本ページはプロモーションを含みます
スポンサーリンク

テストドライバーになるには!年収や仕事内容、求人はどこで探す?

記事内にプロモーションを含む場合があります
テストドライバー 転職
スポンサーリンク

テストドライバーに憧れる人も多いのではないでしょうか。 

自動車メーカーやタイヤメーカーに就職すると、テストドライバーになることが出来ます。

男性の中には子供の頃に「将来の夢」などで、テストドライバーに憧れた人も少なくないでしょう。

このテストドライバーは、私たちが思っている以上に危険が伴う仕事です。

では、テストドライバーの収入や仕事内容など気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はテストドライバーの仕事内容や必要な資格、年収、求人募集についてご紹介します。

テストドライバーのもっと詳しい情報はこちらから!

テストドライバーの給料や年収などのリアルな情報や求人募集はリクナビで探す事ができます。
今すぐ転職する気がなくてもテストドライバーの新規求人や設定した条件に合った企業があると知らせてくれるので必ずお気に入り登録をしておきましょう。
テストドライバーは人気職なので最新の情報を誰よりも早くゲットすることがコツです。

>>リクナビでテストドライバーの最新情報をゲットする

※登録は超簡単5分で完了します。
※ずっと無料で使えるので他の職業なども含めて情報収集にご活用ください。

 

スポンサーリンク

テストドライバーとは

テストドライバーで最も重要なのは判断に必要なデータを揃える事です。

・走行中の振動
・ロードノイズ
・前後加速度
・横加速度

など自動車が設計された通りに性能が発揮できているかをテストドライバーが実際に走行して数値化します。

このデータが本来の設計通りでない場合、自動車にトラブルが起きます。

テストドライバーは、試作中や開発中の車が設計された通りの性能を走行する事で体感します。

それらをデータにしなければいけません。

 

テストドライバーの仕事内容とは

テストドライバーは、誰でも聞いたことがある職業だと思います。どのような仕事内容なのか気になる人がいるのではないでしょうか。

ここでは、実際にどのような仕事をしているのかを紹介します。

◎仕事内容

具体的な仕事内容は次の通りです。

①自動車本体やタイヤ性能をテスト

自動車本体だけでなくタイヤにも欠陥がある場合、事故を誘発してしまいます。

設計者の意図通りに試作品が出来ないこともあります。なので試作品の自動車を繰り返してテストをする必要があります。

テストは「タイヤ関係」「エンジン関係」「乗り心地について」など様々あります。

テストで感じたことをレポートで伝え、完璧な自動車に仕上げて行きます。

テストで完璧に仕上げないと本格的な製造が出来ません。

②データ収集や分析

運転中の状況は様々です。

・雨天走行
・霧の中での走行
・デコボコ道の運転
・滑りやすい道での運転

などあります。

テストドライバーは、これらの条件を想定して何回も繰り返しテストをします。

 

テストドライバーになるには!必要な資格とは

どのような資格がテストドライバーには必要なのでしょうか。

1.必要な資格

最低限必要なのは普通自動車免許です。

大型免許や大型特殊免許は、特殊車両のテストドライバーには必要になります。

また、海外でテストする場合は国際運転免許が必要になります。

※企業によっては独自の資格を発行している所もあるので注意しましょう。

2.必要なスキル

テストドライバーになるには、資格だけでなくスキルも求められます。

①高い運転技術

一般道では制限速度が決まっているので100㎞/hで走行することは余りないでしょう。

テストドライバーは、高速走行のまま転回するなど高度な技術が必要となります。この様なテストは、専用の道路で繰り返し行われています。

雨天や霧の中など運転状況が悪い中でもこの様なテストを行うので高度な運転技術と危険が伴います。

②判断能力

様々な事を想定してテストをするので、一般道とは違う走りが要求されます。

なので、トラブルが起きても冷静に対応できる判断力が必要となります。

この様な判断力は直ぐには身に付きませんが、経験を重ねて行く必要があるようです。

③分析能力

テストドライバーは、自動車を走行させるだけでなく、様々な分析をしないといけません。

実際に試乗して得たデータは商品開発において重要なデータとなり、そのデータの根拠を分析し商品開発に生かしていかなければいけません。

 

テストドライバーの年収はどれくらい?

テストドライバーの年収はメーカに所属している場合550万円~650万円くらいと言われています。

一般的なサラリーマンと比べると少し良いという感じです。

委託でテストドライバーになった場合350万円~450万円くらいと言われています。

年収については、企業によって異なるようです。またキャリアなどでも変わってくるようです。

 

テストドライバーの求人はどこで探す?

テストドライバーの求人を見かける機会は余りないと思います。

では、どのようにして探せばよいのでしょうか。

①自動車メーカーやタイヤのメーカーに所属

自動車メーカーやタイヤメーカーに所属している社員が行うケースが多いです。

自動車の開発は、継続的に実施されます。なのでメーカーで働く社員の方が都合が良いようです。

②メーカー直属の委託会社に就職

メーカー直属の委託会社に就職する事で、テストドライバーになることが出来ます。

委託会社から派遣会社にテストドライバーを依頼する事もあります。

一般的な求人雑誌やインターネットなどでもテストドライバーの求人は募集しています。

小まめに探すと見つかりますよ。

自動車産業が盛んに地域では、比較的募集が多いです。

テストドライバーのリアルな情報はこちらから

テストドライバーの給料や年収、募集内容や実際に求人のある企業を見てみたい方は「リクナビ」で情報を調べる事ができます。
デザイン性がよくスマホで簡単に操作できます。
自分に合った条件で絞り込み検索ができ、応募までできるので無料とは思えないほど便利です。

>>リクナビでテストドライバーの詳しい情報をゲットする

※5分で簡単に登録ができます。
テストドライバーの基本的な情報が手に入るので必ず登録しておきましょう。

 

まとめ

今回は、テストドライバーについて紹介しました。

テストドライバーは、自動車が設計された通りに性能が発揮できているか、何回も繰り返し走行テストをするドライバーです。

主な仕事内容は、先程紹介した2つです。様々な天候や路面状況を想定してテストを行います。

その他にも年収なども紹介しているので参考にしてみて下さい。

これからテストドライバーになろうと考えている方は、今回の記事を参考にしてみて下さい。