スポンサーリンク

大型トラックの燃費や燃費の向上方法! 燃費の良いトラックランキング一覧とは!

トラック燃費 トラック関連
スポンサーリンク

 

大型トラックは同じ車というジャンルとはいえ、乗用車との違いはあります。

大型トラックは、名前の通りかなり大きなインパクトのある大きさです。

私はつい最近、トラックではないですが、ミキサー車の大型の運転席に、座らせてもらいました。

見える景色も、中の設備もまったく異なるものでした。

私には運転は難しそうでした。

大型トラックもおそらく同じ感想になるでしょう。

今回は、そんな中々出会う事のない大型トラックや、大型車の燃費や燃費の向上方法などについてお話していきます。

 

自分の適正年収を把握していますか?
今回貰えるべき適正年収を調査したところ年間で100万円以上損をしていることが判明しました。
ご自身の推定年収は必ずチェックしておきましょう。
無料診断で料金は一切かかりません。

>>損をしていませんか?自分の適性年収を調べてみる

大型トラックの燃費平均はどれくらい?

 

大型トラックの平均の燃費は1リットルで約4キロが平均ですね!

正直言って普通の車を乗っている人からしたらかなり悪く感じるはずです。

最近、色んなものが便利になり、さらに技術も上がっているので普通車などは1リットルでかなり走る車もあります。

ちなみに私の車は平均燃費が毎回表示されますが、大体1リットルで20~21キロが平均ですね。

それに比べると、大型トラックはかなり燃費が悪く感じるはずです。

しかし、どの大型トラックも大体燃費が約4キロなので、これが大型トラックにとっては普通なのでしょう!

 

4tトラックの実燃費はどれくらい?

 

4トントラックは大型トラックよりも燃費はいいです!

と言っても、私たちが思う燃費ではないですが…

公式のサイトなどでは燃費は1リットルで7~8キロとなっていますが、肝心の実燃費は約5キロと言ったところでしょう!

公にしているものと違う!と思う人もいるかもしれませんが、普通車などでもこのようなことはよくあります。

私の燃費は20~21と言いましたが、カタログなどでは25と表記されています。

普通車でもこのような差があるので、4トントラックなどの大きい乗り物は、さらに誤差は生まれてくるでしょう。

理由としては、大型の乗り物は基本的に、何かを乗せて運ぶためにあります。

その荷物が重ければ重いほど、どうしても馬力を出すために燃費が悪くなります。

特に坂道などで、大型の乗り物が重いものを乗せて走っている後ろに付くと、ワザとゆっくり走っているの?というくらい遅いです…

私も実際に4トントラックは運転したことがありますが、思いっきりアクセルを踏んでも荷物を載せての坂道は遅いです!

それくらいトラックの自重も重いうえに荷物もあれば、実燃費の数字も納得できます。

 

大型バスの燃費の平均はどれくらい?

 

大型バスと言っても、近距離の物から遠距離の物もありますが、やはり平均としては1リットルで5キロくらいが平均でしょう。

バスもトラックなどと同じで、乗客数や、道によって燃費のムラが出ます。

高速道路を中心に走るバス、街中で信号ばっかりある道を走るバス、本当に様々です。

その数ある中のバスの平均が5キロと言われています。

バスやトラックの大型車はやはり5キロくらいが平均の燃費なのでしょう!

 

大型トラックの燃費を向上させる改善方法とは

 

大型トラックに限らずですが、燃費をよくするには

 

・一定のスピードで走る

・低速で走れるなら走る

・タイヤなどの装備品を常に綺麗にする

 

などがあります。

一定のスピードで走ることにより、ギアの入れ替えの回数を減らせます。

ギアの入れ替えや変化時は余計にガソリンを使ってしまうので注意です。

低速で走ることで、風などの抵抗を抑えることが出来ます。

風の抵抗が強いとその分進みにくいので、余計にアクセルを踏みガソリンを使います。

タイヤは常に消耗されていきます。

タイヤがボロボロになればなるだけ、地面とタイヤに抵抗が生まれ、スピードを上げるために、アクセルを踏みガソリンを使ってしまいます。

これ以外にもトラックならではのギアの入れ替えを素早くする、なるべく早めに高い数字のギアに入れるなどもあります。

 

※給料をあと5万円上げたくありませんか?

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできます。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

大型トラックの燃費ランキング

 

大型トラックの燃費は、正直いうとそこまで大きな差はありません。

数年前のデータだと

日野自動車 プロティアが4,03リットル

UDトラック クオンが4.05リットル

いすゞ自動車 ギガが4,06リットル

 

というのが平均燃費です!

あくまでもこのデータは数年前の物なので、現在はもしかしたら様々な工夫によりこのデータよりかはいい燃費かもしれません。

乗用車ほど売れるものでもないですが、私が乗る小型のトラックは数年違うだけでかなり乗り心地や燃費が違います。

なので、大型トラックも進歩はしていると思うので、興味のある方は店頭などに行って聞いてみるのもいいかもしれませんね!

 

トラック運転手なら絶対に転職サイトは登録しておこう!

トラック運転手におすすめの転職サイトと転職エージェント

 

いま転職する気がない、もしくは後々自分で探そうと考えている人も絶対に転職サイトには登録しておきましょう。

理由はストレスや疲労がたまると就活活動はもちろん転職サイトに登録する気力すら無くなるケースが多いからです。

気になっている企業や興味のある求人の情報を把握しているだけでも【いつでも転職できる】という状態であれば安心だし、体を壊したりうつ病などになる前に転職という手段が打てます。

転職サイトの登録は簡単で無料だし、勧誘や担当者からの電話などは一切きません。

あなたの行きたい会社の求人や転職が可能な企業があればメールで届くのでいつでも転職できるという精神的な安心感や余裕ができます。

転職はそのうちに、今はまだ無理と思っている方も登録だけは絶対にしておくべきです。

優良な会社の求人情報が豊富な転職サイトはこちらです。

無料で簡単に登録することができます。

業界日本1位のリクルート社が運営している間違いのない転職サイトです。

>>リクナビNEXTの無料登録はこちらからどうぞ

 

まとめ

 

大型車の燃費ってなんだか新鮮ですよね!

乗る機会がある人は普通かもしれませんが、知らない人の方が多いはず!

私もメインは小型なので小型のことは大体わかりますが、大型は私自身も新鮮な気持ちになります。

大きければ大きいほど、それだけでかなりのガソリンを使う上に、さらに荷物などの重いものが乗ったり、上り坂などだと尚更です!

だからこそ、燃費のいい運転の仕方や、トラックのメンテナンスが大切になります。

もし運転する機会があれば、ぜひ安全運転を大前提として、燃費をよくする方法などを試してみてください!

免許がなくても運転は出来なくても、乗車することは出来ます。

乗ってみて雰囲気を味わうのもいいかもしれませんよ!

タイトルとURLをコピーしました