スポンサーリンク

中距離ドライバーの給料は安い?年収や給料明細を暴露!

中距離ドライバー給料安い? ドライバー全般
スポンサーリンク

 

今回は中距離ドライバーの気になる給料や年収の話をしたいと思います。

近距離を小刻みに配達するわけでもなく、一気に長距離を駆け抜けるわけでもない中距離ドライバー達!!

一体、中距離ドライバー達は、どんな仕事をしてお金を稼いでいるのか?

今回は、中距離ドライバーの給料は安いのか、年収や給料明細についてや、車はどのサイズで配達するのか?などについてお話していきます。

 

※中距離ドライバーのもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

>>中距離ドライバー運輸の給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

中距離ドライバーの平均年収はどれぐらい?

 

まず、中距離ドライバーとは明確に移動距離の決まりはありません。

何キロ走ったら中距離とかが決まっていないのですよ。

なので、日帰りできるのが中距離ドライバーだと思ってください。

(人によっては違うと言うかもしれませんが…)

そして、車のサイズで年収も変わってきます。

中距離ドライバーの車のサイズはバラバラですからね。

それでは気になる中距離ドライバーの年収ですが平均400~600万です。

中型からトレーラー車の平均になりますが、これでは幅が広すぎますので各車種別に載せると…

・中型車 約415万

・大型車 約454万

・トレーラー車 約518万

となります。

しかし上の3つは中距離ドライバーだけを指していません。

各車種の平均年収です。

先ほども述べたように、明確なる移動距離の決まりがない!という理由で各社がどのように給料を支払うかは運ぶ荷物によってバラバラなのです。

例えば、トレーラー車の場合は荷物が「危険物」の場合もあるので、年収は高くなります。

大型車の場合も全部手降ろし作業だったりしたら年収は高くなるし、中型車も荷降ろし作業が手降ろしで苛烈を極めるのであれば年収は高いでしょう。

なので各車種が、どのような荷物を配達するかによって平均年収は変わっていきますので、参考程度に考えたほうがいいですね。

 

中距離ドライバーの給料・月収はいくら

こちらも車のサイズと荷物の内容で変わってきます。

・中型車 約31.5万
 
・大型車 約35.3万 

・トレーラー車 約39万

というのが各種車のドライバー達の平均月収です。

こちらも中距離ドライバーの月収を出した物ではありません。

そこで過去に中距離ドライバーをやっていた私の意見ですが中型車はちょっと高いかな?という感想で、大型車はこんな感じかな?トレーラー車はもう少し高いんじゃない?ですね。

私は大手企業から直接商品を運ぶ会社にいたので、それ自体が単価の高い仕事でした。

中間会社が入ってない分、マージンが引かれませんからね。

なので、荷物によって様々ですから、あくまでも平均として観ていただければいいかと思います。

大手運送会社の収入は安定していますが、休日や労働時間が厳しいのでドライバー達が昔ほど稼げなくなってきています。

 

中距離ドライバーは稼げる?稼げない?

これは車のサイズによって稼げる稼げないが別れます。

危険物を運ぶトレーラー車では稼げますが、中型車の場合は荷物の内容次第では月手取り約24万なんてこともあります。

大型車の場合もそうですが荷物の内容次第ですね。

例をあげると某有名な飲料メーカーの運搬は毎日安定的に仕事はありますが、その分単価は安いですからね。

あとは、自分の会社の間に中間会社が入っていたりするとトレーラー車でも収入は下がります。

 

※給料をあと5万円上げたくありませんか?

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできます。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

中距離ドライバーの給料明細とは

 

一般会社と同じく紙で貰います。

会社によってはオンラインで閲覧できる会社もありますが、それでも給料明細は紙で渡されます。

 

中距離ドライバーの仕事を探すコツとは

 

よく大手運送会社が働きやすいと思われていますが、内容をよくチェックしたほうがいいですね。

大手運送会社が働きやすいのは=給料が高いというわけでもないからです。

勿論、福利厚生、休日など優遇されている面はありますが、収入面では決して高収入となるわけではありません。

自分が何を望んでいるのか?という理由で仕事を探した方がいいと思います。

少しぐらい肉体労働でも給料がよければいい!という人には大手運送会社は物足りなくなるかもしれませんしね。

実際に体力がありまっている人は、そういった会社で働かれています。

 

中距離ドライバーの求人や転職情報はこちら

トラック運転手におすすめの転職エージェント
中距離のトラック運転手の実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近の運送業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
未だにブラック企業の多い運送業ではエージェントにしっかりと中に入ってもらった方が安心できます。

運送業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントで中距離ドライバーの詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントで中距離運転手の相談をする

まとめ

 

まとめ

 

中距離ドライバーは中々難しい職種です。

地場でも長距離でもないから収入面はその間で!というわけでもないからです。

これが原因で地場や長距離に流れていくドライバー達も多くいます。

しかし、地場周りのように細かく動きまわる事もないですし、長距離のように家に中々帰れないわけもないので、働き手の人次第では向き不向きがわかれるジャンルですね。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました