スポンサーリンク

タクシードライバーはきつい?必要な資格や仕事内容、給料や年収はいくら?

タクシードライバーきつい タクシードライバー
スポンサーリンク

 

街中、繁華街、駅周辺などでよく見かけるタクシー。

高齢者ドライバーのイメージが強いかもしれませんが、セカンドキャリアとして始めやすいという事はご存じでしょうか?

そして現在では、老若男女と幅広い層が活躍できる職場でもあり、ドライバーの募集は途切れることはありません。

今回は、そんなタクシードライバーを始める為に必要な資格や、気になる収入などを解説していきたいと思います。

是非最後まで読んで参考にして下さい。

 

※タクシードライバーのもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

・簡単登録で無料で利用できます。
・アドバイザーが丁寧にサポートしてくれます。
・情報収集にもご利用ください。

🔗タクシードライバーの給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

タクシードライバーの仕事内容とは

 

多くのタクシー会社は【昼日勤】【夜日勤】【隔日勤務】の勤務形態を採用しています。

それでは3種類の勤務の流れを見てみましょう。

 

【昼日勤】

 

働く時間帯は日中平均8時間程勤務日数は月に22~24日前後です。

規則正しく、あまり体に負担をかけたくない人や女性ドライバーが多いのが特徴です。

 

【夜日勤】

 

働く時間帯は夕方5時~夜2時ぐらいで、勤務日数は月22~24日前後です。

料金は深夜割増になるため、勤務時間は変わりませんが昼日勤に比べ収入が多くなります。

 

【隔日勤務】

 

1日の勤務時間は20時間前後(間3時間ぐらいの休憩はとれる)

勤務日数は月11~13日前後で残りの日数は休日となります。

1回の乗務時間が19時間を超えた場合は、次の勤務まで20~30時間ほど間をあけなければ乗務できない決まりなので、勤務翌日は必ず休日となります。

 

タクシードライバーに必要な資格や免許は

 

まず、タクシードライバーは会社員と個人の2つから選べます。

この2つを始める為に必要な条件や資格が異なります。

まず絶対に必要な資格は【二種免許】です。

そして、あまり聞きなれない資格かもしれませんが、一部の都心エリアで働く場合には【地理試験の合格】という資格も必要になります(東京、神奈川、大阪の一部エリア)

ここまでが会社員、個人の場合に必要な資格です。

さらに個人で始めようとすると、2年以上の乗務員実績を得て、個人タクシー協会に申請をして許可を貰えれば個人事業主として仕事が出来ます。

 

タクシードライバーはきつい?

 

タクシードライバーがキツイと思われるのは、その仕事内容が特殊な事が原因かもしれません。

人を目的地に届ける仕事ですので、物言わぬ荷物と違いトラブルが起こりがちです。

例をあげると

 

・売り上げのノルマ

・不規則な生活

・泥酔の客

などと1度は聞いたことがあるキーワードではないでしょうか?

ただ私が思うに、売り上げのノルマに関しては少しメディアが誇張しているかな?と感じます。

 

タクシードライバーの給料や年収とは

 

平均年収は348万円ほどで、平均月収がおよそ24万円です。

他のドライバーの仕事と比べると少なく感じるかもしれませんが、タクシードライバーにはある事情があります。

それはドライバーの平均年齢が高い事です。

地域などでも変わりますが2018年度の平均年齢が60.1歳となっており、セカンドキャリアとして始める人もいるので、平均年齢が高くなりやすい職業です。

中には年金を貰いながら働いているドライバーがいるので、こういった平均年収に落ち着きます。

それでは全く稼ぐことの出来ない業界なのか?というとそんな事はありません。

タクシー業界は歩合制を採用している会社が多く、会社との取り分は売り上げの50~60%ぐらいが平均ですので、稼げる人は平均年収600万円以上稼げる人もいます。

 

タクシードライバーに向いてる人、向いていない人

 

楽して稼ぎたい人や、運転が苦手な人は向いていません。

タクシードライバーの給料は、頑張った分だけお金になる歩合制度が一般的です。

普段から頭を使いながら仕事が出来る人は、自然と売り上げもついてきます。

よくドライバー業は「馬鹿でもできる仕事」などと揶揄されますが、頭を使って稼ぐ人は口よりも先に行動して実績を上げていき、頭を使わず文句をばかり言っている人が目立つだけです。

 

あなたはタクシードライバーに向いていますか?

タクシードライバーは向いていないと長くは続きません。

向き不向きは性格診断テストで調べることができます。
一度性格診断テストでチェックしてみましょう。

>>タクシードライバーに向いているかチェックしてみる

タクシードライバーを辞めたい原因は?

 

お金にまつわる原因が1番多いようです。

ベテランドライバーともなると、長年の経験からありとあらゆる情報を頭に入れて働くことが出来ます。(天候や時間帯、月初、月末など)

しかし、駆け出しのドライバーはそういうわけにはいきません。

休憩も取らずに働いても売り上げを上げれない!といった人も中にはいます。

そういった人は早めに見切りをつけて辞められます。

そして、タクシードライバーは横の移動が頻繁にある業界です。

違うタクシー会社の方が歩合の配分率がいいよ!と聞くとそちらの会社に移っていきます。

【二種免許】といった特殊な免許を持っている事と、個人でも営業できる事から、他ジャンルのドライバーになるよりも、同じ業界に留まる人が多いようです。

そして、人を目的地に届ける仕事ゆえに、人間関係のトラブルもついてきます。

そういった理不尽な事が嫌になって辞められる人もいます。

 

タクシー運転手の求人募集やもっと詳しい情報はこちらから

トラック運転手におすすめの転職エージェント
タクシードライバーの実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近のタクシー業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
未だにブラック企業の多いタクシー業界ではエージェントにしっかりと中に入ってもらった方が安心できます。

タクシー業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントでタクシードライバーの詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントでタクシードライバーの相談をする

まとめ

 

タクシードライバーの平均年齢が高いのは、セカンドキャリアとして始める人が多いからで、収入は歩合制度を導入している会社が一般的な業界です。

勤務時間も【昼日勤】【夜日勤】【隔日勤務】の3つから選べて、高齢者でも無理なく働くことのできる仕事です。

ただし、地域の地理や人の動きが活発になる時間帯などを把握しておかないと、給料が上がらない実力主義の業界です。

タイトルとURLをコピーしました