本ページはプロモーションを含みます
スポンサーリンク

大型トラックの運転席の上の部分は何?スーパーハイルーフ(寝室)を公開!メリットデメリットは?

記事内にプロモーションを含む場合があります
トラック運転席上部とは トラック関連
スポンサーリンク

 

大型トラックは誰でも目にした事はあると思いますが、トラックに関わる事が無ければ実際どんな構造をしているのか知らない人がほとんどだと思います。

そこで今回は、大型トラックの運転席上部について解説していきます。

メリットやデメリットはあるのか、それはどんなことなのか?

この記事を読んで是非参考にしてください。

 

※大型トラック運転手の求人情報はこちらからご覧ください。

🔗給料の高い運送会社の求人の詳細はこちらからどうぞ

 

スポンサーリンク

大型トラックの運転席の上部って何なの?

 

キャブもしくはキャビンと呼ばれています。

よく、空気抵抗のためとインターネットに記載されていることもありますが、基本的に運転手が横になるためにスペースとなっています。

また、トラックの種類によってはスペースが少ないこともあります。

しかしながら、先ほどの空気抵抗を減らす目的のために設置しているトラックも中にはあります。

高速道路をよく走る車は燃費を向上させる目的もあります。

ただ、メーカーによって呼び名が異なります。

日野自動車は「スーパーハイルーフ」・三菱ふそう「スパーマルチルーフ」・いすゞ「マキシルーフ」と呼んでいます。

横になれるベッドスペースになっていて、空調や網戸・コンセントを装備しており快適なスペースを実現しています。

長距離運転時のときに体を休めることができます。ドライバーによっては必要なスペースになります。

 

こちらは有名なユーチューバーのちゃんけさんが公開しているスーパーハイルーフの公開映像です。
かなり参考になりますのでご覧になって下さいね。

 

大型トラックの運転席の上の部分にメリットとは!

 

メリットは大きく分けて2つあります。

まず1つ目が、荷物を多く積むことができるです。

ドライバーの私物などを含めた荷物を収納することができます。

運転席を快適に過ごすことができ、軽食などを積んでいるドライバーもいます。

また、業界によってはドライバーが1週間~2週間ほどトラック生活になりますので、荷物が多くなります。

洋服など生活必需品をいれることもできるので安心してトラック生活を送ることができるのです。

2つ目が、寝台スペースが大きいことです。

また、パーソナルスペースを守ることもできるので非常にメリットがあります。

ドライバーのストレスを最小限に抑えることができ、足を延ばしてくつろぐことも可能なので、エコノミー症候群なども回避することができます。

仮眠することで安全な運転を促し事故防止にもつながるメリットがあるのです。

 

大型トラックの運転席の上の部分にデメリットとは!

 

便利な一面もありますが、デメリットもあります。

こちらも大きく2つあります。

まずは、雨音が凄く響きます。

天井と近いことと上の鉄板が薄いことが原因で雨音がかなり響きます。

線路沿いに住んで慣れている方でも不快に思うことがあると思います。

もう一つが、蒸し熱いことです。

網戸・空調など設備されているトラックもありますが、これらの設備がないと蒸し熱くて滞在することはできません。

空気の入れ替えなども必要になります。

密室になりますので、真夏日などは要注意。

上にあることで湿気も貯まりやすくなりますので、換気を含めた空調設備は必須になります。

 

あなたは大型ドライバーに向いていますか?

大型ドライバーは向いていないと長くは続きません。

向き不向きは性格診断テストで調べることができます。
一度性格診断テストでチェックしてみましょう。

>>大型ドライバーに向いているかチェックしてみる

 

 

大型トラックの運転席の上の部分は寝心地はいい?

 

正直に言うとあまり良くないです。

しかし、カーショップなどで購入できるアイテムで快適に過ごすことができます。

高反発のウレタンマットなどは気軽に購入することができ簡単に設置することもできます。

また、キャンプ用品売り場でも素晴らしい商品がありますのでぜひご覧ください。

そして、空調設備がないトラックについては、扇風機が必要になります。

冬でもあると便利です。

今は、手軽に購入することができます。

また、電源もUSBなど持ち運びに便利なものが発売されています。

そういったアイテムを数多く購入すると快適に過ごすことができます。

ただ、上にあることで昇り降りが面倒と感じることもあります。

トイレに行くときなど毎回階段を使わないといけません。

そういったこともありますが、基本的に快適に過ごすことができます。

 

月収を今よりあと5万円上げたい方は下記のページをご覧いただければ幸いです。
簡単ですぐに年収アップができる方法をご紹介しています。

 

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

自分に合った運送会社への転職方法やコツ

トラック運転手におすすめの転職エージェント
運送業界は人手不足で転職するなら今がチャンスです。
ドライバーが会社を選べる状況になっています。
しかし数多くの会社が存在する運送業界では良い会社の見極めが難しいのも現状です。

そこで良い会社を見極めるコツがエージェントの活用です。

今エージェントからのドライバーへの転職が急増しています。
その理由は給料や労働条件、福利厚生などを事前に確認し交渉までしてくれるからです。
あなたの条件に合った企業であるという前提で面接に望めます。
いちいちその都度面接に行って自分で確認する手間が省けます。
またお金の話や休日、仕事内容など自分の条件を交渉しにくい方にもおすすめです。

【エージェントへの依頼具体例】

給料は手取りで40万円以上欲しい
土日は休みたい
パレット輸送の多い会社を探して欲しい

このような条件で探してほしいと伝えるだけでオッケーです。
運送会社を探すならリクルートエージェントが1番おすすめです!

>>リクルートエージェントはこちらからどうぞ

リクルートエージェント業界最大手で求人数と実績が日本で一位です。
また大手や人気のある運送会社は非公開求人になっている場合が多いです。
あなたがいくら探しても求人が出てこないのは非公開求人になっているからかもしれません。
リクルートエージェントは非公開求人数が業界一位です。
お目当ての運送会社が隠れているかもしれません。

情報収集や自分の条件に合った会社を探している方はご利用ください。

>>リクルートエージェントに無料相談する

料金は一切かかりません。
登録したらからといって絶対に転職しないといけないわけでもありません。
情報収集にもお役立てください。

 

まとめ

 

今回はトラック運転席上部について解説しました。

メリットもあればデメリットもあるのはおわかりいただけたでしょうか?

トラックによっても構造が違うので車両の使い勝手や良さは変わってきますので参考にしてみてください。