スポンサーリンク

長距離トラックの走行距離は1日何キロくらい?地場配送や中距離では?法律で制限はあるの?

長距離トラックの走行距離 長距離ドライバー
スポンサーリンク

 

トラックドライバーの求人情報で長距離・中距離・地場配送ドライバーなどと書いています。

ですが、運送業界が未経験の人にとっては長距離・中距離・地場配送の走行距離がどれくらいなのかイメージできないですよね。

また、長距離・中距離・地場配送の全てのドライバーが毎日帰宅できると思っている人もいるでしょう。

そこで今回は長距離・中距離・地場配送トラックの走行距離についてご紹介します。

これからトラックドライバーとして働きたい人、運送業界に興味がある人はぜひ参考にしてみてください。

 

※長距離ドライバーのもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗長距離ドライバーの給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

長距離ドライバーの走行距離は1日何キロ?

 

長距離ドライバーは1日に500kmほどトラックの運転をします。

長距離ドライバーは日帰りでは行けない場所への輸送業務を行いますので、1日の走行距離は長く毎日帰宅することはできません。

休憩はパーキングエリアなどに停車して睡眠を取ります。

長距離ドライバーの移動のほとんどは高速道路での移動になるので、信号や渋滞などのストレスが比較的少ないです。

ですが、高速道路では止まることなく一定のスピードで走行しますので眠たくなって居眠り運転をしてしまうリスクがあるので睡眠はきっちり取りましょう。

また、長時間・長距離の運転に伴って疲労も大きくなります。

ですが、長い距離を移動しますので色々な景色や、その土地のグルメを楽しめるのが良い点ですね。

 

地場配送の1日の走行距離は

 

地場配送ドライバーは1日に100km~200kmほどトラックを運転します。

地場配送ドライバーは日帰りでの輸送業務を行います。

近距離での輸送業務ですので、下道を走行することが多く、信号や渋滞、事故のリスクがあります。

また、近距離での集配で何件も集荷先・納品先を回らなければならないことが多く、1日の仕事は慌ただしい傾向にあります。

ですが、毎日帰宅できることや決まったルートでの配送業務ができることが多いことから、長距離ドライバーよりは疲労が小さいです。

 

地場配送に関してはこちらの記事で詳しく解説していますので参考にされて下さいね。

🔗地場配送とは!地場ドライバーの給料や年収を暴露!地場配送のメリットはなに?

 

中距離トラックの1日の走行距離は

 

中距離ドライバーは200km~300kmほどトラックを運転します。

中距離ドライバーも日帰りでの輸送業務を行います。

中距離ドライバーの定義は曖昧で会社によっては地場ドライバーとされることもあります。

中距離というだけに、少し走行距離が長く、行きは高速道路で帰りは下道で走行するという会社が多いですね。

中距離ドライバーは運転する距離が長いですが毎日帰宅できるので、運転するのが好きで毎日家に帰りたい人にぴったりです。

 

中距離トラックに関してはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

🔗中距離ドライバーはきつい?一日の流れや転職を成功させる秘訣とは!

🔗中距離ドライバーの給料は安い?年収や給料明細を暴露!

 

トラックの1日の走行距離は法律で制限ある?

 

トラックの1日の走行距離は法律で制限されていません。

走行距離での制限はありませんが、連続して4時間以上の運転はできないことや、1日の拘束時間が13時間以内、延長しても最大16時間までなど時間での制限があります。

トラックドライバーが運転するのは乗用車よりもかなり大きいトラックですので、高い技術と精密な操作が必要になります。

そのため、運転からくる疲労も乗用車の比ではありません。

長時間運転による疲労からの事故を防ぐためにきちんと時間での制限があるわけですね。

 

失敗しない長距離ドライバーへの転職方法はこちら

トラック運転手におすすめの転職エージェント
長距離ドライバーの実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近の運送業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
未だにブラック企業の多い運送業ではエージェントにしっかりと中に入ってもらった方が安心できます。

運送業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントで長距離ドライバーの詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントで長距離ドライバーの相談をする

長距離ドライバーの走行距離は500kmほどで、中距離・地場配送ドライバーの走行距離は曖昧です!

 

長距離ドライバーの走行距離は500kmほどですが、会社や自分が担当するルートや交通状況によって多少のばらつきはあります。

また、長距離ドライバーは毎日帰宅することができない仕事ですので、転職するときには覚悟しておきましょう。

中距離・地場配送ドライバーの走行距離の境界線は曖昧で、100km~300kmほどです。

長距離ドライバーとは違い、毎日帰宅できるところが中距離・地場配送ドライバーの良いところです。

会社によって中距離・地場配送の考え方が全然違いますので、転職するときには走行距離がどれくらいなのか確認しておくことをおすすめします。

現在トラックドライバーには1日の走行距離の法律による制限はありませんが、時間での制限があります。

自分の命はもちろん、まわりの人の命を守るために、時間の制限をきちんと守り疲労を溜めることなく安全運転ができるよう心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました