スポンサーリンク

トレーラー運転手の給料は安い?年収や給料明細を暴露!

トレーラー運転手の給料 ドライバー全般
スポンサーリンク

 

今回は トラックドライバーの中でも 収入面に期待が持てるトレーラー運転手について、色々と解説していきたいと思います。

トラック業界の基本として抑えておきたいところが「車が大きければ給料も多い」これが基本となります。

となるとトレーラー車はかなり大きいですよね?

そんなトレーラー運転手の気になる平均年収などを暴露していきますので最後まで読んで是非参考にしてください!

 

トレーラー運転手の平均年収はどれぐらい?

 

平均年収は400万円~600万円となります。

トレーラーの運転手は荷物によって給料も変わってくるのと、移動距離や歩合などでも変わってくるのでこの幅になります。

海上コンテナの仕事には長距離輸送があまりないのでトレーラー運転手の中でも低くなりますが、歩合制を導入している会社もあるので1日何回も運搬すれば給料も上がっていきます。

あとは、ガソリンや危険物を運ぶ仕事も給料は高くなります。

基本的に会社ではトレーラー運転手の基本給は高い設定になっている場合が多いですが、それとは別で基本給は一律同じでも、その他の手当てで反映させている会社もあります。

大型車ドライバーと比べるとやや高めですが、忘れてはいけないのが「荷降ろし作業」がほぼない事です。

それでこの収入ですので、とても魅力的な仕事です。

 

トレーラー運転手の給料・月収はいくら

 

平均月収は30万円~55万円となります。

やはり、トラック業界の中でも収入面は高いと言えます。

そして忘れてはいけないのが「荷下ろし作業無し」という魅力です。

トレーラー運転手は運転がメインとなる仕事です。

勿論、大きい車を運転するので運転技術は他のドライバー達よりも求められますが、作業員ではなくドライバーとして職務に全うできる事はドライバーとして最大の魅力です。

 

トレーラー運転手は稼げる?稼げない?

 

ズバリ!稼げます。

他のドライバーと比べるとトレーラー運転手は免許を複数習得しているので、その分給料として反映されます。

肉体的な疲労も少ないですし、自分のペースで働きたい人にも「歩合制度」を導入している会社を選んでいたらある程度自分の頑張り次第で給料は上げれます。

しかし、運転技術だけは求められます。

全ての荷下ろし現場が広々としている場所とは限りません。工場の中、センター内などなど。

ベテランドライバーともなると難なく接車する事は出来ますが新人ドライバーにありがちな「中々接車できない」などの、周りからのプレッシャーみたいな視線を感じると思います。

しかし、それを乗り切ればベテランドライバーの仲間入りができるので安定して高収入を稼げるようになれます。

 

トレーラー運転手の給料明細とは

 

今の時代は、銀行振り込みの会社が殆どです。

前日もしくは当日に会社から給料明細を紙で受け取ります。

中にはオンラインで済ませる会社もありますが、それでも紙として渡されます。

 

トレーラー運転手の仕事を探すコツとは

 

とても魅力的な「トレーラー運転手」の仕事は、他のドライバーの求人に比べて募集の数は少ないです。

理由は肉体的に楽なのと、高収入なので離職率が少ないからです。

それでも、就職をしたいのであれば「大型免許」「けん引免許」は絶対に必要です。

さらに運ぶ荷物によっては「危険物取扱」の免許も必要となるので仕事を探す前に最低でも「大型免許」「けん引免許」は習得しておきましょう。

採用率が格段にあがります。

もし「どこでもいいから!」と安易に会社を選んでしまうと長距離輸送、荷下ろし作業があったなど、思った内容と違ってくる場合もありますのでそこは妥協せずにトレーラー運転手としての魅力的な仕事の会社で働くべきです。

 

まとめ

 

まとめ

 

ドライバー業界でも高収入で肉体的に楽な仕事のトレーラー運転手。

必要になる免許さえ習得すれば始める事ができます。

しかし、これほど魅力的な仕事ですので求人の数も少なめとなっています。

トラック業界の中でも長く働くことができるジャンルの仕事なので検討される方は是非魅力的なトレーラー運転手を視野にいれるのもいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました