スポンサーリンク

軽貨物(黒ナンバー)ドライバーが加入すべき任意保険とは!費用はいくらかかる?

軽貨物ドライバーの任意保険とは 軽貨物ドライバー
スポンサーリンク

 

任意保険への加入が当たり前となっている一般的な乗用車と同様、軽貨物車の場合であっても基本的には任意保険への加入が推奨されています。

では「軽貨物(黒ナンバー)ドライバーらが加入すべき任意保険」とはどういったものなのか?

今回、そんな黒ナンバーが加入する任意保険での「相場」や「必要になる知識」とを合わせ、「黒ナンバー向けとしての特徴」から「おすすめの任意保険会社」など、黒ナンバードライバーとしての「加入すべき自動車保険(任意保険)」についてを詳しく解説していきます!

 

黒ナンバードライバーが加入する保険とは

 

加入を義務としている自賠責保険(自動車損害賠償保険)と並び、黒ナンバーに於いても「強制ではない任意保険」への加入が広く推奨されております。

現状ではテレビなどの宣伝にある通販型任意保険(黒ナンバーでの加入は全て不可)を除き、全て一般的にある「代理型任意保険への加入」となっています。

つまりは「自家用車で入る任意保険と同じ」との認識で問題はありません。

黒ナンバーでの加入が可能となる代理店型任意保険の各社

損保ジャパン日本興亜
東京海上日動
三井住友海上火災保険
あいおいニッセイ同和損害保険
共栄火災
AIG損害保険株式会社
楽天損害保険

 

黒ナンバーの任意保険料の相場はいくら?

 

相場の目安としては「1万円以上」。

細かな内容については保険会社によって異なりますが、標準で必ず付属する事となる「年齢や運転実績による保険料の割引」については黒ナンバーでは適用されません。

そのため黒ナンバーの場合だと、一般的な自家用車で加入した保険料との比較では「2~3倍程度の割増」が想定されます。

保険料の価格差についても各保険会社によって細かく異なるものの、基本となる相場額としてみても「月々支払う金額は1万円以上」で見なくてはなりません。

 

黒ナンバードライバーは任意保険は必修?

 

自賠責保険では補償範囲に限りがあり、それ以外での必要性としても対物と対人になる任意保険は必修。

加入が強制となっている自賠責保険(自動車損害賠償保険)では「あくまで対人補償」でしかならず、「物損に対しての補償が無い」のです。

また障害ですと「最大で120万円しか出ない」という点では十分な保証とは言えず、そう言った理由からも「補償内容を細かくカスタマイズできる任意保険」は必ず入っておきたいもの。

業務としてハンドルを握る立場であれば、補償問題に向けた事前対策としての取り組みなどは一労働者としての責務であり、当然の備え。もちろん、それは黒ナンバードライバーにとっても同じ事が言えます。

 

黒ナンバー任意保険の特徴とは

 

現在でも黒ナンバーを専門とした自動車保険等は無く、基本として「一般的な任意保険への加入」となっております。

ただ一般的な乗用車で用意された任意保険とは違い、補償内容や条件なども異なってきます。

先述した「相場」の内容に続き、「黒ナンバーでの任意保険の特徴」についての詳細が以下となっております。

 

特約がない/相場が高い

基本として、多くの任意保険会社では黒ナンバー(軽貨物)への特約による割引制度を設けておらず、通常(一般的な乗用車)よりも保険料金を高く設定しております。

 

黒ナンバー(軽貨物)を取り扱う任意保険会社が少ない。

一般的な乗用車と比べ、「取り扱っている任意保険会社が少ない」というのも特徴の一つと言えます。基本的に黒ナンバーでは通販型自動車保険での取り扱いは無く、「任意保険への加入では代理店型自動車保険(任意保険)のみ」となっております。

 

黒ナンバーのおすすめの任意保険会社はどこ?

 

こちらに関しても「黒ナンバーが加入する保険とは」に挙げた内容の通り、まず通販型自動車保険(任意保険)では全てが不可となっておりますので、加入可能となる代理店型自動車保険(任意保険)からの選別となります。

それぞれの保険会社が設けた料金設定の違いはあれど、契約方法によっては安くなるケースもあります。

つまり自身に合わせた「プラン等の細かな組み合わせ方次第」では高くもなり、また安く抑えられます。

基本的には黒ナンバーでの任意保険加入は制限の対象となりますので、「入れる任意保険(代理店型自動車保険)への直接の問い合わせ」が安心且つ、確実と言えるでしょう。

 

まとめ

 

如何でしたでしょうか?

車両を所有する全てのドライバーに対しての義務付けとなっている強制保険(自動車損害賠償保険)とは違い、加入への強制はなくとも一般的な乗用車との比較では契約に関した条件が細かく異なる黒ナンバーの任意保険。

今回記事にした内容を参考としながらも、「黒ナンバードライバーとしての心得」から「取り扱っている保険会社に対したルールの把握」、また「契約内容への事前確認」も決して忘れてはなりません。

「任意であるから」と決して後回しの考えで蔑ろにするのではなく、一般的に入られる乗用車での自動車保険と同様、自己負担を出来るだけ抑える為の「早めの選定」と「早めの加入」が重要と言えます。

タイトルとURLをコピーしました