スポンサーリンク

佐川急便とヤマト運輸では働くならどっち?路線便ならヤマトがおすすめ!

佐川急便かヤマト運輸働くならどっち? 運送会社
スポンサーリンク

 

ヤマト運輸や佐川急便と取り引きをしている下請け会社(庸車)は多いですが、路線ドライバーとして働くならどちらの会社がいいのでしょうか?

ちなみにそういった下請け会社は、求人サイトでの募集要項欄に記載されている主要取引先が佐川急便やヤマト運輸、西濃運輸などの大手運送会社が書かれています。

今回の記事では、路線ドライバーとして働くなら佐川急便かヤマト運輸どちらがより良いのかを独自に調べてみました。

 

※給料をあと5万円上げたくありませんか?

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできます。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

佐川急便VSヤマト運輸 ガチ比較

積み込みの違い

《佐川急便》

荷物の管理は基本的に伝票で管理します。

荷物を持ち出す際は、バーコードスキャンによって持ち出しをかけます。

しかし、荷物に関する情報などを追加する場合は手書きで書き加えたりするので、全てデータで管理とはいきません。

そして、佐川急便は受領書無しの貼付け伝票というものがあります。

それを代替えする紙伝票が配布されるのですが、何枚もあるその紙伝票の中からその都度配達先の伝票を抜き取らなければならない面倒な手間もあります。

《ヤマト運輸》

ヤマト運輸は佐川急便と違い、ほとんどの荷物情報がデータとして管理されています。

仕組みとしては、商品バーコードを端末でスキャンすると荷物に関する情報一覧が作成・保存されるようになっています。

そのため、スキャンした荷物は次々と積み込み作業ができるのでこの流れはスムーズに行えます。

また、データ作成時には組み込まれていない時間指定などもスキャンすると同時に変更できますし、もし時間指定がスルーされた場合でもメール確認後に端末を操作するだけでデータとして自動的に組み込まれる仕組みです。

手書き伝票や配送リスト作成などもないため、かなりスムーズに事が進みます。

 

現場までの移動距離

《佐川急便》

佐川急便はヤマト運輸と比較すると営業所が少ないのが弱いところです。

そのため、各拠点にドライバーが集中することも珍しくなく積み込み待ちが頻繁に発生します。

それだけでも時間が押すことに繋がりますが、営業所が少ないので、配達地域に到着するのも更に遅くなりますよね。

そのうえ、紙伝票の束から届け先を探しでちぎる作業もあるので、ヤマトと比べると全ての作業効率が良いとは言えません。

《ヤマト運輸》

ヤマト運輸はかなり細かく各地域に営業所が点在しています。

皆さんの家からもそう遠くない場所にあるのではないでしょうか?

そういったことから、ヤマト運輸では配達地域までの移動距離・時間がかかる事はありません。

そのため、配達場所へ早く到着できるのが強みです。

また、ほぼすべての荷物情報が端末処理によってデータ管理されるので、スムーズに作業が進みそういった面もとても優れています。

拠点が多いので積み込み待ちが発生することはたまにある程度です。

 

配車の組み方や違い

《佐川急便》

佐川急便は配車に関しても伝票でルートを組みます。

どれをとってもアナログな部分が多く時間を有効に使えていないのがもったいないところです。

伝票を一枚づつ配達順に並び変え、束にまとめます。

その束にしたものを上から順番に配達してこなしていくというルート組みをしています。

ベテランであれば細かな番地などの住所も頭に入っていてある程度スムーズに配送出来ると思いますが、慣れないうちは時間指定なども迫っているため大変な作業となります。

《ヤマト運輸》

ヤマト運輸はマップや時刻表でお馴染みの『ゼンリン』と連携しています。

住宅街が表示された地図をもとにルートを組んでいきます。

端末でスキャンした荷物の住所が点マークで表示され、それを順番にタップしていくと点と点が線で結ばれるように表示されます。

全ての荷物を終えると配達順がデータで整理され、それをもとにすると効率よく配達が行えます。

 

会社とのやり取りの違い

《佐川急便》

荷物が配達できなかった分は、営業所へ戻り持ち戻りという処理をします。

このとき、伝票を添えてカゴへ戻します。

代引きは金額に間違いは無いかの確認作業をし、判子を押します。

代引きは代引きだけで伝票をまとめたりと配達方法毎にまとめるので面倒です。

《ヤマト運輸》

出勤、退勤の時刻記入、日報を提出します。

伝票整理したものも配達完了伝票と日報と一緒にして提出します。

持ち戻った不在分の荷物は、そのままかごに戻すだけです。

データ管理が多いので効率が良い面もありますが、佐川と比較すると伝票の種類が多いため整理に時間がかかります。

 

配達方法の違い

《佐川急便》

佐川急便は基本的に置き配は禁止されています。

もしドライバーの勝手な都合で置き配をしクレームとなった場合、委託であれば即解雇と厳しいルールがあります。

代引きや集荷もします。

その作業でも時間はどんどん使われていき時間がかかります。

ドライバーにとっては手間となる事が多い佐川急便ですが、効率の良さ以上に商品を届けるまでの過程(品質)を重視しています。

《ヤマト運輸》

新型コロナウイルス感染防止の意味合いからも、ここ最近は置き配を推奨しています。

置き配は再配達をする手間や時間を省くことができ、お客さん側からしても不在時でも受け取れるメリットがありお互いにとって効率がいいです。

もちろん、置き配の許可を了承してもらった場合に限りますが。

また、委託ドライバーは代引きの荷物を担当する事はありません。

そのため配達という作業に専念出来ます。

配達完了の処理などもデータで管理出来るのでとても効率が良いと言えます。

ヤマト運輸のデメリット

ヤマト運輸のデメリットは、繁忙期の忙しい時期だけアルバイトなどを雇いますが、繁忙期が過ぎて落ち着けば契約は解除されてしまいます。

長期的に働いていたいと希望する人がいてもなかなかそうはいきません。

中には、ヤマトの繁忙期は必ず応募する人もいます。

また、ネコポスなどのポスト投函タイプ単価が非常に安いので、安いものは配りたくないというドライバーもいます。

気持ちは分かりますが、そういったドライバーは厄介もの扱いされて仕事をまわしてもらえないということにも繋がります。

佐川急便のデメリット

・とにかく伝票処理が多い

・端末が弱い

・やり方が効率悪すぎる

・置き配ができない

・時間指定漏れが多い

・拠点が少なすぎる

 

クロネコヤマトと佐川急便ならどっちで働く?

 

《庸車ドライバーとして勤務した場合》

佐川急便 ⇒ 自社ドライバーについては長距離運行は全て庸車へお願いしている

ヤマト運輸 ⇒ 路線ドライバー自体に空きがない状態、路線ドライバーになるにも集配ドライバーから段階を経てとなっているが実際は狭き門となっている

現状はこのような感じです。

特にヤマトに関しては、グループ企業の路線ドライバーへの就職もなかなか難しい状況といえます。

そこで、下請け会社のドライバーとして大手の運送会社に入り込むのが庸車です。

どちらもメリット・デメリットがありますが、仕事内容や労働時間、給料面などを比較しました。

以下の項目をご覧ください。

 

佐川急便とクロネコヤマトの給料チェック

 

まずは給料面から比べてみました。

私にはヤマト運輸、佐川急便どちらの会社にも知り合いがいます。

給料面について聞いたところ、佐川急便の方が給料が良いようでした。

理由としては、1回の運行での運賃が佐川急便の方が高いということです。

【同額での運行回数比較】

佐川急便 ⇒ 東京-大阪間  10回往復

ヤマト運輸 ⇒ 東京-大阪間 12回往復

出勤日数で換算すると、20日出勤と24日出勤で同額程度かそれ以上変わる場合もあり、この差は大きいといえます。

 

※ヤマト、佐川のもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗ヤマト、佐川の給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

佐川急便とクロネコヤマトの休日事情は!

 

《庸車の場合》

佐川急便 ⇒ 多くの会社で月の出勤日数は20日前後。仕事内容はきついが休みはしっかりもらえる。

ヤマト運輸 ⇒ 出勤日数は22日から24日の会社が多い。運賃は安くなりがちだが回数を走って稼げる感じ

佐川急便よりもヤマト運輸の庸車の方が出勤日数が多いです。

しかし、出勤日数が多い=休みが少ない ということですが、給料が高いわけでもありません。

一方で佐川急便の方は、仕事内容はきついようですがその分休みはきっちりもらえるようです。

一回あたりの運行賃金も高いので仕事内容がハードでも構わない人であれば佐川急便の方が稼げて休みもしっかり取れるのかもしれませんね。

 

佐川急便とクロネコヤマトの労働時間チェック

 

労働時間は、実際に積み込みをしている時だけでなく待機している時間も含まれています。

そう考えると、ヤマト運輸はバラ積みはほとんどなくカゴ輸送なのであっという間に積み込みは終わってしまいます。

一方で佐川急便はパレットものはほぼなくバラ積みがメインです。

この点を比較すると、断然ヤマトの方が積み込み作業は楽ですよね。

ヤマトの仕事をしたくて転職したドライバーも多く、労働時間や仕事内容を重要視している人もたくさんいます。

 

佐川とヤマトならおすすめはどっち

 

業界最大手のヤマト運輸と佐川急便ですが、やはりこの2社は比較の対象になりやすいですよね。

年収に関していえば、佐川急便は約400~500万円程度、ヤマト運輸はそれ以上もらえるといわれています。

もちろん、ただ給料が良いわけではありません。

日頃から頑張って昇格を重ねることで給料は上がり年収も増えていきます。

これらを踏まえておすすめするなら…

【しっかり稼げて休みもちゃんと取れる】 ⇒ 佐川急便

【給料はそこそこで良いから楽な仕事重視】 ⇒ ヤマト運輸

佐川急便は仕事内容がハードな分給料も良いです。

ヤマト運輸はカゴ輸送がメインなので、体力に自信がない人、そこまで稼がなくても良い人に向いています。

この2社で転職を考えている人はエージェントを活用するのがおすすめです。

私も登録していますが、相談だけでも聞いてくれるのでプロの目線の転職探しの話が聞けます。

また労働時間や給料面の交渉までしてくれるので、自分で交渉するのが苦手な方は利用することをおすすめします。

登録はこちらから簡単にできます。

>>リクルートエージェントはこちらから

 

佐川急便の路線便ってどうなの?

 

佐川急便の路線便はかなり大変です。

路線便に限らず、ドライバー業務はどれも同じくらい忙しくてきついと思います。

他の運送会社ではそれぞれ分担して業務が振り分けられていると思いますが、佐川急便は配達、集荷、集金、営業など一人のドライバーがすべてこなします。

かなりの激務です。

佐川急便には向き不向きがあります。

🔗自分が佐川急便ドライバーに向いているかチェックしてみる

 

ヤマト運輸の路線便ってどうなの?

 

ヤマト運輸の路線便は、その仕事内容から希望する人が多く、とても人気があります。

手積み手降ろしのでの積み込み作業は無いに等しいですし、基本的にカゴ輸送なのできつくて激務というわけではありません。

路線便は庸車を利用することがほとんどで、自社の路線便ドライバーは数少ないです。

そして、庸車ではなく自社の路線便ドライバーとして仕事をするには、ある程度の経験も必要です。

そこに至るまでにいくつかの試験や条件などをクリアする必要があります。

実際、庸車のドライバーからもヤマト運輸の路線便は人気で需要が高いです。

ヤマト運輸にも向き不向きがあります。

🔗自分がヤマト運輸ドライバーに向いているかチェックしてみる

 

佐川急便の下請けはきつい?

 

佐川急便の下請けにもいくつか種類があります。

個人事業主(完全な自営業)としての働き方、下請け会社の正社員もしくは非正規社員として勤務するといった主に三通りの働き方があります。

佐川急便の下請けは、荷物1個に付きいくらと値段が決まっていてその単価が低いとも言われています。

下請けとしての収入は、配達した荷物がそのまま収入につながるので、頑張ればもちろん稼げますが、その努力はかなりのものです。

実際に稼げている人とそうでない人どちらもいるようで、どういった働き方で下請け業務をするのか(個人なのか正社員なのか)、そしてその人の経験も収入に繋がります。

経験豊富な人は知識やスキルがある分、多少辛くて忙しくてもなんとか乗り切っていけますが、初心者の人は労働力と収入が見合わず辞めていく人も多いのが現状です。

 

佐川急便の下請けの給料は安い?

 

佐川急便の下請けとして働いた場合の収入は、荷物一つに値段が設定されています。

仮に100個の荷物を配達するとして、100×●●=収入となります。

もちろん全額収入になるわけではなく、そこから諸費用引かれます。

働く地域によってその金額は変わると思いますが、首都圏を例にすると荷物1つの値段は平均して110円となっているようです。

更にはそれ以下の金額になる荷物もあるようで、そのひとつがAmazonの荷物で1個90円と言われています。

配達すればするだけ単純に収入も上がりますが、現実は再配達などもありそう簡単にいきません。

給料ははっきり言って高いとは言えませんね。

 

ヤマト運輸の下請けの給料はいくら?

 

ヤマト運輸の下請けも、荷物一つに金額が設定されています。

こちらも、配達した荷物の多さで収入が変化する出来高制になっています。

しかし、佐川急便と違う部分はまさにその値段設定です。

ヤマト運輸は一件につき150円前後となっていて、収入は比較的安定していると言われています。

出来高制なのでやればやるだけ収入に繋がりますが、その分の努力は計り知れないくらい大変でしょう。

 

ヤマト運輸から佐川急便に転職した人の口コミとは!

 

給料面や業務内容などを比較すると、そこまで大きな差は正直無いようです。

どちらも大手なので、それなりに荷物の量はありますし、忙しさや辛さも同じくらいあります。

ただ、佐川急便の方は体育会系色が強く、研修中から厳しい環境で業務するような雰囲気で泣き出してしまう人も中にはいると言います。

どちらの会社もメンタル面が強くなければ勤まらないとは思いますが、佐川急便はよりそう感じます。

 

あなたは休みと給料どっちを選ぶ?

 

やっぱり、休みは少なくても良いからその分仕事をして少しでも稼ぎたいと言う人が運送業界(特に下請け)では多いように感じます。

私だったら難しいところですが、やっぱり休みが欲しいですね。

若ければまた違った考えになったような気もしますし、この部分は人それぞれ。

何を重要視していくかはその人次第です。

稼ぎたい気持ちはあっても体がついてこない場合もありますし、この2択は単純にやる気だけではなく、年齢層も関係してくるような気がします。

 

佐川急便orヤマト運輸のもっと詳しい情報や転職のコツ

トラック運転手におすすめの転職エージェント
佐川急便やヤマト運輸の実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近の運送業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
未だにブラック企業の多い運送業ではエージェントにしっかりと中に入ってもらった方が安心できます。

運送業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントで佐川急便やヤマト運輸の詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、佐川急便やヤマト運輸が隠れている可能性は高いです。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントで佐川急便やヤマト運輸の相談をする

さいごに

 

なにかと比較対象になるヤマト運輸と佐川急便についてお話しました。

あくまでも目安なので、同じヤマトや佐川でも地域や会社によって給料は変わってきます。

自分には何が合っているのか、向いているのは何かを見極めることが仕事を長く続けられる秘訣です。

最後までご覧頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました