スポンサーリンク

運送会社の事務のストレスは大変?きついし最悪って本当?仕事内容や辞めたい原因を暴露!

運送会社の事務は大変 運送会社
スポンサーリンク

 

運送会社では、密着した地域やあらゆるエリアに向けた配送をドライバーによって行われており、その配送までの過程は「事務作業による業務によって成りたつ」と言っても過言ではありません。

運送会社にとって、その大切な役割を担ってるとされるのが事務職。

運送会社の事務は大変なのか?その事務職員がおこなう業務はどのような仕事内容なのか?

辛いことや辞めたい原因など、そしてそこから来る「ストレス」などについても調べていきます。

事務職への転職を成功させるためのコツについても解説していますので最後までご覧ください。

 

※運送会社事務員のもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗運送会社の事務の給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

運送会社の事務の仕事内容とは!

 

運送会社での事務作業では、物流関係にある業務の中でも常に広範囲で携わなければならない仕事として、比較的に他の業種と違い多くの役割を求めらる業務です。

そんな事務作業としての主な役割として、1日の仕事の流れを見てみると

 

その日の入庫や出荷を予定するリスト確認

入庫されてくる商品のデータ入力と伝票の作成

取引先の顧客への対応やドライバーとの打ち合わせ

出荷される商品のデータを入力と伝票の作成

管理してるデータをもとに処理作業や帳票出力と修正

翌日に向けた準備としての処理

 

これらがおおむね基本の流れとなっており、もちろんこれらに付帯する業務も多数あります。

それらに向けた「臨機応変な対応」とそれに対した「柔軟さ」も常に求めらる事となります。

 

運送会社の事務は大変?

 

運送会社における事務職は、会社の規模によっては細かく分業制として分けられてる場合もありますが、現実問題ほとんどのケースとしては以下が挙げられます。

●時間外の電話対応

●急などを問わない来客の対応

●ドライバー達への仕事調整

●法人からの仕事の調整

●歩合制となってるスタッフ達の給与計算

●車検などでの臨時通行許可の申請

●ドライバーによる車両事故の対応

●本社と支社との連絡や調整

●社内における軽作業

などなど…

これだけ見てもただでさえ主となる項目の数も多いのに、実際に多くの運送会社ではまだまだここに書ききれないくらいの項目も業務に含まれ、そこからさらに「細かな事も業務として付帯」します。

それらを考えると他の業種とくらべてもかなり過酷な業種であることは想像にむずかしくないと思います。

 

運送会社の事務はきついし最悪?

 

この道のベテランではなくとも、そこそこの勤務年数を持つ社員にとって事務作業というのは、とにかくやる事が多い仕事として世間一般でも知られてることです。

仕事のプロセスとしてもかなりの項目がありますので、それらをこなしていくにあたってかなりの疲労となります。

それが入社したての新人さんであれば尚更というもの。

次第に不満を持つ…その上ベテラン・新人問わず、結果論としてですが自身が割に合わない仕事量としての認識を次第にほとんどの方が持ってしまうという事です。

これはどの職業にも言えた事ですが、特にこの運送関係の事務職務について業界ではよく聞かれることです。

給料が少ない!

基本的には事務職務で得られる給与額というのは良くて平均20~25万円程と言われています。

これはごく一般的な運送会社による統計値としてでありますが、これもこの業種に限ったことではありません。

あくまでも個人的な見解ですが、はっきり言って少ない方だと思います。

そこから見てもほとんどの方々は生活がかかったお仕事と思われますので、肝心なお給料が少ないと直接生活に影響してしまいます。

そして不満に繋がる…

この事から、最も多いつらいこととして並べてみた結果、私自身も思わずうなずいてしまいますね。

 

運送会社の事務員への転職をお考えの方は一度性格診断チェックをしておくことをおすすめします。

こちらは高機能でかなり信頼性の高い診断チェックテストになっています。

ご利用してみてください。

🔗自分が運送会社の事務員に向いているかチェックしてみる

 

運送会社事務を辞めたい理由とは!

 

物理的に現実味をもった事柄から(先述した給料面でのつらいこと)、辞めたい理由として最も多いとされている社内での悩み…

ズバリいうと人間関係ということ。

人間関係…
これもどの職業にも当てはまる事ではありますが、基本的に事務職務となると「単独で外回り」をしたりとか、「一人ぼっちの作業」という事はありません。

厳密にいえば各々任された業務をひたすらこなすという事となりますが、事務所内でのお仕事ですので、他の事務員や作業スタッフ・会社社長を初め、重要なポストの方々とのやりとりは必要不可欠。

そこに上手くいかない等の人間関係とくればもう八方塞がり。

高圧的態度を取る

他の社員の前で叱責過去の失敗の蒸し返し常に完璧を求める等…

これらに該当する上司や同僚、最悪は目下の後輩…

金銭的な現実問題も多いなか、実際の不満としては上手くいかい人間関係…

人間が持つ精神的な問題はむずかしく、実はこの事例がもっとも事務職をやめたい理由として多かったりもします。

 

運送会社事務員のストレスとは

 

運送会社の事務員として持つストレスとなると、これまでの記述してきた項目はすべて該当し、そのすべてが原因ともいえます。

業務内容の複雑さや直接生活に関わる給与の金額面、そして人間関係と考え方・言い出したらキリがなく、頭の中がパニックになるほどです。

少し大袈裟かもしれませんが、誰もが理解し同情できるような出来事は言わば究極であり、むしろ自身ではストレスになると思ってない出来事の方が、実は自覚症状のないストレスとして満盈(まんえい)してたりするものです。

意外とこの辺を自身で意識していくことで改善策もとれるのではないでしょうか…。

 

運送会社の事務への転職を成功させるコツとは

 

これまでを振り返ると、この運送会社の事務員としての職務とはいかに大変な業務であることがお分かりいただけとと思います。

この業種を転職先として選ぶのであれば、正直なところで覚悟というものも必要かもしれません。

ですが裏を返せばそれだけに「良くも悪くも奥が深い業種」とも捉えられるのです。

これまで記述してきた項目を主なポイントとし、そこからどんな些細なことでも良いので「自身でやりがいが持てる事柄」を見出すことがカギとなるでしょう。

それらをしっかりと自身のマインドとして持つことができれば、面接から就業へとおのずと道が開けてくるというものではないでしょうか。

運送会社事務員のもっと詳しい情報収集や求人はこちら

トラック運転手におすすめの転職エージェント
運送会社事務員の実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近の運送業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
未だにブラック企業の多い運送業ではエージェントにしっかりと中に入ってもらった方が安心できます。

運送業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントで運送会社事務員の詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントで運送会社事務員の相談をする

まとめ

 

いかがでしょうか、今回では運送会社における事務職についての大変さとしてストレスの原因となる事柄や、結果やめてしまう事になる要因としても細かく見てきました。

こうして並べるとかなりネガティブな内容と見えますが、ご自身での悩みなどを解決していく上では役に立つものだと思われ、かえってこのような「入り口」の方が重要なのかもしれません。

わかりやすく言えば「印象が良い入り方」ではそれだけ期待感を持ちがちで、後々「マイナスな事から立ち直る」のに苦労ししたり挫折もしがちになりやすいですが、「印象が悪い入り方」の方がかえって期待感を持たない分「前向きに進める事も多い」と言えるのではないでしょうか!

タイトルとURLをコピーしました