スポンサーリンク

トラックのバッテリーの交換時期や費用はどれくらい?交換方法の手順とは

トラックバッテリーの寿命 役立つ情報
スポンサーリンク

 

皆さんは日頃からトラックなど車の点検はしっかり行っていますか?

今回はバッテリーが上がってしまった時の対処法などについてお話していきますが、実際バッテリーが上がってしまう場面に遭遇するととても厄介です。

交換時期や費用、そしてバッテリーの寿命の症状などにも触れていきますので、自分の使っているトラックは大丈夫なのかメンテナンスしてみてください。

 

※給料をあと5万円上げたくありませんか?

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできます。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

トラックのバッテリーの交換時期はいつ?

 

バッテリーは消耗品であり、永久に使えるものではありません。

大型トラックに搭載されているバッテリーは、3~4年程度で交換することが一般的です。

最長でも5年程度が寿命と考えてください。

しかしながら、運転技術によって異なります。

1日に何度もエンジンをつけたり、夜間走行することが多いトラックは寿命が短くなります。

バッテリーの負荷が大きくなるような運転もしていると2~3年で交換しなければいけなくなります。

バッテリーに不具合が生じたと感じた場合は速やかに交換することをおすすめします。

 

トラックのバッテリーの寿命はどれくらい?

 

トラックのバッテリーの寿命は、およそ3~5年程度です。

場合によっては、2年ほどとなる可能性があります。

あくまでも目安と考えてください。

蓄電池であるバッテリーは、エンジンを切っている間も稼働しています。

暗電流と呼ばれる電流が車のエンジン停止後も電気系統に流れています。

そのため、車にしばらく乗らずにいるとなくなってしまいバッテリーが上がります。

バッテリーの寿命は様々な影響を受けるので寿命が短くなる場合があります。

エンジンを小まめにきっている場合は、充電がされずバッテリー上がりの原因になります。

信号待ちのときなどはエンジンを切らないほうがいいです。

また、夜間走行が多くヘッドライトをつけている状態が長い場合も寿命が減ります。

ヘッドライトはすごく電気を使用します。

派手な装飾をしている場合、こちらもヘッドライトと同じで電気をものすごく使用しますので、バッテリーに負担をかけることになります。

このような運転やトラック運用をしているとバッテリーの寿命を短くする原因となります。

そして、バッテリーの寿命のサインの5つを紹介します。

一つでも当てはまるときはバッテリー交換を速やかに行いましょう。

バッテリーが上がってからだと交換にすごく費用がかかり、また、時間のコストもかかることになります。

気づいたときにすぐに点検や交換をすることをおすすめしています。

まず、1つ目はエンジンがかかりづらいことです。

特に寒い時期にエンジンがかからないときは注意が必要です。

2つ目は、ヘッドライトの明るさが弱い。

夜間走行中にヘッドライトの明るさが気になったときはバッテリーの寿命が近いことを疑うといいでしょう。

3つ目は、アイドリングの音が弱い。

アイドリングしているときに違和感があれば寿命が近い症状です。

4つ目がクラクションの音が小さい。

いつもよりも音が小さいと感じたら電気系統のトラブルの影響でバッテリーの寿命が近くなっている可能性があります。

最後は、エンストが増えるです。

エンジンを始動してからすぐにエンストする場合は、確実にバッテリーの寿命です。

このようなサインを発見した場合は、バッテリーの交換が必要となります。

 

自分の適正年収を把握していますか?
今回貰えるべき適正年収を調査したところ年間で100万円以上損をしていることが判明しました。
ご自身の推定年収は必ずチェックしておきましょう。
無料診断で料金は一切かかりません。

>>損をしていませんか?自分の適性年収を調べてみる

トラックのバッテリーを交換するときの価格や費用はいくら?

 

トラックのバッテリー交換費用は、交換場所によって異なります。

また、メーカーによっても異なります。

目安と考えてご参考くださいませ。

例えば、ディーラーでの交換では、8万~10万程度の交換費用がかかります。

ディーラーだと値引きなどもありますので、幅が大きくなります。

また、ガソリンスタンドでは取り扱いのバッテリーが少なく高額になるケースもあります。

その一方で、カー用品店ではバッテリーの取り扱い量が多く安く済むことができます。

しかしながら、混雑状況によっては長時間拘束される可能性があります。

 

トラックのバッテリーの交換方法や手順とは

 

トラックのバッテリー交換は様々な場所で交換することができます。

また、自分でも交換することができます。

ご自身の最適な方法で交換するようにしてください。

下記をご参考くださいませ。

 

①ディーラーでバッテリー交換

ディーラーにもよりますが、24時間対応してくれるディーラーもあります。

電話をするだけで交換してくれます。

ディーラーの最大の魅力は、自社の整備士さんがいることです。

スペシャリストがいる安心感は断トツになります。

その一方でデメリットもあります。

バッテリー交換にかかる費用が高くなる傾向にあります。

また、バッテリーを自分で選択することができませんので、高いバッテリーを購入する結果になります。

このようなデメリットもありますが、なによりも安心感が魅力です。

 

②カー用品店でバッテリー交換

カー用品では、無料でバッテリー相談をしてくれる店舗もあります。

気軽に相談できることがメリットです。

さらには、様々なバッテリーを見つけることができますので自分に合ったものを選択することができます。

交換までしてくれるので安心です。

その一方でデメリットは、待ち時間が長い可能性があります。

さらには、大型トラックになると店舗で作業できない可能性があります。

大型トラックの場合は、事前にアポイントをいれておくといいでしょう。

 

③ガソリンスタンドでバッテリー交換

バッテリーの在庫は少なくなりますが、気軽に相談できることがポイントになります。

給油のついでに交換することができますので便利な場所です。

また、デメリットもあり作業スペースが少ないので待ち時間が発生することがあります。

また、整備士さんがいないケースもありますので、リスクがついてきます。

 

④自分でバッテリー交換

知識と技術があれば自分で交換することもできます。

12Vを直列につないでいることが多いので間違えなければ簡単に交換することができます。

しかし、手順を間違えるとショートや漏電する可能性があり危険が伴いますので、知識や技術に不安がある人には、おすすめしません。

自分の命の危険にも関わってくるので、安全な場所と作業が必要不可欠です。

 

トラックのバッテリー上がりの防止対策方法とは

 

防止対策としては主に3つです。

こちらを守れば絶対にバッテリー上がりしないというわけではありませんが、バッテリー上がりをしにくくなります。

ドライバーが意識するだけで変わります。

1つ目は、エアコンやオーディオの使いすぎです。

特に多いのがエアコンを長時間つけっぱなしでいることです。

電力をものすごく使用しますので、バッテリーに負担が大きくかかります。

走行しながら充電をしていますが、放電の力の方が大きくなるとバッテリー上がりが発生します。

2つ目は、走行有無です。

走行中に発電される仕組みになっています。

そのため、長期間トラックを使用していないとバッテリーの充電が無くバッテリー上がりとなります。

また、低速走行でも充電が不十分になります。

ある程度のスピードで走行することで充電することができます。

バッテリー上がりの場合は、他車のバッテリーと繋いで電気を補うとバッテリー上がりが改善されます。

 

みんながやってる!転職サイトだけは必ず登録しておこう!

トラック運転手におすすめの転職サイトと転職エージェント

 

いま転職する気がない、もしくは後々自分で探そうと考えている人も絶対に転職サイトには登録しておきましょう。

理由はストレスや疲労がたまると就活活動はもちろん転職サイトに登録する気力すら無くなるケースが多いからです。

気になっている企業や興味のある求人の情報を把握しているだけでも【いつでも転職できる】という状態であれば安心だし、体を壊したりうつ病などになる前に転職という手段が打てます。

転職サイトの登録は簡単で無料だし、勧誘や担当者からの電話などは一切きません。

あなたの行きたい会社の求人や転職が可能な企業があればメールで届くのでいつでも転職できるという精神的な安心感や余裕ができます。

転職はそのうちに、今はまだ無理と思っている方も登録だけは絶対にしておくべきです。

優良な会社の求人情報が豊富な転職サイトはこちらです。

無料で簡単に登録することができます。

業界日本1位のリクルート社が運営している間違いのない転職サイトです。

>>リクナビNEXTの無料登録はこちらからどうぞ

 

まとめ

 

バッテリー上りは走行中に起きると事故に繋がる可能性も考えられます。

日頃から車のメンテナンスを心掛け、少しでもいつもと違うなと感じたら点検をするようにしましょう。

また、無理な運転やエアコンの長時間使用などはできるだけ避け、車に負担をかけないよう気を配りましょう。

タイトルとURLをコピーしました