スポンサーリンク

佐川急便軽貨物の委託ドライバーは稼げる?単価や評判、きついって本当?

佐川急便軽貨物稼げる? 委託ドライバー
スポンサーリンク

 

軽貨物での独立開業ともなれば仕事を受ける形式は「業務委託」となっており、その業務委託では佐川急便も有名ですよね!

というわけで今回は、佐川急便軽貨物の委託ドライバーの事柄から「仕事内容」や「荷物単価」、「収入」や「総合的な評判」までを詳しく調べてまいります。

その中で「委託ドライバーとしてのきつさ」や「クビになりやすい」といった噂、あと「辞めたい場合の理由」についても暴露します!

 

佐川急便の委託ドライバーをお探しの方はこちらの記事で詳しくご紹介していますのでぜひご覧ください。

🔗個人事業主ドライバーに転職するコツや求人募集情報はこちらから!

 

佐川急便軽貨物の委託ドライバーとは

 

一般的に個人事業主としての委託ドライバーらは仕事を斡旋する企業によって、その企業から経営についてをサポートされるシステムが取られており、それは佐川急便の委託ドライバーにおいても「基本となる構図」は共通しています。

ただ「ドライバー」対「佐川急便」としての直接の委託契約を締結する部分においては、他に多くある委託ドライバーとは少し異なっているとも言えますね。

あと例え「佐川」の看板を掲げる仕事であっても、委託ドライバーとして属する下請け業者によっては契約内容に「それぞれの業者が独自に設けるガイドライン(法に基づく取り決め事)」などで各ドライバー達への労働条件が変わってきます。

 

佐川急便軽貨物の委託ドライバーの単価はいくら?

 

一般的に持ち込み車両での「荷物単価は100~300円程」と言われており、これは佐川急便に限らず他の企業同様に「地域・営業所によっての配送単価としての違い」もあるみたいですね。

 

佐川急便軽貨物の委託ドライバーの給料や年収はいくら?

 

先にある「荷物単価」の内容に並び、営業所や働き方(各ドライバー個人が取る業務形態)、またそれらの時間帯によっては各事業主が得る総合的な収益に大きく影響してきます。

次に一般的となる報酬例を荷物単価130円として月の稼働日数は26日、1日の完了個数が共に80個と150個別で以下に表すと…

 

●130円x80個x 26日=月270,400円

●130円x150個x 26日=月507,000円

 

これらは必ずしも全てに該当するわけではありませんが、少なくとも佐川急便での委託ドライバーでは「単純計算しただけでも月の売り上げがどれ程までになるか」がお分かりいただけと思います。

 

※給料をあと5万円上げたくありませんか?

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできます。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

佐川急便軽貨物の委託ドライバーはきつい?

 

結論は「稼ぐのであればきつく」もなり、「稼がないのであればゆるく」もできるとなります。

つまりは佐川急便でも委託ドライバーであれば「きつい」と言った概念では無く、全ては「個人事業主として自分次第」というわけです。

とはいってもバブル崩壊以降から間もない時期、その大きな社会現象の影響が強かったせいか業界でも「佐川急便の忙しさは尋常では無くホントにきつい」と有名でした。

ただこの事は「都市伝説的に語り継がれてる話」に過ぎず、今となってはその信憑性についても不明であり「あくまで過去の話」となってます。

 

佐川急便の委託はすぐクビになるって本当?

 

こちらに関しては「委託を受ける側」として言い分も賛否あるようですが、それぞれに属してる営業所に対して「真面目な姿勢で取り組んでる」のであれば普通に考えても「即クビに至る扱いは受け難い」と思われます。

個人的感情からなる対人関係は置いといて、「誤配」と「接客態度」において何かしら難がある場合は致命的なミスにもなりかねません。

ましてや誤配なんかやらかしでもすれば「営業所側が後々の厄介な後始末」となり、もはや信用問題にも大きく影響してきます。

ただ、昨今での「置き配可能」の風潮から、様々な企業でのサービスが充実してる事もあってか「利用者からも置き配への抵抗が年々少なく」なっておりますね。

 

佐川急便軽貨物の委託ドライバーを辞めたい理由とは

 

個人事業主としての委託業務において「それ特有」ともされる辞めたい理由としての一般的な例を挙げてみます。

 

■「開業に向けたサポート内容が乏しい」と感じた時(後の不安に繋がる)

■稼働現場での対応の悪さや営業所からの段取り自体が悪い。(こなせる仕事もこなせない)

■基本となる報告・連絡・相談が全ての人員で出来ていない。(結局は自身の不満が溜まる)

 

委託契約している軽貨物ドライバーであれば労働時間の殆どは「一人ぼっち」でのワークスタイルとなっておりますので、「対人関係による揉め事は比較的起こり難い」と見ていいですね。

ただ「それ故に生じる自身が抱えるストレス」など、人によってかなりの負荷となり得ます。

合わない方は早めの切り替えも必要かと…

 

佐川急便軽貨物の委託ドライバーの口コミや評判とは

 

業界の中でも口コミや評判は意外と好評価とされてる内容が多く、ドライバー業務全般においても「常に安心感が持てる労働環境」といえますね。

 

■安定的な荷物量
大手企業だけに閑散期においての影響は受け難く、委託ドライバーにとっても荷物が減り仕事が激減する不安要素はほとんど無い。

 

■佐川急便でのサポートシステム外でも社員達から色々と便宜を図ってもらえる
委託ドライバーとして「新米」であれば尚更仕事の効率も悪く「捗るものも捗らない」ものですが、常に先輩からの手助けがあれば精神的にも心強くいられます。

 

■人間関係が比較的良い
労働環境で見ても「助け合い精神の心」はどのスタッフにも備わっており、”自分は放置されてる” と言った疎外感は無く安心も出来る。

 

軽車両ドライバーの求人募集やもっと詳しい情報はこちらから

トラック運転手におすすめの転職エージェント
軽貨物ドライバーの実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近の運送業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
未だにブラック企業の多い運送業ではエージェントにしっかりと中に入ってもらった方が安心できます。

運送業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントで軽車両ドライバーの詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントで軽車両ドライバーの相談をする

まとめ

 

今回は「佐川急便での委託ドライバー」に焦点を置き、筆者的には独立開業に向けた方などへの「橋渡し的な意味合いを込めた内容」とさせて頂きました!

大手ブランドの強みはドライバーのみならず、全ての人員への充実した安心感へ繋がり、それは後の向上心へと発展します。

ただその心得は「佐川急便だから」では無く、「だから佐川急便でも」といった
”あらゆる環境にも対応できる自身” であるべきなのです。

タイトルとURLをコピーしました