スポンサーリンク

日立物流ドライバーはきついって本当?評判や口コミ、求人について!

日立物流ドライバーはきつい 運送会社
スポンサーリンク

 

国内を始め国際物流のみならず、物流関係でのコンサルティングにシステム開発、旅行代理店に不動産、自動車教習事業といったあらゆる事業での進出を成功させ、今現在も新たな事業展開を見せてる「株式会社日立物流」。

今回ではそんな日立物流でのドライバー業務についてをメインテーマとし、「ドライバーの仕事内容」から「キツさ」、「リアルな評判から口コミ」などを解説していきます。

あと就職などにあたっての「志望動機の書き方」や、「転職を考えてる方などに向けたコツ」なども調べ、そもそも「日立物流の求人情報はどこから得られるのか?」も調べます。

 

※日立物流ドライバーのもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗日立物流ドライバーの給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

日立物流ドライバーの仕事内容は

 

もともとは日立製作所関連の物流業務専門としておりましたが、現在日立物流でのトラック業務は様々な企業からの物流業務を担っております。

その為それぞれが受け持つ積み荷の種類によっても、その労働内容や勤務時間の詳細が各ドライバーにより条件として異なってきます。

中型までのトラック業務に関しての一例では、短・中距離までが主な走行距離となり、扱う荷物では国内や海外での様々な一般貨物から貴重品・美術品など、そこから輸送・搬入・据付までを含む作業も行います。

大型ドライバーにおいても長距離運送がメインとされる路線業務の他では、契約店舗への定期配送便といった近距離での運送業務も用意されております。

 

日立物流ドライバーはきつい?

 

総体的な見解として「仕事はキツくない」と見れます。

ドライバーにおいては「多岐にわたる業務内容」となっており、それらは内容毎の雇用形態から勤務時間、稼働範囲と労働環境は様々であります。

つまり小規模での一括した稼働状況に比べ、大きくした規模による「分業性の有無」でもドライバーらへの負担に大きな差が出る事となります。

そのため一概な判断はできませんが、同じ規模とされてる企業の括りで考えれば日立物流でのドライバー業務は「比較的ゆとりを持った稼働ができている」と思われ、これまでもこう言った意見が現役ドライバーからも寄せられます。

 

日立物流ドライバーの給料や年収に関してはこちらの記事でより詳しくご紹介していますのでご覧ください。

🔗日立物流ドライバーの給料は安い?年収や給料明細を暴露!

 

日立物流ドライバーのリアルな評判や口コミとは

 

日立物流でのドライバーからはあまり「酷評とされる口コミなどは無い」と見ていいです。

基本として多くのドライバー業務では、「時間が不規則」となる雇用体制を多く採用している事から何事にもイレギュラーとなってしまい、またそれらを元に様々な行き違いが企業とドライバーの間で生じます。

その結果、多くの運送業界で働くドライバーらは、企業に対しては同じような不満からの口コミとなってしまいますが、日立物流ではドライバーでも休日は週休2日制、無理な残業は強いられず「ゆとりを持った勤務体制」が常に整っており、これらはドライバーにとって「負担を持つ事が無い稼働」に繋がります。

何より運送業に限られた企業ではない為の「安定性」から、大企業だけに「法令関係を厳守していく安心感」を多くのドライバーから得ている事が大きいと考えられます。

 

日立物流ドライバーの志望動機の書き方は

 

様々な会社に向けての志望動機となれば、その会社自体が求めるテーマに自身がどういった業務に対しての取り組みや希望、向上心などをアピールして行くかが鍵となります。

ドライバーの採用事情で取られる多くが、それぞれの地域に点在する日立グループの子会社での独自基準となっていく為、各子会社での採用基準をそれぞれの「求職者自身が確認していく」事必要となります。つまり参考手順なども一括りには挙げられないという事です。

ただそもそもの事業展開が他の運送業者とでは多くで異なる事から、「日立といった企業規模での理念」をよく理解し、そこから運送業務を専門とする子会社として「どういった人材を求めてるか」をよくリサーチし、自身が求める労働環境から雇用条件へと辿っていけば必ず志望動機としての答えに繋がります。

 

あなたは日立物流ドライバーに向いていますか?

日立物流ドライバーは向いていないと長くは続きません。

向き不向きは性格診断テストで調べることができます。
一度性格診断テストでチェックしてみましょう。

>>日立物流ドライバーに向いているかチェックしてみる

日立物流に転職するコツ

 

これも先に記されてる志望動機に同じく、自身が「日立という大企業」に対してどういった情熱や憧れがあるかが重要であり、まずそれらを念頭に置くことから始めなければなりません。

それは「日立物流が人材に求めるビジョン」であり、それこそが求職者として理解していかなくてはならない事柄であります。

つまりドライバー職にせよ、「企業の一員として如何に将来の構想を自身が持ち合わせて行けるか」が分岐点となり、それを自身で判断していく事こそが何よりもコツと言えます。

 

日立物流の求人はどこから?

 

日立物流といった大手企業でも他の物流企業に同じく、現在でも様々な求人誌関係やサイト、その他での情報サービスなどで常時掲載されているケースが殆どであり、そこから各地域での子会社から必要なカテゴリー(主にドライバーや物流関係)に沿っての募集となります。

尚これらは都合の良いタイミングでも「掲載期間内であればいつでも応募は可能」となっておりますが、ハローワークでの求人掲載があれば応募の際、「相談窓口での打ち合わせが何かと係員に対して融通が効くもの」とされており、こちらの検討も視野に入れておくと良いです。

 

日立物流ドライバーの求人募集やもっと詳しい情報はこちらから

トラック運転手におすすめの転職エージェント
日立物流ドライバーの実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近の運送業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
未だにブラック企業の多い運送業ではエージェントにしっかりと中に入ってもらった方が安心できます。

運送業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントで日立物流ドライバーの詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントで日立物流ドライバーの相談をする

まとめ

 

如何でしたか?

今回は日立物流でのドライバー事情をテーマとし、それぞれのリアルな内容として出来るだけ深く切り込んで参りました。

そこから見えてきた物としては、まずこの企業での「人員から得られる信頼と安心のバックボーン」には「従業員ファーストとしてのキチンとした企業側の思想」があり、それらは日本を代表する大企業ならではとも言えてますね。

物流業を一筋とされてる大企業に属するのもステータスである一方、「日立」といった歴史ある大企業での一員となれば、それはまさに「国際的なステータスそのもの」ではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました