スポンサーリンク

タクシーの配車係はきつい?仕事内容や給料、年収を暴露!

タクシー配車係はきつい 運行管理
スポンサーリンク

 

タクシーの配車係は、キツイという方が多いようです。

それは体力的ではなく精神的にキツイです。

ドライバーからの文句やお客様からのクレームなどでストレスが溜まるようです。

中には「うつ病」になる方もいます。

そこで今回は、タクシー配車係はきついのか、その仕事内容や収入などについて解説していきます。

 

※タクシーの配車係のもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗タクシーの配車係の給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

タクシーの配車係とは

 

配車係について紹介します。

 

1.配車係の役割

 

①お客様に最適なタクシードライバーを手配する役目

タクシー会社では、タクシードライバー以外に社内で待機する「配車係」を置いているのが一般的です。

お客様からの電話を受けた後、その目的や条件に合った最寄りのタクシードライバーを手配することが主な役割です。

 

②正確さとスピード

お客様からの正確な情報を、限られた時間内で最寄りのタクシードライバーに伝えるのが主な仕事です。

その為、迎えに行く時間や目的地といったお客様の要望はもちろんですが、迎えに行く場所や氏名、連絡手段なども把握しておく必要があります。

お客様の要望はタイムリーであることから、「時間厳守」を守るために適切な状況判断能力も求められます。

 

2.タクシー業界に不可欠な運行管理業務

 

配車係は運行管理者で、いわば営業所のリーダー的存在です。

配車係は「運行管理者」の資格が必要です。

この資格は、国家資格で年2回試験が実施されています。

受験資格は「自動車運輸事業者の運行管理に関する実務経験が1年以上」などの規定があります。

 

タクシーの配車係の仕事内容とは

 

配車係とはどのような仕事なのでしょうか。

ここでは仕事内容を紹介します。

 

1.仕事内容

 

主な仕事内容は、お客さんからの電話により適切な車用に迎えに行くように配車する仕事です。

配車係に必要な能力は以下の通りです。

 

・常識的な電話対応

・ある程度のパソコンの文字入力

・適切な車両に配車する判断力

 

「判断力」については、経験を重ねる毎に自然と身についてきます。

 

2.仕事の流れ

 

配車係ごとの流れを簡単に紹介します。

 

①電話対応

お客様から配車依頼の電話がかかってきたら、迎えに行く場所や住所、氏名などを聞き取ります。

②車両への配車指示

住所や氏名などをパソコンに入力し、メッセージを車両に送信します。

③ドライバーが了解すると配車完了

車両へ送信されると、ドライバーは「了解」ボタンを押して、メッセージに記載されている場所に迎えに行きます。

 

これで配車指示は完了です。

仕事の流れは、この3つの工程の繰り返しです。

 

3.GPSシステムの採用による業務の効率化

 

現在では「GPS配車システム」を採用している会社が大半です。

配車係のパソコンのモニター画面の地図上に現在位置の車両番号が表示されています。

例えば

・空車の場合:緑色表示の車両番号表示

・実車の場合:赤色表示の車両番号表示

この様に稼働状況がリアルタイムで把握できます。

 

<GPS配車システムの特徴>

①実車や空車、回送車両や休憩車両など今現在の車両情報を常に把握できるので、効率よく迅速な配車が出来ます。
②「予約登録機能」があり、予約漏れの無い配車が可能で、予約登録された配車時間になると、自動音声で知らせてくれるものもあります。
③配車後の経過時間が表示され、遅延やお客様の連絡など未然にトラブルを防ぐ処理が可能です。
④緊急時、車両の緊急スイッチと連動して、配車システムに「緊急信号」を自動送信し、110番通報など迅速な対応が取れます。
⑤配車指示が車両のナビと連動しているので、目的地を正確に支持することが出来ます。
⑥お客様からの電話は、配車係のパソコンモニターに電話番号が表示され、公衆電話や非通知なども把握できます。

また電話を受けた時点で自動録音される機種もあります。

 

給料をあと5万円上げたくありませんか?
下記のページをご覧いただけると簡単にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

タクシーの配車係はきつい?

 

タクシーの配車係はキツイと感じる方が多いようです。

体力的ではなく、ストレスによる精神的な面がキツイです。

ここでは配車係について解説していきます。

 

1.配車係のストレスの原因

 

①お客様からのクレーム

ドライバーのミスなどで、お客様からクレームの電話があります。

その時の対応も配車係の仕事です。

中には理不尽なクレームを言ってくるお客様もいる様で、この様な対応もしなければいけません。

お客様からのクレーム対応は、かなりのストレスになるようです。

 

②ドライバーからの文句

お客様が待っている場所にタクシーが到着してもお客様がいない場合、配車係に確認の連絡が入ります。

ドライバーの中には短気な性格の人もいるので配車係に強く文句を言ってくる人もいます。

またドライバーが忙しかったり、渋滞などでイライラしている時に、次のお客様の依頼をすると「間に合わない」などと文句を言うドライバーがいます。

この様な時は辛いようです。

 

③仕事が忙しい場合

お客様からのタクシーの依頼が多い場合、配車係は上手に配車をしなければいけません。

忙しい時にドライバーの位置や状態(実車なのか空車なのか)を把握していないと出来ません。

経験が浅い場合は、この様な時に上手に配車することが出来ず、お客様を待たせたり、お客様から遠いドライバーに依頼したりとクレームに繋がるミスをしてしまいます。

配車係はストレスが溜まる方が多く、中には「辞めたい」と考えている方や「うつ病」などの精神的な病気になる方もいる様です。

 

2.配車係に向いている人・向いてない人

 

配車係には、向いている人・向いてない人がいます。

どのような人が向いているのでしょうか。

紹介していきます。

 

<向いている人>

電話対応はもちろんですが、ドライバーともコミュニケーションを取るため、社交的な人が向いています。

 

<向いていない人>

向いている人とは逆に、コミュニケーションが取れない人は向いていません。

また気の弱い人も向いていないようです。

これは、クレームなど強い口調で言われた時にパニックになってしまい業務に支障が出るためです。

 

タクシーの配車係へ転職をお考えの方は一度性格診断チェックをしておくことをおすすめします。

こちらは高機能でかなり信頼性の高い診断チェックテストになっています。

ぜひ診断してみてください。

🔗自分がタクシーの配車係に向いているかチェックしてみる

 

タクシーの配車係の給料や年収はいくら?

 

気になる配車係の給料や年収について紹介します。

<給料>

ドライバーは「歩合制」ですが、配車係は「固定給」となるので給料は安定しています。

ドライバーと配車係の比較を見てみましょう。

・ドライバー:約20万円~25万円+歩合

・配車係:約20万円~30万円

 

<年収>

平均年収は300万円~500万円です。

大手企業だと600万円以上期待できるところもあります。

会社の規模や勤続年数で変わってくるので参考程度にしておいて下さい。

 

タクシーの配車係の評判や口コミとは

 

実際にタクシー配車係している方の意見を紹介します。

 

・給料は固定給なので、収入は安定しているの気分的に楽です。

・常時複数対戦で運用しているので、周りの人とコミュニケーションを取り楽しく仕事が出来る。

・利用者が少ない日や時期があり、この様な時は暇を持て余し時間の経過が長く感じる。

・ドライバーに、おかしな配車をしてしまうと怒られたり嫌われたりするので気を使う。

・給料は固定給で安定していますが、出世しないと給料が上がらない。

などの意見がありました。

人によって感じ方が違う様です。

 

タクシー配車係の志望動機の書き方とは

 

タクシー配車係の志望動機の書き方について紹介します。

 

1.必要なスキル

 

①電話対応

②地理

③パソコン操作

この3つは必要になります。

この事について強くアピールしていきましょう。

またこれらの経験があれば、積極的にアピールすると良いです。

 

2.志望動機を書く時のポイント

 

①「なぜ」を掘り下げて書く

志望動機では「なぜ」を掘り下げて書くことを意識しましょう。

そうすることで説得力が増してきます。

「なぜ」の部分を述べる時は、自分の経験談をエピソードとして取り入れると、より好印象となります。

それは体験談があることで、具体性と説得力も増すためです。

志望動機に経験を盛り込むには、自己分析を行っておく必要があります。

 

②結論から述べる

志望動機では結論から書くこともポイントです。

結論から書くことで、相手に話が伝わりやすくなるほか、読み手に興味を引き付けることが期待できます。

 

③その企業ならではの魅力を述べる

志望動機では、企業の何に魅力を感じて志願したかをハッキリと伝える必要があります。

その企業ならではの魅力を伝えることで、入社意欲を示すことが出来ます。

企業ならではの魅力を伝えるには、事前に調べたり分析する必要があります。

 

④入社後やりたい事を述べる

入社後に自分がどのような仕事がしたいのかなどを述べましょう。

また目標を述べないと熱意を伝えることが出来ません。

向上心がないとマイナス評価をされる可能性があります。

これからタクシー配車係の職を考えている方は、参考にしてみて下さい。

 

タクシーの配車係のもっと詳しい情報収集や求人はこちら

トラック運転手におすすめの転職エージェント
タクシーの配車係の実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近の運送業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
未だにブラック企業の多い運送業ではエージェントにしっかりと中に入ってもらった方が安心できます。

運送業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントでタクシーの配車係の詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントでタクシーの配車係の相談をする

まとめ

 

今回はタクシーの配車係について紹介しました。

配車係の仕事はキツイと感じる方は、多いようです。

その理由は先程紹介したように、お客様からのクレームやドライバーからの文句などによるストレスが主な原因です。

この様な対応を配車係はしないといけないのです。

今回の記事のポイントは配車係の仕事内容です。

基本的な仕事は、お客さんからの電話により適切な車用に迎えに行くように配車する仕事です。

これからタクシーの配車係の職を考えている方は、事前にタクシー会社の給料面や仕事内容をよく確認して選ぶようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました