スポンサーリンク

配車事務はきつい?給料や仕事内容、志望動機の書き方について!

配車事務はきつい 運行管理
スポンサーリンク

 

運送会社となれば「荷物を運ぶ運転手ありき」なのはどなたであってもご存知の事。

ですがそれらの各運転手が、配送業務に就くには「配車事務」による業務によって各運転手への配送業務が円滑に動かされており、優れた配車業務によっては運送会社の業績をも左右する事だってあるのです。

今回その重要な役割として担ってる配車事務の仕事はきついのか、給料や仕事内容、その職務に就くにあたっての志望動機の書き方などを詳しく掘り下げて見ていきます!

 

※配車事務のもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗配車事務の給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

配車事務とは

 

国内での運送会社での荷物の行き先は、本土において東西南北のみならず日本国内の離島や、そのほか海外などにも輸送されて行く荷物などあったりもします。

簡単に言うと、各地域の行き先がバラバラになってる荷物を「どのドライバーやどのトラックで運んで配送して行くのかを決めていく業務」を担当しているのが配車事務です。

●お客様からの荷物配送依頼

●荷物の配送先を確認

●どのドライバー・どの車両によって配送していくかを決定

この様な一連の流れとした配車業務によって、毎日目的地へ配送されて行く荷物を円滑に回していける様にして行くのが主な仕事とされております。

空港で例えるとなると管制塔(司令塔?)と言ったところでしょうか。

 

配車事務の仕事内容とは!

 

「業務の簡単な流れ」からさらに詳しく見ていくと、お客様からの依頼から、さらには状況によって「交渉してい行かなくてはならない事柄」なども発生し、それらにも対応して行かなくてはなりません。

ドライバー達への配送手配や、ドライバーに対しての細かいスケジュールの打ち合わせなども調整していく能力が必要となってきます。

そのため事務所以外による業務調整も電話対応などによってこなして行くことも必要であり、とても重要な業務とされております。

それだけに安全管理・それ以外のコミュニケーション能力としても、スキルが問われる「決して簡単では無いお仕事」と言う事になりますね。

 

配車事務に必要な資格は何?

 

結論から先に言いますと、基本的には配車事務として働く為に必要となる資格はありません。

ただし運送会社の事業主が保有する車両の数によっては、ドライバーとしての従業員人数も前後する場合もあるのでその場合、国家資格としての運行管理者資格を持つ配車事務員が一定数は必要とされます。

●資格保有者は貴重な人材として有利!

配車事務として仕事に就くには、特別な資格というものは必要としませんが、企業の規模によっては必須となります。

そこから考えると、「資格保有」は企業にとっては貴重な人材となるわけです。

配車業務に就く従業員にとっても将来的な事を考えると後々には有利となり、それらを踏まえ良い結果となり得ます。

「運行管理」の資格を得れるのであれば、持つ事に越したことはないと言えますね。

 

配車事務がきついって本当?

 

配車事務の場合「顧客」・「ドライバー」・「会社内でのやりとり」によって常に忙しく仕事をしています。

向き・不向きで言えば、人と話すことが苦痛でなく、仕事に限らずとも人間関係で臨機応変な対応が取れた「コミュニケーション能力にたけてる方」など、そこに「いかなる事への改善策」が取れる方はもっとも向いてると言えるのではないでしょうか。

逆にこれらの事柄が苦手であれば仕事の内容うんぬんでは無く、そもそもの不向きから業務内容がさらに苦痛と考えられます。

キツい・キツくないは仕事に対して「どれだけ好きな事柄を持ってるか」にかかっており、その辺を見いだせなければこの仕事も「ただキツい」と言う事となりますね。

 

※あなたは配車事務に向いていますか?

 

配車事務は向いていないと長くは続きません。

向き不向きは性格診断テストで調べることができます。
一度性格診断テストでチェックしてみましょう。

 

>>配車事務に向いているかチェックしてみる

配車事務の給料はどれくらい?

 

これまで見てきてた中でも運送会社にとっても重要な立ち位置であり、ある意味特殊な業務を任されている配車事務の仕事。

企業の規模や、業績の良い会社ともなるとお給料の方もある程度は高額も望めるとも言えます。

実際の配車事務員の平均的な給与額としては18.20万~25万円と言ったところのようです。

これらを見る限り「可もなく不可もなし」とも捉えられるにしても、配送事務という仕事では「経験」と「能力」、できれば「運行管理資格を保有」する事や「転職」により就いた会社によっては給与額アップにつながる可能性を持つ業種でもあります。

 

志望動機の書き方

 

これはどの業界に対しても言える事ですが、志望者が多く応募が集まっている会社では「平凡な志望動機」となってしまっては他の志願者に埋もれてしまい、志願する会社側にも印象が残りません。

それには「採用担当の心に響く」ことを目標とし、選考を勝ち抜くための印象深い志望動機を作成する事によって他の志願者にくらべ、「頭ひとつ抜け出す」結果となるのです。

「そもそも自分は物流業界について向いてるのか?」などを軽く自己分析した上で考えていきましょう。

●なぜ物流業界・この会社なのか?

●業界についての業務カテゴリーを知る?魅力的な動機としての研究

●貢献できる事として自分に何ができるか??求めてる人材についてなど

●どのような分野で必要とされているか?頭の中でのシミュレーション

まずはこれらを踏まえて書き出してみてください。

 

配車事務の求人募集やもっと詳しい情報はこちらから

トラック運転手におすすめの転職エージェント
運送業界は人手不足で転職するなら今がチャンスです。
事務員が会社を選べる状況になっています。
しかしブラック企業が未だに多く存在している運送業界では良い会社の見極めが難しいのも現状です。

そこで良い会社を見極めるコツがエージェントの活用です。

今エージェントからの配車事務への転職が急増しています。
その理由は給料や労働条件、福利厚生などを事前に確認し交渉までしてくれるからです。
あなたの条件に合った企業であるという前提で面接に望めます。
いちいちその都度面接に行って自分で確認する手間が省けます。
またお金の話や休日、仕事内容など自分の条件を交渉しにくい方にもおすすめです。

【エージェントへの依頼具体例】

給料は手取りで20万円以上欲しい
土日は休みたい

このような条件で探してほしいと伝えるだけでオッケーです。
運送会社を探すならリクルートエージェントが1番おすすめです!

>>リクルートエージェントはこちらからどうぞ

リクルートエージェント業界最大手で求人数と実績が日本で一位です。
また大手や人気のある運送会社は非公開求人になっている場合が多いです。
あなたがいくら探しても求人が出てこないのは非公開求人になっているからかもしれません。
リクルートエージェントは非公開求人数が業界一位です。
お目当ての運送会社が隠れているかもしれません。

情報収集や自分の条件に合った会社を探している方はご利用ください。

>>リクルートエージェントに無料相談する

料金は一切かかりません。
登録したらからといって絶対に転職しないといけないわけでもありません。
情報収集にもお役立てください。

まとめ

 

今回は配車事務についての仕事内容から給料などについての記事としてまとめました。

この配車事務という業務がどのくらい大変であり、どのくらい企業にとっても重要な役割を担ってるかを少しでもお分かり頂けると幸いです。

どのような仕事でも「大切な役割」を持っていて、やり遂げると何物にも変え難い達成感も得られます。

興味のある方は是非チャレンジしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました