スポンサーリンク

佐川急便は事故したらクビになる噂について!クレームがきてもクビになる?

佐川は事故したらクビ 運送会社
スポンサーリンク

 

日本の物流を支えている企業のひとつが佐川急便です。

大型トラックや中型トラックなど自動車を運用しているため危険と隣り合わせの日々です。

最近では煽り運転など無謀な運転するドライバーも増えてきており、巻き込まれることもあります。

異常気象も多発しており、事故に遭うこともあります。

もし、業務中に事故を起こしたときや事故に巻き込まれてた場合はどうなるのか解説していきます。

 

俺に任せろ!失敗しない転職サイトはこれだ!

現役30年のベテランドライバーが選ぶ鉄板の転職サイトはこれだ!エージェントは必ず併用せよ!
このページでは運送業界歴30年のベテランドライバーが実際に使ってみた転職サイトやエージェントを紹介していくよ~。 運送業界ははっきり言って会社で運命が決まる! 知り合いの紹介で会社に入れば間違いも少ないが自分で探すなら信用のあるサイ...

佐川急便は事故したらクビになる?

 

事故の種類にもよりますが、基本的にはクビになることはありません。

ただ、事故を起こすと乗務できません。

ネットでは3回事故したらクビになると目にすると思いますが、これは正確なルールではありません。

事故のケースや頻度によって処分を下されることがあります。

事故は会社の責任になりますが、個人の過失がある場合は、クビの可能性はあります。

事故をしないことが一番ですが、もしも事故を起こしても即刻クビになることは少ないでしょう。

 

佐川急便はクレームでもクビになるって本当?

 

佐川急便を含め、配送トラブルや近隣住民ともトラブルは絶えません。

駐車トラブルや騒音トラブルなど日々クレームは発生します。

しかし、クレームでクビになるケースは少ないです。

会社及び上司もクレームありきで仕事されています。

当然ですが、過失や故意があった場合は例外です。

基本的に真摯に業務に取り組んでいてクレーム事案に発展した場合でクビになることはありません。

10年前くらいはクレーム案件が多いと部署異動やクビになるケースがあったみたいです。

しかし、コンプライアンス遵守している佐川急便は労働基準によって透明性があります。

むやみにクビにすることはありません。

 

佐川急便で事故したら自腹って本当?

 

絶対にないとは言えません。

その理由が、自分の過失や不注意で発生した事故に関しては修理代などを給料から天引きされるケースがあるからです。

しかし、恐れることはなく基本的に会社が責任を負います。

会社が事故対応など努めますので個人の負担は少なくなります。

事故の回数が多いと乗務できない期間があります。

場合によっては3カ月程度乗務できないことがあります。

当然給料なども減ります。

自腹負担するケースは多くはありません。

昔は個人負担としていましたが、5年ほど前に佐川急便の問題が全て公表されました。

残業未払いや駐禁を入替などあり、会社はコンプライアンス遵守を強化しました。

また、人材を守ることにも努めていますのですぐに自己負担とはなりません。

 

自腹を払わされる運送会社ははっきり言って辞めておいたほうが無難でしょう。

大きな事故をすると一生出世できないうえに飼い殺し状態になるからです。

こちらの記事では入ってはいけない運送会社に関して詳しくご紹介していますので参考にされて下さいね。

🔗入ってはいけない運送会社一覧!危ない運送会社やまともな運送会社はここだ!

 

佐川急便で事故をおこした後の流れやペナルティとは

 

縁起でもないですが、仮に事故を起こしたときどのような流れるになるかご説明します。

基本的に物損事故の場合は警察に報告した後、上司に報告し本社に報告書を提出します。

物損の場合はすべて報告しますが、基本的に会社が保証します。

一部、例外はあります。

自分の不注意や法定速度違反などは給料が減ります。

また、人身事故になると基本的に警察と会社がやりとりを行いますが、問題解明できるまで出勤停止などの処置が取られます。

 

佐川急便はノルマ達成しないとクビになる?

 

佐川急便でノルマを達成しないとクビになる噂は本当ではありません。

当然ですが、給料は減ります。

成果評価システムが導入されていますので自分のノルマを達成しないと評価は下がります。

また、繁忙期になって荷物が多くなるとノルマも厳しくなります。

そのため、残業が増えたりと負担が増えます。

 

佐川急便でクビになるパターンについて

 

佐川急便でクビになるケースとしては多いのが、荷物を紛失及び盗難です。

商品を届けず自分のものにする盗難行為は即刻クビとなります。

当然の処罰ではありますが、佐川急便は素早い対応を行います。

また、事故関連でいえば過失重大事故です。

居眠りで人身事故はクビになります。

また、最近では乗用車を煽る行為や危険走行してクビになるケースもありました。

 

失敗しない運送会社への転職のコツや求人情報の探し方とは

トラック運転手におすすめの転職エージェント
運送業界は人手不足で転職するなら今がチャンスです。
ドライバーが会社を選べる状況になっています。
しかしブラック企業が未だに多く存在している運送業界では良い会社の見極めが難しいのも現状です。

そこで良い会社を見極めるコツがエージェントの活用です。

今エージェントからのドライバーへの転職が急増しています。
その理由は給料や労働条件、福利厚生などを事前に確認し交渉までしてくれるからです。
あなたの条件に合った企業であるという前提で面接に望めます。
いちいちその都度面接に行って自分で確認する手間が省けます。
またお金の話や休日、仕事内容など自分の条件を交渉しにくい方にもおすすめです。

【エージェントへの依頼具体例】

給料は手取りで40万円以上欲しい
土日は休みたい
自腹制度がないか聞いてほしい
パレット輸送の多い会社を探して欲しい

このような条件で探してほしいと伝えるだけでオッケーです。
運送会社を探すならリクルートエージェントが1番おすすめです!

>>リクルートエージェントはこちらからどうぞ

リクルートエージェント業界最大手で求人数と実績が日本で一位です。
また大手や人気のある運送会社は非公開求人になっている場合が多いです。
あなたがいくら探しても求人が出てこないのは非公開求人になっているからかもしれません。
リクルートエージェントは非公開求人数が業界一位です。
お目当ての運送会社が隠れているかもしれません。

情報収集や自分の条件に合った会社を探している方はご利用ください。

>>リクルートエージェントに無料相談する

料金は一切かかりません。
登録したらからといって絶対に転職しないといけないわけでもありません。
情報収集にもお役立てください。

まとめ

 

佐川急便は事故に対しては会社の責任として対応します。

過失や悪意がなければクビにはなりません。

しかし、給料が減ったり、担当する業務量が減ったりします。

業務に支障が出ますので日々安全運転を心掛けることが必要です。

また、クレーム案件にしては気遣いが必要です。

近隣住民と共存しないといけませんので路肩に止める際は注意を払うなど気遣いをすることで防ぐことができます。

物量が多くなるにつれて疲労がたまりますが、商品を待っているお客様のために笑顔で配達をしましょう。

 

佐川急便に関してはこちらの特集ページで詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

【佐川急便まとめ】給料や年収、下請け、路線便に関してなど!
宅配事業を中心にした日本の物流を支える超大手運送会社の佐川急便! ドライバー業界に身を転じる方は一度は転職を考えたことがあるのではないでしょうか。 ここではそんな佐川急便に関する情報を詳細に書いた記事をまとめています。 なお記事は...
タイトルとURLをコピーしました