スポンサーリンク

ペルシードの使い方とは!実際の効果や口コミ、評価はどうなの?

ペルシードの使い方 役立つ情報
スポンサーリンク

 

休日に自慢の愛車をピカピカに洗車してから、ドライブに行くことがなによりも祝福のひと時!という車好きな人にはお馴染みな【ペルシード】を皆さんは使用していますか?

初めて聞かれた人もいますか?

ペルシードのようなコーティング剤は数多い種類がありますが、その中でもペルシードは価格も良心的なことから根強い人気を誇っています。

今回は、初めての人でもわかるようにペルシードの使い方や実際の効果などを紹介していきたいと思います。

最後まで読んで是非参考にして下さい。

ペルシードの使い方

 

まずこちらを使用する前に一度車を洗車しなくてはいけません。

ワックスもそうですがコーティング剤を使用する場合はまずは、車の汚れを落としてから使用しなくてはいけません。

車って表面上に小さい砂やホコリなんかが付着しているものなんですよね。

それを落とさずにコーティング剤を使用すると悲惨な事になるのでご注意を。

洗車を終えたらいよいよペルシードの出番です!

ペルシードはスプレー缶になりますので、ボディーに吹き付ける前には必ず振ってから使用しましょう(中にはコーティング剤のようなものを直接ボディに付ける事を嫌がる人もいます。やり方は人それぞれですのでご注意を)

泡状になるくらいが丁度いい感じになります。

なので使用する度に缶を振ってから使う事をお勧めします。

そしてクロスでその場所を丁寧に拭き取っていきます。

これを全ての範囲で行えばコーティング完了です。

非常に簡単でやりやすいのがペルシードの魅力の1つと言えます。

 

ペルシード使用の際のポイントとは

 

注意する点は、本来の効果を発揮するためには最低3回の施工が必要!

それを3週間以内に3回行えば尚良いとのことです。

1週間に1回のペースでよいので休日に合わせるには最適な内容です。

そして商品説明欄には、洗車して軽く水滴を拭き取る・スプレーボトルを軽く振る・80cm四方に約1秒スプレーする・付属のクロスで塗り広げるをポイントとして挙げています。

気になる拭き残しによるムラができる事ですが、ペルシードはその点をあまり気にする必要はないようです。

 

ペルシードのコーティングの効果とは

 

プロのコーティングよりは劣りますが、市販の商品の中でも十分な性能を発揮してくれています。

ツヤ、輝きがとてもよく、メーカーが発表している【半永久に持続】というだけあって効果時間も長いようです。

更に汚れの落ち具合がよく、運転中についた汚れもササッと拭くだけで簡単に落とすことが出来ます。

実際に高速道路で走行していると、こびり付いた虫の死がいを落とす作業が非常に大変ですからね。

それをササッと拭くだけで落とせるのは非常に魅力的です。

このような事から日々の洗車も楽になり、ペルシード愛好家が増えていく仕組みになっています。

 

ペルシードの実際の評価は?

 

市販でここまでの性能は凄いの一言につきます。

プロに頼むと大体15,000円以上かかるのが、わずか3,000円ほどでこの性能ですからね。

多くのユーザーは満足しているようですが、勿論全てがいい事ではありまあせん。

 

・1本で中型車3台分は使用できると書かれている、実際はその半分ぐらいしか使用できない

・【半永久】は言い過ぎ

・小さな傷ができる

 

といった厳しい声も挙がっています。

どうしても車をコーティングするような人は目が肥えています。

実際にプロに頼まれた経験のある人もいるでしょうし、どうやっても比べられてしまいますからね。

それでも価格の割に十分長持ちできているといった意見もあり、使用者の多くは価格と性能に満足しているようです。

ペルシード洗車用のおすすめのクロス(タオル)は

 

ペルシードは親水性と撥水性の2つがあります。

当然使用する商品によってクロス(タオル)も変えなくてないけません。

親水性には「眼鏡拭き」のような素材のタオルがお勧めで、撥水性には「マイクロファイバータオル」のような素材のタオルが使用するには合っていると思います。

これは、2つのペルシードの溶材が違う為、相性のような物で選び分けています。

相性のいいクロスを選ばなければ、車体に小さな傷をつけてしまう原因にもなるので、クロス(タオル)選びは慎重に行わなければなりません。

ちなみに車の水拭きを”雑巾”で行ったりするとボディーに傷をつけるので止めましょう。

雑巾のような粗い材質はもっとも向いていないクロス(タオル)です。

 

おすすめのタオルはランキング1位のこちらのクロスです。

水滴を一気に拭き取り速乾性も非常に高いので人気となっております。

値段もかなりお手頃でおすすめです。

まとめ

 

市販されているコーティング剤の中で、どれを選べばいいのか悩んでいる人には参考になったのではないでしょうか?

価格も1本3000円ぐらいとお手頃の価格が魅力的で、実際の効果も十分発揮してくれます。

但し本来の効果を発揮する為には、3回以上の施工をしなくてはならないのでご注意ください。

それでもペルシードは使用感や効果面でも十分魅力的な商品ですのでお勧めできます。

タイトルとURLをコピーしました