スポンサーリンク

トラック運転手がなりやすい職業病と対策について

トラック運転手職業病 役立つ情報
スポンサーリンク

 

トラック運転手の仕事は荷物を運ぶことと、その荷物の積み下ろしがメインとなります。

長時間運転も当たり前のこの仕事ですが、どんな職業病になりやすいのでしょうか?

今回はその職業病についてと対策法などをお話していきます。

最後まで読んで是非参考にしてみてください。

 

自分の適正年収を把握していますか?
今回貰えるべき適正年収を調査したところ年間で100万円以上損をしていることが判明しました。
ご自身の推定年収は必ずチェックしておきましょう。
無料診断で料金は一切かかりません。

>>損をしていませんか?自分の適性年収を調べてみる

トラック運転手の仕事とは

 

運転手の主な仕事は荷物を安全に運ぶことになりますが、それだけではありません。

集荷・荷積み・荷下ろし・梱包・伝票作成業務があります。

企業によって運転手が行う範囲が異なりますが、最近は幅広く業務を担当にしている運転手が増えています。

荷物の増加や人手不足によって一人で一括して作業をしているケースがあります。

また、運転するトラックによっても異なります。

小型・中型・大型など様々なタイプのトラックがあります。

それに加えて運ぶ商品によっても異なります。

冷蔵・冷凍・大型商品・精密機器・個人・法人などによっても担当する仕事が若干変更になります。

抽象的な話をすると日本社会を支えていると言っても過言ではありません。

オンラインストアが発展した今、配送は重大な役割を担っています。

生活を左右する大きな仕事をしています。

人々が豊かな生活を送るためになくてはならない業務を行っています。

誇り高き仕事です。

運転が好きな人は様々な場所で運転することができるのも運転手の特権です。

都市部など様々なところを走行しますので本当に楽しい運転をすることができます。

トラック運転手の中には運転好きも多数います。

メリットなどもありますが、当然デメリットもあります。

業務時間が長くなることもあります。

道路状況によっては長時間拘束されることもあります。

その影響で食事や睡眠が不規則になることもあり厳しさを感じることもあります。

荷物を運ぶことや大きなトラックを運転していることでプレッシャーがかかります。

心の病にも気を付ける必要があり時間の制約もあります。

時間通りに到着することも求められることもあります。

 

トラック運転手がなりやすい注意すべき職業病とは

 

長時間運転・荷積み・荷下ろしで身体への負担が大きくかかります。

身体と心のケアが必要になります。

主な職業病は4つです。

 

①生活習慣病

 

トラック運転手は生活習慣業にかかる人が多いと言われています。

長時間の運転で飲食をして座り続けていることも大きな理由です。

ドライバーになってから体重が増加した人などもいます。

さらには、食事のバランスがおかしくなります。

すぐに食べられるものなど短時間で食事をする可能性もあります。

その影響で栄養バランスが崩れてしまいます。

脳卒中や心筋梗塞などの原因にもなります。

 

②虫歯(歯のトラブル)

 

力仕事で歯を食いしばることが多くあり、歯を痛める可能性が高くなります。

奥歯などかけてしまうこともあります。

しかし、忙しいなど不規則な仕事をしているため歯医者に行くことができず放置しているケースがあります。

その影響で虫歯になり問題が次々と広がります。

トラック運転手は、車内で簡単に食事を済ませることもあります。

歯磨きをできないこともありますので歯のトラブルは深刻になります。

 

③睡眠障害

 

不規則な働き方になるため、ホルモンバランスが崩れることになります。

さらには、睡眠時間を確保することが難しい場合もありますので、睡眠障害になるケースもあります。

睡眠はすごく重要ですので睡眠がきちんとできていないと仕事に影響がでてきます。

 

④日焼け

 

トラック運転手はかなり日差しを受けます。

車内にいるからといって安心することはできません。

顔や目などは紫外線にやられてしまいます。

特に深刻になるのが目です。

サングラスなど必須になります。

紫外線により失明などトラブルが増加しています。

 

トラック運転手の職業予防法とは

 

上記の①は食事・睡眠を見直すことです。

トラック運転手にできることは、栄養の高い食事を取ることです。

偏った食事をしないことが大切になります。

また、ゆっくりと食べることをおすすめします。

30分程度時間をかけて食べることによって体に良い影響があります。

②については、定期点検をすることです。

歯医者に行くことは大変になりますが、最低2カ月に1回は行った方がいいです。

③に関しては、熟睡できる環境を整えることです。

寝る直前にスマホをいじらないなど少しの変化で睡眠の質があがります。

さらには、いびきをかく人はいびき外来や市販の商品でケアすると熟睡度が向上します。

④については、日焼け止めをこまめに塗ることやサングラスをかけることで防ぐことができます。

特にサングラスは必須になります。

紫外線は自分で感じることが少ないですが大きな影響があります。

 

※給料をあと5万円上げたくありませんか?

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできます。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

トラック運転手が職業病にならないための対策とは

 

休憩時間・休みの日などに運動をすることです。

肉体労働をしているのでゆっくりと休みたいと思っている人もいると思いますが、運転中はかなり体に負担をかけています。

ストレッチをしたりランニングすることで体のなかをスッキリさせることができます。

気分もはれやかになりますのでおすすめです。

また、身体のケアは絶対に必要になります。

温泉で体を癒すことなどもおすすめです。

湯船に浸かって筋肉をほぐすことは非常に大切になります。

 

長く運送会社に勤めるためのコツとは!

トラック運転手におすすめの転職エージェント
運送業界は人手不足で転職するなら今がチャンスです。
ドライバーが会社を選べる状況になっています。
しかしブラック企業が未だに多く存在している運送業界では良い会社の見極めが難しいのも現状です。

そこで良い会社を見極めるコツがエージェントの活用です。

今エージェントからのドライバーへの転職が急増しています。
その理由は給料や労働条件、福利厚生などを事前に確認し交渉までしてくれるからです。
あなたの条件に合った企業であるという前提で面接に望めます。
いちいちその都度面接に行って自分で確認する手間が省けます。
またお金の話や休日、仕事内容など自分の条件を交渉しにくい方にもおすすめです。

【エージェントへの依頼具体例】

給料は手取りで40万円以上欲しい
土日は休みたい
パレット輸送の多い会社を探して欲しい

このような条件で探してほしいと伝えるだけでオッケーです。
運送会社を探すならリクルートエージェントが1番おすすめです!

>>リクルートエージェントはこちらからどうぞ

リクルートエージェント業界最大手で求人数と実績が日本で一位です。
また大手や人気のある運送会社は非公開求人になっている場合が多いです。
あなたがいくら探しても求人が出てこないのは非公開求人になっているからかもしれません。
リクルートエージェントは非公開求人数が業界一位です。
お目当ての運送会社が隠れているかもしれません。

情報収集や自分の条件に合った会社を探している方はご利用ください。

>>リクルートエージェントに無料相談する

料金は一切かかりません。
登録したらからといって絶対に転職しないといけないわけでもありません。
情報収集にもお役立てください。

まとめ

 

長時間運転が主な仕事のため、腰痛や運動不足などを起こしやすいです。

力仕事でもありますが、それ以上に運転時間が長いのがドライバーなのです。

普段から適度な運動やストレッチを心掛け、栄養が偏った食事は避けるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました