万円程と算出できます。

 

日野自動車の整備士のボーナスはいくら?

 

こちらも給料・年収での調査方法に基づき全国平均されてるボーナスでは約100万程

もしくは100万円を少しオーバーするくらいです。

ただボーナスにおいても年収の年代別に同じく、働き盛りや年収額が多い順にある程度は比例する事となってます。

 

日野自動車の整備士の給料明細とは

 

次にみなさまが最も気なる項目でもある給料明細。

入社10年未満(2020年度)、31歳男性の給料明細書を参考例として以下に記しております。

—————————————————————————————–

■月給■           ■賞与■           ■勤務■

基本給:280,000円  定期賞与(2回計):1,480,000円  総残業時間:月0時間

時間外手当:0円   インセンティブ賞与:0円     サービス残業:月0時間

役職手当:0円    決算賞与(0回計):0円      休日出勤:月0日

資格手当:0円     賞与(ボーナス):1,480,000円  

住宅手当:10,000円

家族手当:0円

通勤手当:0円

その他手当:0円

月給合計額:290,000円  年収:496万円
—————————————————————————————–

企業全体で見る傾向としては年功序列的な部分も多く、年代が上がるにつれて年収も上がっていくスタイルと言えます。

 

 

あなたはトラック整備士に向いていますか?

トラック整備士は向いていないと長くは続きません。

向き不向きは性格診断テストで調べることができます。
一度性格診断テストでチェックしてみましょう。

>>トラック整備士に向いているかチェックしてみる

日野自動車の整備士の口コミや評判とは

 

県・エリア・店(輸送拠点の近くにあるお店の場合)によって様々ですが、給与体系は殆ど同じであっても休日出勤や残業の他、「24時間体制(交代制)で待機しなければならない勤務もある」と言ったところでは賛否両論もあるようです。

とは言っても「会社による資格取得のバックアップ」や「乗用車とは違った特殊技術」、また「それらを身につける上での環境づくり」においてはかなり充実していると好評を得ております。

 

トラック整備士の給料や年収、中途採用の詳しい情報はこちらから

トラック運転手におすすめの転職エージェント
大手トラックメーカーの実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しては最近の自動車メーカーではエージェントからの転職が主流になってきました。
転職するならエージェントにしっかりと中に入ってもらった方が安心できます。

その中でもおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントでトラック整備士の詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで30万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の自動車メーカーは非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントで自動車整備士の相談をする

まとめ

 

やはりこれまでの検証から見てお分かりの通り、日野自動車の整備士となれば一般的な給与水準より「かなり高めの給与水準」が望め、労働環境においても入社早々からの指導が様々な部分で行き届いており、そこは新人さんにとっても安心と言えます。

地域や店舗ごとに異なる勤務形態には賛否あるものの、商用トラックなどをメインとした整備業務の多くは「力作業」。

つまり取り扱う部品の殆どが重たい物であり「重労働」となりますが、それが日野自動車整備士として最も重要な「やり甲斐」へと繋がるのです!

タイトルとURLをコピーしました