スポンサーリンク

日本梱包運輸倉庫ドライバーはきつい?評判や口コミ、求人について/まとめ

日本梱包運輸倉庫ドライバーきつい 運送会社
スポンサーリンク

 

大規模な総合運送企業として埼玉近圏を主な稼働エリアとし、また地域密着においても市民からの信頼と親しみを持つことで知られている日本梱包運輸倉庫。

今回そんな日本梱包運輸倉庫で勤務するドライバー達の仕事内容から「仕事のきつさ」、「評判や口コミ」といった実情を深く掘り下げて行き、それらに併せて「ドライバーとしての志望動機の書き方」や「ドライバーへ転職するコツ」、あと「日本梱包運輸倉庫での求人事情」にも触れて参ります。

 

※日本梱包運輸倉庫ドライバーのもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗日本梱包運輸倉庫ドライバーの給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

日本梱包運輸倉庫ドライバーの仕事内容とは

 

「小型~大型トラック」では自動車部品などの輸送業務を中・長距離で行い、「トレーラードライバー」の場合だと物流センターでの荷積みから、輸出港などへの運送から積み下ろし作業までをそれぞれ主な業務内容としております。

キャリアカーとなれば、荷物をキャリアカーに積み込んで各ドライバー達が担当していくエリアに輸送していく業務となります。(この場合では主に中型以上の免許を必須としております。)

 

日本梱包運輸倉庫ドライバーはきつい

 

大きく分けて小型・中型トラックまでは勤務開始時間も早く、基本となる作業が手積み手下ろしとなる為に肉体的な負担も大きく、体力に自信が無いとキツい業務と言えます。

ただ、トレーラー業務も踏まえ長距離からが主な輸送ルートが路線となりますので、トラックの運転時間や拘束時間は多いとしつつ、荷積み・下ろし作業においても比較的肉体労働も少ない事から身体への負担はあまり無いようです。

 

※あなたは日本梱包運輸倉庫ドライバーに向いていますか?

 

日本梱包運輸倉庫ドライバーは向いていないと長くは続きません。

向き不向きは性格診断テストで調べることができます。
一度性格診断テストでチェックしてみましょう。

 

>>日本梱包運輸倉庫ドライバーに向いているかチェックしてみる

日本梱包運輸倉庫ドライバーの評判や口コミとは

 

拘束時間においては法律を守った範囲でもあり、オーバーワークも殆ど見られないといった点でも従業員からの安心感はかなり得られてる様です。

収入面では決して良い給料とは言えないが、手取りで25~28万円貰える環境としては「そこいらの運送会社に比べ良い方」だと捉える従業員も多いようです。

ただ精神面においては1回目の事故(交通・製品関係)からの処分がとても重く、2回目からの事故では「この事が原因で多くのドライバー達が辞めてしまう」など、その様な「社風が合わない社員達での退社が各営業所でも目立っている」とも言われております。

 

日本梱包運輸倉庫ドライバーの志望動機の書き方

 

「ドライバー募集にあたって会社側がどういった人材を求めるか?」などについての簡単な調査としては、真面目」「責任感」「最低限のマナー」等を重視し、対人関係においても「あっさりとした性格」の持ち主が「適応能力に長けている」とみなされてるようです。

もちろん「トラックドライバーといった職業に対しての興味、憧れ」は当然大前提でありますが、求職者らの立場としては上記にある事柄などを意識した上で自分自身が如何に職場に対しての雰囲気作りを意識しているか」や、「人付き合いでの向上心がどれ程持てるか」が志望動機の書き方としてはポイントとなるようです。

 

日本梱包運輸倉庫ドライバーへ転職するコツ

 

これも先にある志望動機に共通する事ですが、ドライバーとしての技術云々以前に「自身が持つ人間性」が最も重要となるのではないかと思われます。

ドライバーでのありがちな印象としては「比較的短気な方が多い」と見られており、会社側としてもまずそれらに対しての向き不向きにも着目しております。

日々繰り返される稼働においては、各地域に点在してる営業所での様々な人間関係によって毎日が成り立っており、いざ仕事が始まってしまえば「その後は自分自身が持つ人間性次第」と言っても過言ではありません。

つまりにそれらに対して「出来る出来ないの対応が後に繋がる分岐点」と言え、そこが転職を成功させる為のコツにもなり得ます。

 

日本梱包運輸倉庫の求人はどこから?

 

運送会社でのドライバー募集であれば求人誌や求人サイト、その他の情報サービスでも常時掲載されてるケースが殆どであり、日本梱包運送倉庫においても同じ事が言えております。

この場合「地場周り」から「長距離」、「トレーラー」に「キャリーカー」といった各項目を好きなタイミングでチェックされても応募は十分に可能ではありますが、ハローワークの場合だと比較的求人情報の掲載期間が長く、ゆとりを持った案件探しが出来ると思われます。

 

日本梱包運輸倉庫ドライバーのおすすめの転職サイトはこちら

トラック運転手におすすめの転職エージェント
日本梱包運輸倉庫ドライバーの実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近の運送業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
未だにブラック企業の多い運送業ではエージェントにしっかりと中に入ってもらった方が安心できます。

運送業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントで日本梱包運輸倉庫ドライバーの詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントで日本梱包運輸倉庫ドライバーの相談をする

まとめ

 

今回では日本梱包運輸倉庫ドライバーとしての少ない情報からのリサーチと言うだけに、この運送会社に対しての謎めいた意味合いも踏まえた形でまとめて参りました。

とは言っても決して怪しい運送会社という訳ではな無く、1部上場だけに給与・労働環境においても他の運送会社とでは比較的待遇が良い印象を受けます。

評判・口コミにおいても「社風に合わない」といった意見も多く賛否両論ではありますが、「粗探しに対して時間を費やす人」よりも、「自身にとっての得に対して時間を費やす人」のほうが現役社員としての割合が多い運送会社と言えますね。

タイトルとURLをコピーしました