スポンサーリンク

JR貨物はきつい?給料や年収、評判を暴露!

JR貨物きつい 運送会社
スポンサーリンク

 

JR貨物では、様々な職種があります。

ここでは貨物駅での仕事について解説していきます。

では、どのような仕事なのでしょうか。

そこで今回は、JR貨物の仕事はきついのか、仕事内容や収入、評判などについて解説していきます。

 

JR貨物の会社概要

 

JR貨物とはどのような会社なのでしょうか。

ここではJR貨物の会社について紹介します。

 

1.会社概要

 

社名 日本貨物鉄道株式会社

設立 1987年(昭和62年)4月1日

本社 東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目33-8サウスゲート新宿

 

【北海道支社】

北海道札幌市中央区北十一条西5丁目1-1

【東北支社】

宮城県仙台市青葉区本町2丁目15-1ルナール仙台4階

【関東支社】

東京都品川区東五反田1丁目11-15電波ビル5階

【東海支店】

愛知県名古屋市中区錦3丁目1-1十六銀行名古屋ビル6階

【関西支店】

大阪府大阪市北区芝田2丁目4-24

【九州支店】

福岡県北九州市小倉北区室町3丁目2-57

資本金 190億円

株主 独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構

社員数 5402名(2019年4月1日現在)

 

事業内容

貨物鉄道事業・倉庫業・駐車場業・広告業・損害保険代理業その他の保健媒介代理業・自動車整備業・一般土木・建築の設計・工事監理及び工事業・その他附帯・関連事業など

 

 

2.経営諸元(2020年4月1日現在)

 

営業線区 75線区(うち第1種鉄道事業8線区)

営業キロ 7957.3㎞(うち第1種鉄道事業区間35.3㎞)

取り扱い駅 241駅

列車本数 424本

列車キロ 188千キロ

輸送量 2954万トン(2019年度実績)

 

JR貨物の主な仕事内容とは

 

JR貨物の事業内容は先程紹介したように様々な職種があります。

では、JR貨物はどのような仕事をしているのでしょうか。

ここでは、貨物駅での仕事について紹介します。

 

1.仕事内容

 

主な仕事内容は以下の3つになります。

 

①駅担当

貨物駅の構内で機関車の誘導や車両の連結、貨物の受付や点検などを行います。

 

②検修担当

工場内で機関車や貨車の車両検査やメンテナンスなどをチームで行います。

 

③保全担当

線路や土木建造物、鉄道信号や電車線、鉄道用通信設備や社宅などの設備を保守する業務です。

 

 

2.コンテナの積み込みや荷下ろしは?

 

コンテナの積み込みや積み下ろしもJR貨物で行っています。

コンテナの積み込みや積み下ろしは、貨物ターミナル駅で行います。

トラックなどに積まれてきたコンテナを荷下ろしして保管や貨物列車に積みます。

また列車で輸送されてきたコンテナをトップリフターやフォークリフトなどを使って荷下ろしをします。

 

3.コンテナの中身はどのような物が入っているの?

 

・飲料水やお米などの食料品

・引越し(家電や家具など)

・危険物(薬品など)

・工業製品

・日用品

 

など様々な物がコンテナに入っています。

輸送先が同じ場合、様々な所からの商品を1つのコンテナに積み込む作業もあります。

 

4.輸送は誰がするの?

 

①貨物列車での輸送は行いますが、自動車輸送はJR貨物では行いません。

別の運送会社が輸送をします。

②自動車輸送車両

輸送する車両は以下の通りです。

・大型トラック

・トレーラー

 

JR貨物ってぶっちゃけきつい?

 

JR貨物の仕事はキツイようです。

キツイと感じる理由は以下の通りです。

 

①現場職は休みが不規則で、尚且つ仕事でも疲弊して帰宅するので休みでも休息が取れない

②JR貨物の保全担当になると、24時間何かのトラブルがあると即時に対応しなければいけない

③貨物駅の勤務だと、基本は朝出勤して翌日の朝まで勤務、仮眠時間は長くても4時間で、校内で動く車両の音がひどく仮眠ができない

④仕事はかなりの肉体労働でJRといえども土木作業員と変わらない仕事

⑤現場でのトラブル(線路事故など)で作業が遅いと怒鳴られる、トラブルで即時に対応しないといけないのは分かるが、入社間もない人にはキツイ。トラブルの対処法も教えてくれない。

 

など体力面や精神的な面でキツイ部分があるようです。

これは部署や地域などで違います。

参考程度にしておいて下さい。

 

JR貨物の給料や年収はいくら?

 

JR貨物の給料や年収について紹介します。

1.平均給料

 

平均給料は約30万円です。

この中に各手当が含まれています。

年齢別の給料は以下の通りです。

 

  年齢 平均月給 

20~24歳 20.9万円

25~29歳 30.5万円

30~34歳 34.6万円

35~39歳 37.2万円

40~44歳 38.3万円

45~49歳 41.1万円

50~54歳 42.9万円

55~59歳 41万円

60~64歳 27.1万円

 

2.平均年収

 

平均年収は約480万円です。

年齢別の年収は以下の通りです。

平均ボーナスについても紹介します。

 

  年齢   平均年収   平均ボーナス

(年2回分)
20~24歳   316.4万円    65.4万円

25~29歳   460.7万円    95.2万円

30~34歳   523.3万円    108.2万円

35~39歳   563万円    116.4万円

40~44歳   579.3万円    119.7万円

45~49歳   621.1万円    128.4万円

50~54歳   648.6万円     134万円

55~59歳   620.4万円    128.2万円

60~64歳    410.1万円     84.8万円

 

3.職種別の年収

 

年代別の職種の年収について紹介します。

 

・20代後半の技術関連職:380万円

・20代後半の電機、通信関連職:400万円

・30代前半の建築、設備関連職:400万円

・30代前半の法人営業職:300万円

・50代前半の物流サービス職:200万円

 

勤続年数などで変わってきます。

参考程度にして下さい。

 

 JR貨物の評判や口コミ

 

実際に働いている人の口コミをいくつか紹介します。

 

①繁忙期でない限り残業は月に10時間程度の残業です。

②車両の検査や整備する人の勤務は、提示が多く駅の勤務はダイヤが乱れない限り残業はありません。保全業務になると基本定時ですが、都会の保全業務はかなり残業があります。

③年収が比較的高く、収入が安定していて離職する人はほとんどいない。

④人手不足で残業が多い、休日にも出勤する場合が有るのでキツイ。

⑤家族から見れば収入が良いので、長く働いてほしいですが、残業が多く年齢を重ねると今と同じように仕事が出来るか心配。

 

など色々な口コミがありました。

職種によって口コミの内容が違います。

今回の口コミは色々な職場(職種)の物なので参考程度にしておいて下さい。

 

JR貨物に入社するための志望動機の書き方

 

JR貨物に入社する為の志望動機の書き方を紹介します。

志望動機を作成する為には、採用担当者の心に響く志望動機を作成する必要があります。

ここではその志望動機を書く上でのポイントを3つ紹介します。

 

①なぜ鉄道業界なのか

志望動機を書く前に「なぜ鉄道業界を志望するのか」を考えておく必要があります。

業界を志望する理由は、志望動機として大前提となるものです。

また、採用不採用を左右する一番大事な部分でもあるため、明確な理由を考えてアピールすることが重要です。

業界を志望する理由を伝えるためには、その業界ならではの特徴を踏まえて書く必要があります。

 

②なぜその企業を選んだのか

鉄道業界と言ってもその会社は様々です。

当然、その企業によってそれぞれ特徴や強みが違います。

該当企業の強みや特徴を踏まえて志望動機を書く必要があります。

 

③自分はその企業でどう貢献できるのか

「鉄道業界を志望する理由」と「該当企業を志望する理由」を伝えれば、あとは自分に何が貢献できるかを書きましょう。

やる気だけでは業界で活躍することは出来ません。

成長意欲があっても成長する能力がないと意味がありません。

志望動機では採用メリットを書くことも大切となって来ます。

以上がポイントとなります。

会社を選んだ理由や自分に何が貢献できるかを具体的に書くと、会社側に良いアピールとなるでしょう。

 

まとめ

 

今回は「JR貨物の仕事はキツイ?」について紹介してきました。

JR貨物でも職種が色々あり仕事がキツイ部分がありますが、その分収入が高いので離職者が極めて少ないようです。

これらは地域によって若干違うかもしれません。

これからJR貨物の就職を考えている方は、今回の記事を是非参考にしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました