スポンサーリンク

軽貨物をやってはいけない理由とは!メリットデメリットや独立を失敗する人の特徴とは!

軽貨物はやめとけ 軽貨物ドライバー
スポンサーリンク

 

昨今におけるEC(インターネット通販)化率の増加に伴い、運送業界での人手不足問題から軽貨物業界への関心も高まっております。

そんな中、まず軽貨物業と言えば独立開業を追い浮かべますよね? 

あと独立開業としての軽貨物ドライバーとなればメリットやデメリットとなるネガティブな実状も気になるところ…

というわけで今回、そんな軽貨物ドライバーに対したタブーとされる事柄をそれぞれで選び、「メリット・デメリット」から「向いている・人向いてない人」までを細かく掘り下げ、あと独立に失敗してしまう人の特徴なども掘り下げます!

 

※軽貨物ドライバーのもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗軽貨物ドライバーの給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

軽貨物をやってはいけない理由7選とは

 

軽貨物の仕事はドライバーとしての業務がメイン。

それらに付随する業務は勿論のこと、「荷物を運ぶ」という観点から「きつい労働内容」になるわけです。

実はかく言う私も軽貨物ドライバーとしての経歴を持っており、正直仕事がきつかったのをよく覚えております…

以下では一般的な事例をもとに、主に代表的とされる7つを「やってはいけない理由」として挙げてみました。

  1. 稼働時間としての拘束が長い
  2. 体力勝負になる業務がきつい
  3. 経費の全てが自己負担になる
  4. 手数料(仲介となる費用)やロイヤリティが割高
  5. 社会保険への折半がない
  6. 仕事が取れても割りに合わない場合がある
  7. 「契約解除されるかも…」の不安

 

軽貨物ドライバーのメリットとは

 

独立した軽貨物ドライバーの印象は自由でもあり、またサラリーマンから見れば収益面における可能性の範囲も広く、憧れや羨ましさの対象となるかもしれません。

ではそれら以外で考えらるメリットとはどのようなものでしょう?

以下にメリットとしての代表的な例を4つ挙げてみました。

  1. 働いた分を稼げる
  2. 取り敢えず「軽車両」と「運転免許」さえあればなんとかなる
  3. 運転業務が好きなのであれば「業務の全てが独りで気楽」
  4. 仕事としての稼働範囲に自身によって融通を利かす事も可能となる

 

軽貨物ドライバーのデメリットは

 

例え仕事としての自由度が広く、また収入面における範囲に可能性を持てたとしても「良いことばかりではない」のが世の常というもの。

ではデメリットとなる注意すべき事柄はどのようなものなのか?

次は先述したメリットに続き、代表的な例の4つを以下に挙げております。

 

  1. 基本的に定休日が無い為、自身の都合でも休めない
  2. ガソリン代、車両へのメンテナンス費用は基本自分持ち
  3. 社会保険や確定申告など、自身による申請で対応しなくてならない
  4. 委託業務で存在する規約や約束事としてのしがらみ

 

委託業者探しでお困りの方はこちらの記事で詳しくご紹介していますのでぜひご覧ください。

🔗個人事業主ドライバーに転職するコツや求人募集情報はこちらから!

 

軽貨物ドライバーに向いてる人とは

 

まず第一条件で挙げられるものとしては「車の運転自体が好き」であるのに加え、「体を動かす仕事に抵抗が無い」という事。

軽貨物ドライバーは業務形態としての自由度が高い上、体力に自信がある人にとってはまさに打って付けの仕事と言えます。

では具体的に「軽貨物ドライバーに向いている人」とは主にどのようなタイプなのでしょうか?

以下に代表的な例としたものを5つ並べてみました。

 

  1. 長時間での運転業務が苦にならない
  2. 体を動かす事が好きであり、体力にも自信がある
  3. 道に詳しく、地図を読むのが早い
  4. ドライバーに付帯する業務も楽しんでこなせる
  5. 何事にも前向きであり、メンタルが強い

 

軽貨物ドライバーに向いていない人

 

「運転業務や肉体労働が苦にならない事」であるのは勿論、軽貨物ドライバーは「自身の考えに基づく仕事に対しての向上心」がなければ到底務まらない仕事と言えます。

ではどのようなタイプの人が軽貨物ドライバーには向かないのか?

続く「それらに多いタイプ」としての例を以下に4つ並べてみました。

 

  1. 車の運転自体が苦手な人
  2. 体を動かす事自体が苦手であり、体力に自信がない人
  3. 時間を守る事が苦手であり、責任感に欠ける人
  4. 仕事の進め方に対する工夫が苦手な人

 

※あなたは軽貨物ドライバーに向いていますか?

 

軽貨物ドライバーは向いていないと長くは続きません。

向き不向きは性格診断テストで調べることができます。
一度性格診断テストでチェックしてみましょう。

 

>>軽貨物ドライバーに向いているかチェックしてみる

 

軽貨物の独立を失敗する人の特徴とは

 

軽貨物ドライバーとしての「独立」は個人事業。 個人事業主としての開業は組織内に置かれる雇用形態とは違い、基本が自身による管理の下で稼働を成り立たせなくてはなりません。

「労力(労働)としての提供」が「対価としての報酬」となり、その報酬までにある「一労働者としての心得」がなければ事業主としての独立は失敗に終わるでしょう…

では軽貨物で独立を考えた場合、どの様な思考を持った人が失敗してしまうのか?

以下はそれらに該当する「特徴的な例」なるものを4つ並べてみました。

 

  1. 楽に稼げる業務と考えている
  2. 基本として責任感が薄く、常に他力本願の傾向にある
  3. 委託業務としての契約時など、選択肢の幅を広く持てない
  4. 何事にも計画を立てず、勢いで独立してしまう

 

ドライバーの求人や転職のコツはこちらから

トラック運転手におすすめの転職エージェント
運送業界は人手不足で転職するなら今がチャンスです。
ドライバーが会社を選べる状況になっています。
しかしブラック企業が未だに多く存在している運送業界では良い会社の見極めが難しいのも現状です。

そこで良い会社を見極めるコツがエージェントの活用です。

今エージェントからのドライバーへの転職が急増しています。
その理由は給料や労働条件、福利厚生などを事前に確認し交渉までしてくれるからです。
あなたの条件に合った企業であるという前提で面接に望めます。
いちいちその都度面接に行って自分で確認する手間が省けます。
またお金の話や休日、仕事内容など自分の条件を交渉しにくい方にもおすすめです。

【エージェントへの依頼具体例】

給料は手取りで40万円以上欲しい
土日は休みたい
パレット輸送の多い会社を探して欲しい

このような条件で探してほしいと伝えるだけでオッケーです。
運送会社を探すならリクルートエージェントが1番おすすめです!

>>リクルートエージェントはこちらからどうぞ

リクルートエージェント業界最大手で求人数と実績が日本で一位です。
また大手や人気のある運送会社は非公開求人になっている場合が多いです。
あなたがいくら探しても求人が出てこないのは非公開求人になっているからかもしれません。
リクルートエージェントは非公開求人数が業界一位です。
お目当ての運送会社が隠れているかもしれません。

情報収集や自分の条件に合った会社を探している方はご利用ください。

>>リクルートエージェントに無料相談する

料金は一切かかりません。
登録したらからといって絶対に転職しないといけないわけでもありません。
情報収集にもお役立てください。

 

まとめ

 

如何でしたでしょうか? 

軽貨物ドライバーは独立開業を含み、業務としての「自由度の高さ」は一般的な会社員からすれば魅力的であり、またそれが羨ましくうつるとも言われております。

他の職業に比べて「責務」として背負う範囲が比較的に広く、ネガティブなイメージの払拭には事前調査による実状の把握が重要と言えます。

つまりそれらにある下調べこそが「向き不向き」に対する見極めとなり、ポジティブとしての糸口に繋げられるのです。

タイトルとURLをコピーしました