スポンサーリンク

大型トラックのハンドルを切るタイミングやコツ!左折や内輪差を極めよう!

大型トラックのハンドルを切るタイミングやコツ! 役立つ情報
スポンサーリンク

 

右左折するとき、縁石に後ろのタイヤが乗り上げた経験はありますか?

縁石に乗り上げてしまう原因は『内輪差』にあるのです。

内輪差はどういうことか?

右左折時に車の前輪より後輪のほうが前輪が通った軌道より内側を通る現象のことを言います。

今回は左折時のハンドルを切るタイミングやコツ、内輪差について解説していきます。

 

左折でハンドルを切るタイミングとは

 

ハンドルを切ることにも切るスピードが大事になってきます。

早く切れば後輪はみるみる内側に寄って曲がり切れなくなり、大きく切り過ぎても全く同じことが起きてしまうのです。

ハンドルを切るときのコツは『大きく切り過ぎない』こと。

曲がりたいところで自分の体が過ぎたときにサイドミラーで確認しながらハンドルを切っていきます。

曲がるポイントを、後輪の中心が通り過ぎればそれ以上は絶対に寄ることはありません。

それさえクリアできればハンドルを思いきりきっても大丈夫です。

 

内輪差のコツやハンドルを切るタイミング

 

内輪差を掴むコツは、目安となるポイントが2つあります。

初心者ドライバーさんに是非このポイントをおさえておいてほしいです。

・後輪

・曲がり角

この2つが重要です、上達も早くなるので覚えておきましょう。

内輪差はハンドルを切るタイミングや車のホイールベースによって大分変ってきます。

そして、大きくハンドルを切ると同時に内輪差も大きくなります。

曲がり角と後輪の距離間を見ながらハンドルを切り、微調整をします。

距離が離れすぎてしまったらもっとハンドルを切り、近過ぎた場合はハンドルを戻していきます。

 

左折のポイントは後輪の軸にあり!

 

まず一番大事なことは『サイドミラーの微調整』をしておくこと。

タイヤの接地点も確認できるような丁度いい位置に調整しておきましょう。

このひと手間で内輪差の軌道がとてもわかりやすくなります。

そして左折は後輪の軌道によってハンドルを切っていくタイミングを変えます。

 

左折の時の大回りについて

 

車体を少しでも真っ直ぐにして進入したいがために大回りをする人もいますが、普通のカーブや曲がり角でやると危険が発生します。

大型トラックなどのホイールベースの長い車や極端に狭い道であればやむを得ませんが、大回りするためにハンドルを切ると反対側の車線に飛び出してしまい事故になりかねません。

やむを得ない場合に大回りする際は周りに十分気を付けて減速し左右の確認を必ず行ってください。

また、一瞬でも逆にハンドルを切るとミラーに死角が発生してしまいますので気を付けましょう。

 

内輪差によって発生する事故

 

よく起こりがちなのは、縁石にぶつかってタイヤやホイールを破損することです。

意外とホイールは傷がつきやすく結構目立ってしまいます。

高額なホイールを当ててしまったときは絶望ですよね…

タイヤも同様、ひどい時はバースト(破裂)してしまいます。

タイヤは傷がついて時間が経ってからバーストする場合もあり、それが高速道路を走行中に起こってしまうと命に関わる事故につながってしまうのでとても怖いです。

サイドバンパーを当ててしまう人もいたりと、車以外に塀や壁なども大きなダメージになってしまうとまわりも巻き込んでしまうのでとても厄介です。

 

左折の巻き込み事故は要注意!

 

左折時の巻き込み事故はとても多く、後を絶たないのが現状です。

内輪差で車体は歩行者側にどんどん寄っていきます。

左折する前にしっかりと左に寄せ後方や周りをよく確認し安全だと判断できたら曲がるようにしましょう。

サイドミラーの死角や確認不足によって巻き込み事故を起こす可能性は十分にありえます。

そのことを常に頭の片隅において安全運転を心がけてください。

 

内輪差ではまった時の対処法

 

内輪差でハマってしまったときは焦ったり慌てたりしてしまいますが、悪循環に陥らないようにまずは落ち着いて行動しましょう。

ハンドルを早く切り過ぎたことで後輪が寄ってしまったら、ハンドルを戻して少し前に進みもう一度ハンドルを切ってください。

もしそれ以上進むことができなくなった場合、ハンドルはそのままで一度停止し周囲の安全を十分に確認したあとバックで脱出します。

そのとき大事なのは、ハンドルを右に切ったり左に切ったりしないこと!

冷静に対処しましょう。

 

さいごに

 

大型トラックでのハンドルを切るタイミングやコツは初心者のうちは難しいですよね。

ここで紹介したコツやポイント、注意事項をよく守って実践してみてください。

大きな駐車場があれば練習することで早く上達できると思います。

頑張ってこの感覚を身につけてください。

 

タイトルとURLをコピーしました