スポンサーリンク

トラック運転手が日焼けする原因とは?対策方法について

トラック日焼け対策 ドライバー全般
スポンサーリンク

 

トラック運転手は運転中にも日焼けをしてしまいますよね。

特に窓側の腕や顔などは日を浴びがちです。

そこで今回は、日焼けしてしまう原因と対策方法についてお話していきます。

 

自分の適正年収を把握していますか?
今回貰えるべき適正年収を調査したところ年間で100万円以上損をしていることが判明しました。
ご自身の推定年収は必ずチェックしておきましょう。
無料診断で料金は一切かかりません。

>>損をしていませんか?自分の適性年収を調べてみる

トラック運転手が日焼けするの?

 

トラック運転手はかなり日焼けします。

意外と思いますが、車内でも紫外線が入り込んできます。

フロントガラスの影響もあり、余計に日焼けすることとなります。

車内にいると気づかないことがよくありますが、運転中の日焼けは問題になります。

また、コンクリートなど走ると跳ね返しもありますので、かなりの紫外線を受けることとなります。

また、肌だけでなく目にも紫外線を受けることになります。

目の紫外線は非常に危険になります。

失明する可能性もあります。

肌の日焼けとして、日焼け止めクリームと紫外線防止ワックスです。

日焼け止めに関しては、市販のクリームで対応することをおすすめします。

どこでも手に入るので気軽に購入することができます。

乗車前に顔・腕に塗ることで日焼けを防ぐことができます。

また、日焼けが気になる人はスプレー対応で頭皮も日焼けしないように対策することもおすすめです。

車体にワックスをかけることも対策の一つになります。

ガラスが紫外線を防いでくれますので、日焼けしにくくなります。

ただ、ワックスに関しては、長持ちしないものもありますので、きちんとディーラーなどに相談後ワックスをかけることをおすすめします。

トラックは、雨や風の影響をもろに受けます。

さらに、排気ガスの影響もありワックスの効果が長続きしない可能性もあります。

そして、目の対策としてはサングラスです。

眼鏡をかけることになれていない人は不便になると思いますが、サングラスをすることで目の日焼けを防ぐことができます。

その他、カーテンをして日焼けを防いでいる運転手もいますが、グレーゾーンになりますので今回は触れません。

自己責任になりますが、基本的に規制対象になります。

特に、運転席と助手席は規制が厳しくなっていますので要注意です。

 

トラック運転手が日焼けしてしまう原因とは

 

日焼けしてしまう理由は、もろに紫外線を受けるからです。

野外走行が多いし、大きなトラックと高い運転席なので信号待ちでも陰になることが少なくなります。

運転中以外にも荷下ろしや荷積みのときにも焼ける可能性があります。

また、配達の最中も日にあたりますので日焼けします。

一番は、運転中です。

運転中はコンクリートからの跳ね返ってくることあります。

また、運転中は他の車の反射もあります。

トラックの運転席が高いこともあり、ダイレクトに受けることになります。

運転中の日焼けは様々な原因がありますので、きちんと対策をすることが望ましいです。

 

日焼けのデメリットとは

 

日焼けのデメリットは、日光皮膚炎や皮膚障害になる可能性があります。

日光皮膚炎はサンバーンと呼ばれて皮膚に軽いやけどを負った状態で赤み、かゆみなどが起こります。

炎症後は、色素沈着が半年ほど残ることになります。

この症状を繰り返すと将来的に皮膚がんに発展する可能性が高くなります。

また、紫外線を多く受けるとくすみやシワなどが増える原因となり、皮膚障害が発生します。

しかし、日焼けはデメリットだけではありません。

メリットもありますので、完全に遮断するよりも適度な日光に当たることを心がけるといいでしょう。

 

トラック運転手の日焼けを防ぐ対策方法とは

 

日焼けを防ぐ方法は、大きく2つです。

完全に防ぐことは難しいのが実情であり、少しでも日焼けを防ぐ工夫が必要です。

道路交通法も改定されてるので法律で許される範囲で行うようにしてください。

まず、一つ目は車本体を改善することです。

ワックス・日焼け防止シートをすることで紫外線を減少させることができます。

カーショップなどでも購入することができ、手軽にできる対策です。

また、カーテンをつけることも対策になりますが、運転席や助手席のカーテンは違反対象となる場合があります。

2つ目は自分自身のケアです。

長袖を着用することや日焼止めクリームを塗ることが最善の対策になります。

特に、日焼止めは日々進化しています。

クリームタイプに加えてスプレータイプもあります。

自身の都合に合わせた商品を身に着けると良いでしょう。

 

※給料をあと5万円上げたくありませんか?

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできます。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

まとめ

 

車内にいても紫外線の刺激は受けてしまっています。

窓側の腕だけ焼けてしまうということもよくあります。

紫外線を受けると肌ダメージも大きくなるので日々のケアをすることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました