スポンサーリンク

西濃運輸ドライバーの仕事はきつい?辞める理由を暴露!

西濃ドライバーきつい? 運送会社
スポンサーリンク

 

長距離輸送から一般向けに宅配など、お馴染みの大手などが昨今の物流事情を支える中、西濃運輸も主な物流を支える運送業界の一社として大変活躍しています。

今回その西濃運輸という会社自体についての事柄はもちろん、「仕事の内容やキツさ・辞めるときの理由」や「ドライバーとしてのメリット」、そして「西濃運輸のドライバーに転職する」などという時のコツなどについても見ていきます。

 

西濃運輸ドライバーの年収や給料明細についてはこちらでご紹介しています。

西濃運輸ドライバーの給料は安い?平均年収や口コミ、評判を暴露!
業界では長距離の運送でよく知られており、一般の間でもカンガルー特急便として親しまれてる西濃運輸。 今回はその西濃運輸でドライバーとして働く従業員たちの給料は安いのか、年収や給料明細とドライバーとしては稼げるのか?稼げないのか?...

 

西濃運輸の会社概要

 

正式名称は「西濃運輸株式会社 (SEINOU TRANSPORTATION CO.LTD.)」とされており、持ち株会社のセイノーホールディングスが親会社となっており、西濃運輸はその子会社であり現在は岐阜県大垣市に本社を置いています。

世間ではカンガルー便としても親しまれてる「カンガルー特急便」を中心にした物流サービス事業を行なってる会社です。

資本金は1億円、従業員の総数は10000人を超えてると言われており、もともとは長距離運送として知名度もあって現在でもその名残から大量の商業物流を扱う業務を主体としています。

 

 

西濃運輸ドライバーの仕事内容や1日の流れとは

 

西濃運輸ドライバーの主な仕事内容としては、荷物を積んだトラックを運転し、その積んでる荷物を配送先に届けることが基本となります。

その基本的な流れとなる1日を、セールスドライバーを例に朝の出社後から見ていきましょう。

●出社後、8時以降から荷物の積み込みが開始され、その際に同時進行として配達のルートを確認もしていきます。

積み込み作業に関して重い荷物となれば基本フォークリフト作業となります。

●積み込み完了後出発となり、基本的には朝の配達から集荷は午前中に行ない、午後には一往復できるようにするのが目安です。

●午前午後の配達集荷業務が終了すれば支店もしくは営業所に帰社となり、その1日の業務が終了します。

基本的に業務終了としては17時15分が定刻となりますが、この時間で終わらなければ残業となることがほとんどです。

以上が簡単ではありますが西濃運輸ドライバー仕事内容と1日の流れとなります。

 

 

西濃運輸ドライバー仕事は過酷できつい?

先述では主な仕事の内容についても触れていますが、その配達と集荷などを主な業務としているため荷物の積み下ろしが多く、体力的にきついと言えます。

またセールスドライバーなどでは必ずと言っていいほど再配達の手間がある事や、ノルマなども課せられ残業も多いとされてます。

残業が多ければ仕事は終わるまで帰れずプライベートな時間まで取ることができないという事もあってきついと言えます。

ドライバーであればどんな仕事内容でも楽なものはありません。

 

 

西濃運輸ドライバーを辞めていく理由とは

 

仕事というのはその人にとっては必ずしも生涯の天職とは限りません。

自身にとっても仕事を辞めるとなれば理由も様々です。

次に西濃運輸のドライバーとして仕事をされてる方々がどのような理由のもとで辞めていくのかを見ていきます。

、一般的な理由からその会社特有の理由を踏まえ以下の4つを挙げました。

 

●拘束時間が長いとされる

●通常の残業にならんでサービス残業も多い

●給料が上がらない、その理由として年功序列がある

●体力的なキツさから精神的なキツさが来る

 

これ以外に一般的なものが人間関係が上手くいかずなども一番多い理由として挙げられます。

 

 

 

西濃運輸ドライバーのメリットは何?

 

つぎは西濃運輸のドライバーを仕事としてやって行けず辞める方もいれば、辞めずに頑張れたという理由もあるものです。

そこで頑張れてるドライバーとしてのメリットなどを以下の4つあげて見ました。

●正社員として定年まで働くことができる

●待遇も充実した福利厚生が完備されてる

●休日はしっかりとある

●未経験でも働ける

など正社員として安定した雇用や福利厚生が充実されてることは嬉しいですね。

年間休日が115日の週休2日となってることが休日しっかりと休める理由となってます。

 

 

西濃運輸ドライバーへの転職を成功させるコツ

 

どのような職に就くにも、全てが共通してるのはその仕事に対しての「本人のやる気」です。

そこには自身が希望している会社に認められなければなりません。

経験者であれば面接官に対して自身の持つ熱意と情熱をどのように伝えるかなどにかかってきますが、これまでの職が畑違いの未経験者であればどの会社であっても会社側は抵抗があるもの。

本意ではなくても一旦他の雇ってもらえる運送会社で似たような経験を積んで、再度転職を試みるのも西濃運輸ドライバーへの転職を成功させるコツでもあります。

 

 

まとめ

 

まとめ

 

このように西濃運輸でのドライバーに限らず、他の運送業社のドライバーであってもその「人自身にとって仕事の合う合わない」は必ずと言って程あります。

辞めることに対して消極的な考えと次に向けた向上心満々の方どちらもいます。

他の意見も参考にしつつ、自分に正直な行動を取ることは自分にとって一番ベストなのかもしれませんが、「どんな状況下でも壁というのは必ず生じる」という事も少しだけでも頭の片隅に置いとくと良いかもしれませんね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました