スポンサーリンク

トラックの輪止めと歯止めの違いは!輪留めの忘れ防止対策とは!

輪止めと歯止めの違い トラック関連
スポンサーリンク

 

トラックの輪止めと歯止めという言葉はよく聞きますが、詳しい意味は分からないのではないでしょうか?

今回はその輪止めと歯止めの意味や違いと、輪留め忘れ防止方法などについて紹介します。

 

 

輪止めと歯止めの違いとは

 

よく聞く言葉の輪止めと歯止めについて紹介します。

【輪止め】⇒ タイヤや車輪などの回転を止める道具(装置)の事です。
【歯止め】⇒ 歯車が回転しない様にする道具(装置)の事です。

基本的に意味は若干違います。

会社によって呼び方が違いますが、内容は同じです。

どちらで呼んでも問題ありません。

 

★輪止めや歯止めの目的

トラックなどの車両が動き出さない様に、1つのタイヤの両サイドに設置して安全に駐車する為の装置です。

使用方法は、駐車した後いつのタイヤの両サイドに設置します。1個だと輪止めをしてない方に動き出すので必ず両サイドに設置します。

輪止めをしている時に後方からくる車などに接触する事故が起こります。

設置する時は十分に注意を確認する必要があります。

 

 

 

輪止めと輪留めの違いとは

 

よく聞く言葉の輪止めと輪留めは、この単語には曖昧な部分があります。

【輪止め】⇒ 車輪などを動かないようにする事です。
【輪留め】⇒ 車などの車両がその場から離れたり動かなくなるよう固定する事です。

基本的に意味は若干違いますが、やっている事は同じです。

どちらで呼んでも問題ないです。

 

★輪止めや輪留めの目的

トラックなどの車両が動き出さない様に、1つのタイヤの両サイドに設置して安全に駐車する為の装置です。

使用方法は、駐車した後いつのタイヤの両サイドに設置します。1個だと輪止めをしてない方に動き出すので必ず両サイドに設置します。

輪止めをしている時に後方からくる車などに接触する事故が起こります。

設置する時は十分に注意を確認する必要があります。

 

 

 

輪留めの忘れ防止とは

 

輪留めを忘れることがあります。

経験上、私もそうでした。

しなくてはいけないと分かっていても、仕事が忙しい時や少しの停止時などは輪留めをするのを忘れてしまいます。

忘れてしまうと理由として考えられる主な理由はこちら

①輪留めをする習慣がない

②輪留めの重要性を理解してない

③サイドブレーキで大丈夫という安心感

④面倒くさい

以上が挙げられます。

輪留めをしないと車などの車両が勝手に動き出し、人身事故や物損事故など起こります。

実際に起こっているのが現状です。

では、どうすれば輪留め忘れを防止できるのでしょうか?

輪留め忘れ防止方法はこちら

①輪留めをすることを習慣つける
②輪留めの重要性を教育などして認識させる
③輪留めを設置しやすい場所に保管する

 

輪留め忘れを防止するには、この様な対策をすれば出来るでしょう。

サイドブレーキはいつ壊れるか分かりません。

サイドブレーキに頼らず、しっかり輪留めをするようにしましょう。

確実に車両を止めるときは、エンジンを切り、ギアを入れ、輪留めをすれば未然に事故を防ぐことが出来ます。

 

 

サイドブレーキの引き忘れ防止対策とは

 

よくニュースなどでサイドブレーキ引き忘れによる事故を目にします。

これは日本だけでなく海外でも起こっている様です。

なぜ起こっているのでしょうか?

 

【推定原因】

①引いたつもりで車両から離れる

②サイドブレーキの故障

③サイドブレーキの引きが甘い

 

上記のようなことが挙げられます。

では、どうすれば防げるのでしょうか?

【対策】

①サイドブレーキは、しっかりと引く

②サイドブレーキ引いた後、よく確認する

③サイドブレーキを引いた後、すぐ車両から離れず一呼吸おいて離れる

④定期的に点検する

 

 

以上の対策でサイドブレーキ引き忘れが防止できるのではないでしょうか。

確実に車両を止めるときは、エンジンを切り、ギアを入れ、輪留めをすれば未然に事故を防ぐことが出来ます。

 

 

まとめ

 

まとめ

 

輪止め・歯止め・輪留めの意味は、若干違いますが、やっている事は同じです。

車両を動かさなくするために輪止め・歯止め・輪留めを設置します。

車両が動かなくするのが目的なので、設置は必ず両サイド設置するようにしましょう。

確実に車両を止めるときは、エンジンを切り、ギアを入れ、輪留めをすれば未然に事故を防ぐことが出来ます。

サイドブレーキはいつ故障するか分かりません。

定期的な点検もした方が良いでしょう。

私も含めサイドブレーキの引き忘れに十分に注意しなくてはいけませんね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました