スポンサーリンク

バキュームカー(汲み取り屋)は過酷できつい?仕事内容や辞める理由を暴露!

汲み取り屋は過酷できつい? 転職
スポンサーリンク

 

昔はよくみかけたバキュームカー。

そのイメージは『臭い』につきたと思います。

しかし、最近ではあまりその姿を見かけなくなりました。

そして見かけても昔ほどの強烈な臭いを出してはいないように思います。

私達の生活では無くてはならない仕事なのですが、世間の目はどこか冷ややかなのも事実ですよね。

今回はそんなバキュームカーのあまり知られていない仕事内容などを解説していきたいと思います。

バキュームカー(汲み取り屋)は過酷できついのか、辞めていく人の理由などもお話していきます。

最後まで読んで是非参考にしてください!

 

バキュームカーとは!必要な資格と条件とは!

 

中型車が運転出来ればほとんど業務に支障はありません。

中には大型免許が必要になる車もありますが、運転する機会はあまりないと思います。

そして、バキュームカー運転手は汲み取り作業だけでなく、浄化槽の清掃・管理業務を請け負うのが一般的です。

浄化槽は定期的な清掃と保守点検が義務付けられており、浄化槽管理士の資格が必要です。

浄化槽管理士の資格を取得するためには、年1回の試験に合格するか、13日間にわたる講習を受講して合格するかのどちらかが必要です。

試験の合格率約20%と難易度が高く、講習の方では約80%が合格できることから、多くの人は講習によって取得しています。

 

バキュームカーの仕事内容や1日の流れとは!

 

早朝からの出勤や夜遅くまで働くといった事は基本ありません。

業務時間は日中なので他のドライバーとは明らかに違います。

それでは1日の流れですが、バキュームカーは「糞尿」だけを回収する仕事だけではありません。

工場などから出る産業廃棄物を回収する仕事もあるので、その日の業務内容は回収する物によって変わります。

そして、乗る車も回収物によって乗り換えますので毎回「糞尿」を回収するわけではありません。

それでも帰宅時間が夜遅くなったりすることは基本的にはありませんが、会社によっては雑務を行う会社もあるようです。

 

バキュームカーは過酷できつい?

 

よく言われるのが【臭い】です。

今は昔とは違って、技術が進歩し衛生面でも十分な環境が整っており「臭いが身体に染みついて取れない!」といった事はないと、多くの記事で書かれています。

しかし、実際の現場で働いている人の声だと「そうでもない」そうです。

確かに昔に比べれば格段によくなったそうですが臭いはやはり気になるようです。

それではなぜ気にならない人と気になる人の差がでるのか?

これは設備の問題だと思います。

最新式の車や装備、消臭剤などを使っている会社なら臭いは殆ど気にならないかもしれませんが、バキュームーカーを運営している会社は中小企業が多いので、その辺りの設備投資がまだできていないと、臭いが気になる!といった人もいるのだと思います。

 

バキュームカーを辞める人の理由とは

 

バキュームカーを辞められる人は【お金】が理由で辞められます。

臭いでとかではなく?と思うかもしれませんがバキュームーカーを運転されている人はベテランの方が多いのです。

給料が勤続年数であがっていく雇用形態をとっている会社が多く、初任給で貰える金額は仕事の内容と比べてもそれほど多くはありません。

5年以上勤務して大型ドライバー達と肩を並べるぐらいになるので、それまでに辞めていかれる人が多いようです。

 

バキュームカーへの転職を成功させるコツとは

 

インターネットで検索するのもいいのですが、ハローワークに行くことをお勧めします。

まず間違いなくあります。

学歴なども必要なく入りやすい職種です。

転職しようとする人が少ない業界なので会社で中型、大型車を後々運転してほしいと入社後に言われても会社が費用を援助してくれる場合が多いです。

それほど人材不足な業界です。

しかし中小企業の会社が多いので、休日よりは「給料」を確認したほうがいいでしょう。

年に2回賞与がある会社と1回しかない会社などよく見ると同じ仕事でも支給される金額が違う場合があります。

 

まとめ

 

意外と知られていなかったバキュームカーの実態。

「糞尿」以外の物も回収する場合もあり、それがは年々増えています。

原因としては水洗トイレが復旧してきた日本では昔のように回収する機会が減ってきています。

しかし、「糞尿」以外の需要もちゃんとあり仕事としては長く勤めれる業界なので転職を考えている人たちには安心できる業界です。

タイトルとURLをコピーしました