スポンサーリンク

menuデリバリー配達員は稼げる?時給や評判、登録方法まとめ

menuデリバリー配達員 宅配便
スポンサーリンク

 

近年での社会現象とも取れるテイクアウト事情に伴い、今やフードデリバリー業界はもはや無くてはならない存在となっております。

そのような状況下、国内で数あるフードデリバリーサービス社の1つでもある「menuデリバリー」。

今回はそのmenuデリバリー配達員の「給料や時給」、「実際には稼げるのか?」などを焦点として、それらの参考として「評判や口コミの詳細」も掘り下げて見たいと思います。

配達員登録をする際で必要となる「資格や条件」、「登録方法の流れ」についても詳しく調べ、配達していく上での「対応エリア」等も見てみます。

 

menuデリバリー配達員の時給や給料はいくら?

 

厳密には地域によって多少の差はあれど「時給としては約800~1,000円程」と考えて良いと思います。

また配達距離や自身が持つランクとレベルによっては2~3個ほどの配達完了で「大体1,500円程にもなる」とも言われており、そこから日給としての稼ぎで見ても約7,000円ぐらい。

それを単純に月20日間の稼働で見た場合でも月収は14万円になる計算となります。

先の記述にある配達距離・時間帯・ランク・レベル・インセンティブetc…

それらの組み合わせによってそれぞれ決められる金額となっており、それは「頑張り次第での広い稼ぎ幅」とも言えますね。

 

menuデリバリー配達員は稼げる?

 

「稼げる」方だと思います。

menuデリバリーの場合、以前に比べて基本報酬での計算方法が少し変更され、1回での配達単価自体も比較的高くなりました。

尚且つ広範囲でのエリア・長距離での配達になれば劇的に報酬が上がるシステムなど、1日の稼ぎとして(約10時間稼働)運が良ければ「20,000円」になるとも言われております。

とはいっても現時点ではまだまだ「依頼を受ける件数自体が少ない」という難点もあり、それらは「今後の成長次第」として期待するしないでしょう。

他のデリバリーサービス同様、細かく設定されてる条件をそれぞれ満たした上での稼ぎであって「常に誰でも」と言うわけではありまんが「24時間稼働が出来る」と言う強みもある事から見ても、「他のサービスよりか本人次第では稼ぎやすい」と言えるのではないでしょうか。

 

menuデリバリー配達員の評判や口コミとは

 

「良い・悪いの半々」といった評価に見えます。

まず良い評価として配達員に対しての「注文の入りが良い」事から稼げる回数が多いのと、ロングと呼ばれる「長距離配達に対しての報酬単価」の方が非常に良い。

あと何よりも独自のシステムとしての24時間稼働である事も、より多く稼ぎたい人にとっては「かなり魅力的」であるようです。

ただその反面、「短距離での配達が少ない」事から回数がこなせないと言う問題も出てき、そこから「menuデリバリーでの配達員となれば長距離ばかりできつい事を覚悟しなければならない」などといった噂も出るほどです。

どちらかと言うと「前者にある内容」の方が若干評価されてる傾向にあると思えますね。

 

menuデリバリー配達員の登録資格や条件は

 

登録は全てがスマホによって完結でき、滞りなければ審査を通過した後「5日ほどでアカウントが有効」とされます。

登録資格については、まず年齢が「18歳以上」であるという事と「身分証明書」、それに報酬が振り込まれるために必要とされる「銀行口座」を持つ事です。

それらを満たしておれば、基本として誰でもmenuデリバリー配達員として働くことができます。

条件は、以前では配達に利用できる乗り物は「自転車のみ」という登録条件でありましたが、現在は「バイクでの登録も可能」とされております。

ただ原則としてmenuデリバリーで「決められたエリア内での稼働が可能である事」が必須条件とされておりますので、登録の際は一応「お住まいの地域から稼働が可能な地域内」なのかを事前調査をしたほうが良いですね。

 

menuデリバリー配達員の登録方法の流れ

 

登録の手順は至ってシンプルであり、流れとしては以下の3項目で完結します。

①登録サイトにて必要情報を入力

menuデリバリーの公式サイトにアクセスし、登録ページにて自身が持ってる身分証明を元に銀行口座など、各種情報を入力しサイトのページ内にある指示に従い登録作業を進めます。

その際、公的機関が発行する顔写真を含んだ身分証明書(免許証やパスポートまたは学生証と健康保険証)を撮影した画像、口座情報の画像としてキャッシュカードと通帳もしくはネット銀行での口座番号と名義を確認できるスクリーンショット画像をアップロードをします。

あとバイクの場合は車両のナンバー、運転免許証と自賠責保険証の情報写真が必要となり、上記と同じくアップロードしていきます。

 

②審査を待つ

身分証明書の撮影画像やバイクなどを使用する場合での証明画像審査がこれに当たり、長くて2週間、早くて5日ほどで審査結果が出ると言われております。

 

③配達用の専用アプリにてログイン

審査完了となれば、「デリバリー配達員アカウントが作成されました」という案内メールにつづき、登録してある携帯番号のSMSにもパスワードが届きます。

そのパスワードによって配達員専用のアプリにログインしたら晴れて登録完了となります。

 

menuデリバリー配達員の配達エリアは

 

国内の47都道府県ほとんどを利用出来るものとしては今のところ業界最多の配送エリアを誇り、今後も対応エリアの拡大がさらに進んでると言われております。

市区町村などによってはまだ未対応とされるエリアもありますが、2021年3月31日から対応予定とされるエリアの最新情報など公式サイトにて確認できます。

 

まとめ

 

収入においての報酬単価が比較的良い上に「配達での距離が長い」というのは一見良い様に見えがちではありますが、menuデリバリーの場合だと「近距離での件数稼ぎが出来ない傾向」にある様で、ココが「もっとも痛い」とされる難点であるようですね。

電波状況に乏しい地域での配達の入り方(配達アプリの鳴り)が悪い事としては「広範囲を誇る配達エリア」が少々仇となっており、それらも今後勧められるエリア拡大のあり方に期待していくしかありませんね。

現実的に見てもこのmenuデリバリー1つに固着せず、いろいろなサービスにも登録し「それぞれの環境に合わせた掛け持ち」をしていく事も「稼ぐ上での重要なテクニック」と言えるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました