本ページはプロモーションを含みます
スポンサーリンク

軽車両ドライバーはきつい?必要な資格や仕事内容、給料や年収はいくら?

記事内にプロモーションを含む場合があります
軽車両ドライバーはきつい? ドライバー全般
スポンサーリンク

 

数ある配送業の中でも今回は軽車両ドライバーのお仕事についてまとめていきます。

軽車両ドライバーは配送業の中でも小さな車両で、比較的軽量の荷物を、近くに配達することが多いです。

そのため未経験の方が始めやすいこともあり、どんなお仕事なのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

ここでは軽車両ドライバーは実際にどんなお仕事をしているのか、働くためにはどんな資格が必要なのか、仕事はきついのか、どのくらい稼ぐことが出来るのか…など、みなさんが疑問に感じていることをまとめました。

 

軽車両でドライバーをするならやればやっただけ稼げる個人事業主ドライバーが人気です。
個人事業主ドライバーに転職するコツや求人募集情報はこちらの記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

>>個人事業主ドライバーに転職するコツや求人募集情報はこちらから!

 

スポンサーリンク

軽車両ドライバーの主な仕事内容は

 

軽車両ドライバーは軽車両で運べる大きさの荷物を配達先に届けます。

積める荷物が少なめですので基本的には短い距離の配送になります。

配達先は個人の家が多いですが、企業に配送することもあります。

決められたルートの中で配送を行うルート配送です。

企業への配送は不在の場合が少なく再配達が少ないというメリットがあります。

逆に個人への配送では不在が多く何度も再配達をすることもあります。

繁忙期には荷物の量が膨大になり、何度か荷物の積み込みを行います。

そのため休憩が取れないこともあります。

個人事業主として働く方が多いですのでこの辺の時間や量は自分で調整することもできるかもしれません。

 

軽車両ドライバーに必要な資格は

 

軽車両ドライバーは特別な資格の取得は必要ありません。

普通自動車運転免許があればお仕事をすることが出来ます。

会社によってはMT車の免許が求められる場合もありますが、基本はAT車限定でも働くことができます。

ただし会社によっては、自分で仕事に使う軽車両を用意する必要があります。

中古でも構いませんがなるべくたくさんの荷物を積める車両を用意するとよいでしょう。

また黒ナンバーの取得も必要です。

もちろん会社で用意してくれることもありますので、確認してみてください。

あまり使わないかもしれませんが、フォークリフトの資格なども取得しておくとよいかもしれません。

自分のスキルが収入に直結してきますので、少しでも役に立ちそうな資格や免許は取得しておきましょう。

 

軽バンの準備はできていますか?

個人事業主で活動するには黒ナンバー取得の軽貨物自動車が必要です。
黒ナンバーは軽貨物自動車運送事業経営届出書などを提出して取得します。
しかし自分でやるにも面倒くさいし、代行で頼んでもそれだけで4万円ほどの費用が必要になってきます。

そこで人気となっているのが「GMSリース」。

全て無料で面倒くさい黒ナンバーの手続きをしてくれるので初めての方でも安心です。
軽貨物事業に参入する多くの方が利用しています。
他社より圧倒的に安く、審査が心配な方も審査通過率98%のGMSリースで黒ナンバー車をゲットしましょう。

>>GMSリースの料金プランと軽バンの在庫確認をする

 

軽車両ドライバーはきつい?

 

運送業になりますので一般的にきついイメージを持つ方も多いと思いますが、軽車両ドライバーは取り扱う荷物も比較的軽量で、配達する距離も短いことが多いです。

そのため、女性やシニアの方もたくさん活躍されているお仕事になります。

体力的にはあまりきついお仕事ではありません。

もちろんこのお仕事で安定した金額を稼ぐためには1日あたりの件数を増やしたりしなくてはなりませんが、それでも他の配送業に比べたら働きやすいお仕事だと思います。

また、個人事業主として働く方も多いため、自分で調整してお仕事できます。

自分でお仕事を決められるのは慣れてくると良いですが、初めのうちは少しきついと感じるかもしれません。

 

軽車両ドライバーの給料や年収はいくら?

 

軽車両ドライバーは先ほど述べたように個人事業主として、業務委託の形態で働く方が多いため、人によって収入が大きく異なります。

雇用先から直接給与が支払われる形ではないため、運送会社へ支払う手数料と経費を委託料から差し引いた分が収入になります。

平均的な金額は専属契約を結んでいる場合で400万円前後と言われていますが、平均はあまりあてにはなりません。

件数だけではなく配達を行う地域によっても異なってきます。

自分のやり方次第でたくさん稼げることもあれば、収入が少なくなることもあります。

良くも悪くも自分次第ということですね。

 

※給料をあと5万円上げたくありませんか?

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできます。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

軽車両ドライバーに向いている人、向いていない人は

 

軽車両ドライバーは普通自動車運転免許を取得している人ならば誰でも始めることができる、決まったルート内の配送、業務内容がシンプル、といったように初めて運送業に従事する方が始めやすいお仕事です。

また、自分でお仕事の時間や量をある程度調整することができるので子供がいる方など、自分の時間で働きたいという方に向いています。

配送業の中では体力もあまり必要ないため女性で配送のお仕事をしたい方や、体力に自信がない方にも向いています。

逆に配送業でたくさん稼ぎたい方にとって、軽車両ドライバーはおすすめではありません。

他の配送業を考えてみると良いかもしれません。

 

※あなたは個人事業主ドライバーに向いていますか?

 

個人事業主ドライバーは向いていないと長くは続きません。

向き不向きは性格診断テストで調べることができます。
一度性格診断テストでチェックしてみましょう。

 

>>個人事業主ドライバーに向いているかチェックしてみる

軽車両ドライバーの口コミや評判とは

 

・ある程度働けば、収入も安定し、回る場所も毎回決まっているのでお客様とも顔見知りになり、働きやすい。

・エレベーターのない建物への配送は大変だし、辿りついても不在なこともあり、そういった時には体力的にきついと感じる。

 

といった声が見られました。

中でも多かったのは、大変だと感じることもあるが、やりがいを感じることができ、自分のペースで働くことが出来るのが嬉しいという意見でした。

自分の頑張りで多種多様な働き方ができるというのはとてもよいと思いました。

 

ドライバー職の平均年収や口コミをこちらの記事でかなり詳しくまとめてみました。

参考になると思いますのでぜひご覧ください。

🔗トラック運転手はきついからやめとけ!給料や年収の口コミを大調査/職種別まとめ!

 

軽車両での転職へのコツや情報集はこちらから

トラック運転手におすすめの転職エージェント
軽車両ドライバーの実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近の運送業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
数多くの運送会社が存在する中で、自分に合う会社を探すのは至難の業です。
プロのアドバイザーに相談しながら情報収集や転職を進めたほうが安心です。

運送業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントで軽車両ドライバーの詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントで軽車両ドライバーの相談をする

自分自身で考える働き方

 

軽車両ドライバーは配送業のドライバーの中で他のドライバーのお仕事は大きく異なっているのが分かりました。

自分自身で働き方を考えることが出来るのが1番の魅力ですが、逆にそれが大変なところかもしれません。

軽車両ドライバーのお仕事に興味がある方は是非こちらの記事を参考にしてみてください。