スポンサーリンク

佐川急便かヤマト運輸の路線便働くならどっち?年収や給料チェック!

佐川急便かヤマト運輸働くならどっち? 運送会社
スポンサーリンク

 

ヤマト運輸や佐川急便と取り引きをしている下請け会社(庸車)は多いですが、路線ドライバーとして働くならどちらの会社がいいのでしょうか?

ちなみにそういった下請け会社は、求人サイトでの募集要項欄に記載されている主要取引先が佐川急便やヤマト運輸、西濃運輸などの大手運送会社が書かれています。

今回の記事では、路線ドライバーとして働くなら佐川急便かヤマト運輸どちらがより良いのかを独自に調べてみました。

 

クロネコヤマトと佐川急便ならどっちで働く?

 

《庸車ドライバーとして勤務した場合》

佐川急便 ⇒ 自社ドライバーについては長距離運行は全て庸車へお願いしている

ヤマト運輸 ⇒ 路線ドライバー自体に空きがない状態、路線ドライバーになるにも集配ドライバーから段階を経てとなっているが実際は狭き門となっている

現状はこのような感じです。

特にヤマトに関しては、グループ企業の路線ドライバーへの就職もなかなか難しい状況といえます。

そこで、下請け会社のドライバーとして大手の運送会社に入り込むのが庸車です。

どちらもメリット・デメリットがありますが、仕事内容や労働時間、給料面などを比較しました。

以下の項目をご覧ください。

 

佐川急便とクロネコヤマトの給料チェック

 

まずは給料面から比べてみました。

私にはヤマト運輸、佐川急便どちらの会社にも知り合いがいます。

給料面について聞いたところ、佐川急便の方が給料が良いようでした。

理由としては、1回の運行での運賃が佐川急便の方が高いということです。

【同額での運行回数比較】

佐川急便 ⇒ 東京-大阪間  10回往復

ヤマト運輸 ⇒ 東京-大阪間 12回往復

出勤日数で換算すると、20日出勤と24日出勤で同額程度かそれ以上変わる場合もあり、この差は大きいといえます。

 

佐川急便とクロネコヤマトの休日事情は!

 

《庸車の場合》

佐川急便 ⇒ 多くの会社で月の出勤日数は20日前後。仕事内容はきついが休みはしっかりもらえる。

ヤマト運輸 ⇒ 出勤日数は22日から24日の会社が多い。運賃は安くなりがちだが回数を走って稼げる感じ

佐川急便よりもヤマト運輸の庸車の方が出勤日数が多いです。

しかし、出勤日数が多い=休みが少ない ということですが、給料が高いわけでもありません。

一方で佐川急便の方は、仕事内容はきついようですがその分休みはきっちりもらえるようです。

一回あたりの運行賃金も高いので仕事内容がハードでも構わない人であれば佐川急便の方が稼げて休みもしっかり取れるのかもしれませんね。

 

佐川急便とクロネコヤマトの労働時間チェック

 

労働時間は、実際に積み込みをしている時だけでなく待機している時間も含まれています。

そう考えると、ヤマト運輸はバラ積みはほとんどなくカゴ輸送なのであっという間に積み込みは終わってしまいます。

一方で佐川急便はパレットものはほぼなくバラ積みがメインです。

この点を比較すると、断然ヤマトの方が積み込み作業は楽ですよね。

ヤマトの仕事をしたくて転職したドライバーも多く、労働時間や仕事内容を重要視している人もたくさんいます。

 

佐川とヤマトならおすすめはどっち

 

業界最大手のヤマト運輸と佐川急便ですが、やはりこの2社は比較の対象になりやすいですよね。

年収に関していえば、佐川急便は約400~500万円程度、ヤマト運輸はそれ以上もらえるといわれています。

もちろん、ただ給料が良いわけではありません。

日頃から頑張って昇格を重ねることで給料は上がり年収も増えていきます。

これらを踏まえておすすめするなら…

【しっかり稼げて休みもちゃんと取れる】 ⇒ 佐川急便

【給料はそこそこで良いから楽な仕事重視】 ⇒ ヤマト運輸

佐川急便は仕事内容がハードな分給料も良いです。

ヤマト運輸はカゴ輸送がメインなので、体力に自信がない人、そこまで稼がなくても良い人に向いています。

この2社で転職を考えている人はエージェントを活用するのがおすすめです。

私も登録していますが、相談だけでも聞いてくれるのでプロの目線の転職探しの話が聞けます。

また労働時間や給料面の交渉までしてくれるので、自分で交渉するのが苦手な方は利用することをおすすめします。

登録はこちらから簡単にできます。

>>リクルートエージェントはこちらから

 

さいごに

 

なにかと比較対象になるヤマト運輸と佐川急便についてお話しました。

あくまでも目安なので、同じヤマトや佐川でも地域や会社によって給料は変わってきます。

自分には何が合っているのか、向いているのは何かを見極めることが仕事を長く続けられる秘訣です。

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました