スポンサーリンク

大型トラックのベッドルーム見せて!寝るスペースの寝室はどんな感じ?

トラックの寝室画像 未分類
スポンサーリンク

 

この仕事をしていると、たまに『トラックで寝るなんて大変だね』とか『トラックの中に寝れる場所あるってホントなの?』と聞かれたりすることがあります。

私もこの仕事に就く前は同じ疑問を抱いていました。

実際に長距離ドライバーの仕事を始め相棒となるトラックのことをいろいろと知り、トラックには寝台ベッドがあるということを知りました。

トラックのことを良く知らなかったときは、すごく狭そうな運転席なんだろうなと思っていましたがまるで真逆!

高さもあって圧迫感もなくひとりで過ごすには十分な空間でした。

さて、今回はそんなトラックの寝台スペースについての疑問に写真付きで解説していきたいと思います。

 

※人気、大手の運送会社のもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗人気、大手運送会社の給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

大型トラックにはベッドルームがある!

トラックドライバーになる前はトラックにベッドがあるなんて思いませんでした。

それに、外から見た印象だと到底寝るスペースがあるようには全く見えませんでしたしね。

でも実際は、しっかり寝台スペースがあるんです。

 

トラックの寝るところ(場所)はどこ?

トラック内のベッドスペースは運転席の後ろ側に設けられています。

横幅はそこまで広くはないですが、特別窮屈に感じることもありません。

私の身長は175㎝で、縦の長さはそれなりにあるので1人で寝るには十分な大きさです。

運転席側から撮影したその写真がこちら↓

 

大型トラックのベッドルーム1

 

こちらは助手席側から撮影したものです↓

 

大型トラックのベッドルーム2

 

長距離トラックの寝室ベッドの寝心地は?

寝るときは、助手席を完全に倒せるのでフラットにすることも可能です。

足を広げることも多少はできるので、全く身動きが取れないなんてことはありません。

横幅は約65㎝です

実際に寝てみた感じはこちら↓

 

大型トラックのベッドルーム3

 

写真に写っているツルツルの足が私です。

私は175㎝で体重70キロの普通体型ですが、この寝台ベッドのスペースで特別不便に感じたことはありません。

見た目と実際に寝てみた感じとでは全然違って、結構快適なんですよ!

車内自体高さもあるので圧迫感なく過ごせます。

 

トラックの寝床で快適に睡眠をとる方法とは!

長時間の運転のあとは、質の良い睡眠が大事です。

寝台を改造して寝心地を追求するドライバーも少なくありません。

それに加えて、布団やマットレス、枕なんかにもこだわるとより寝心地がアップすると思います。

過労による居眠り運転などの事故防止のためにも、快適な睡眠を取ることは超重要!

遮光カーテンも外からの光を遮ってくれるので、暗くないと寝付けない人にも大事なアイテムです。

好きな音楽をかけながら寝たり、快適な睡眠を取るためにドライバーは工夫して過ごしています。

トラック布団はニトリが最高!寝台改造や断熱アップの秘訣とは!
トラックの寝台ベッドは小さな仮眠室です。 長距離ドライバーにとって短い時間でどれだけ質の高い睡眠をとれるかは大変重要な課題です。 この記事では限られたスペースの仮眠室をできるだけ快適に過ごすための工夫や寝具をご紹介します。 ※給料...

長距離トラックの寝る場所はどこ?

路上に横づけして停まっている大型トラックをよく見かけたりしませんか?

あのような長距離トラックのドライバーは路上に停めて仮眠を取ることが多いです。

一般の人から見たらかなり迷惑な話ですよね。

でもね、ドライバー側も大変なんです…

トラックを停めることができるパーキングや駐車場が配送先の近くにあれば一番いいのですが、なかなかそうもいかないのが現実です。

そのため、ドライバーは路駐をして寝ていることがほとんど。

寝る場所どこ?と聞かれたら、道路なんです~と答えます(笑)

それもあって警察や駐禁取り締まりボランティアのお世話になることもしばしば…(汗)

ちなみに、コンビニやスーパーなど買い物ができる場所付近はドライバーみんなが狙っている場所です。

買い出しはもちろん、トイレに行きたくなったらすぐ借りられますしね!

人気、大手の運送会社の求人情報や転職のコツとは

トラック運転手におすすめの転職エージェント
運送業界は人手不足で転職するなら今がチャンスです。
ドライバーが会社を選べる状況になっています。
しかしブラック企業が未だに多く存在している運送業界では良い会社の見極めが難しいのも現状です。

そこで良い会社を見極めるコツがエージェントの活用です。

今エージェントからのドライバーへの転職が急増しています。
その理由は給料や労働条件、福利厚生などを事前に確認し交渉までしてくれるからです。
あなたの条件に合った企業であるという前提で面接に望めます。
いちいちその都度面接に行って自分で確認する手間が省けます。
またお金の話や休日、仕事内容など自分の条件を交渉しにくい方にもおすすめです。

【エージェントへの依頼具体例】

給料は手取りで40万円以上欲しい
土日は休みたい
パレット輸送の多い会社を探して欲しい

このような条件で探してほしいと伝えるだけでオッケーです。
運送会社を探すならリクルートエージェントが1番おすすめです!

>>リクルートエージェントはこちらからどうぞ

リクルートエージェント業界最大手で求人数と実績が日本で一位です。
また大手や人気のある運送会社は非公開求人になっている場合が多いです。
あなたがいくら探しても求人が出てこないのは非公開求人になっているからかもしれません。
リクルートエージェントは非公開求人数が業界一位です。
お目当ての運送会社が隠れているかもしれません。

情報収集や自分の条件に合った会社を探している方はご利用ください。

>>リクルートエージェントに無料相談する

料金は一切かかりません。
登録したらからといって絶対に転職しないといけないわけでもありません。
情報収集にもお役立てください。

さいごに

大型トラック内に設けられているベッドについてご紹介しました。

みなさんいかがでしたか?

慣れればそこまで不自由さもなく、むしろ意外と快適に過ごせる空間です。

大手の運行者だと仮眠室など借りて寝ることができますが、会社によっては路駐で睡眠を取るドライバーも実際に結構多いんですよ。

路駐睡眠に慣れるまでは色々と気になることもあると思いますが、出来る限りストレスを溜めず自分が少しでもリラックス出来る空間づくりをして工夫することが必要ですね。

タイトルとURLをコピーしました