トラックの横乗りとは!辛い気まずいきついって本当?期間はどれくらい?

横乗りとは 転職

 

運送会社に入社するとまず横乗りといわれる新人研修があります。

初めて会う人と密室のトラックの中で2人っきりになるのは緊張もするし不安もあります。

しかし横乗りは非常に意味のあるものでチャンスでもあります。

この記事では横乗りの辛さやきつさ、横乗りで得られるチャンスや先輩ドライバーの本音などをご紹介しています。

 

トラック運転手の横乗りとは

 

トラックの横乗りとは運送会社に運転手として入社してきた新人ドライバーの社内研修になります。

 

横乗りをする意味

仕事を覚える

 

まずは新人が今後先やるであろう会社内や現場での仕事内容を覚えます。

会社でのルールや積み込み、荷下ろしの仕方、伝票の扱い方や作業日報の書き方などを覚えます。

ドライバーや各部署の先輩方へ紹介され挨拶を交わします。

 

道を覚える

 

ドライバーとして配属されたあなたに会社が任そうと考えている現場の場所や道を覚えます。

ルート配送ならそのルートの回る順番や行き先を勉強します。

 

お客さんへの紹介

 

先輩と横乗りで行く現場でお客さんに紹介されます。

今後付き合いをするお客さんですのでしっかりと挨拶をして顔を覚えてもらいます。

 

横乗りのアルバイトもある

 

新人研修としての横乗りは大きく上記の3つの意味がありますが、横乗りはアルバイトもあります。

配送助手ともいいますがこの場合の横乗りとは運転はせずに荷物も積み込みや荷下ろしを手伝うだけのアルバイトです。

さらに運転もせず荷物の積み下ろしもしない駐禁対策の横乗りもあります。

まさに横に乗っているだけの正真正銘の「横乗り」です。

また横乗りのアルバイトは女性にも人気があります。

運転はしなくていいしドライバーの助手としてサポートする仕事のわりに時給もいいです。

 

トラックの横乗り期間はどれくらい?

 

新人の横乗り期間は2週間から1ヶ月程度です。

未経験者なら1ヶ月くらいで覚えが悪いとそれ以上の可能性もあります。

逆に経験者なら横乗り期間も短くなります。

 

横乗り期間中の給料は?

 

横乗り期間中も給料はちゃんと貰えますが金額は会社によります。

時給で計算されたり1日いくらと決まっている会社もあります。

運送会社の横乗り期間中や最初の3ヶ月間の給料はまともには貰えず安く設定されている場合が多いです。

 

トラックの横乗りはきつい?

 

きついかきつくないかで問われたら肉体的はそんなにきつくはないでしょう。

なぜなら運転はしないし荷物の積み下ろしも先輩と一緒にするからです。

しかし徐々に運転や荷物の積み下ろしもテストとして一人でやらされるようになります。

新しい事を一から覚えないといけないのでそういう意味ではキツいとも言えます。

 

トラックの横乗りは辛い

 

気の合わない先輩や厳しい先輩にあたると辛い期間になるでしょう。

中には何も教えてくれない先輩やすぐ怒る先輩もいます。

そんな先輩にあたると余計に辛いですが逆に早く覚えて独り立ちしようという気持ちにもなれます。

 

トラックの横乗りは気まずい

 

初めて会う人と密室のトラックの室内に2人っきりになるので多少は気まずいかもしれません。

喋らない先輩やテンションの高すぎる先輩もいるので自分の性格と合わないと気まずいと感じるかもですね。

しかし先輩もそう思っているので実はお互い様なんですよね。

挨拶と礼儀だけしっかりしておけばいいです。

世間話ができる余裕ができてくると意外に楽しくなるものです。

 

横乗りで嫌われる新人とは

 

横乗りには先輩に嫌われやすい新人もいます。

私も何人もの新人ドライバーを横乗りしてきましたが嫌われやすい人にはある行動パターンがあります。

 

挨拶をしない

 

これは最悪です。

挨拶を怠ると横乗りが終わった後も仲良くしてもらえない可能性もあります。

年が上とか下とか関係ありません。

先輩を見かけたら「新人の〇〇です。宜しくお願いします」としっかりと挨拶をしておきましょう。

人間関係を作る上で挨拶は非常に大切です。

良い第一印象とは見た目と挨拶ができるかです。

必ず挨拶をするように心がけて下さい。

 

喫煙

 

昔のドライバーはほとんどが喫煙者でしたが最近では私のまわりでも禁煙者のほうが多いです。

もちろんそうなると先輩の車は禁煙車です。

タバコの匂いは吸わない人からすると強烈ですので先輩が禁煙者なら車内では「吸ってもいいですか?」などの無神経なことは言わずに絶対に吸わないようにしましょう。

 

スマホいじり

 

これもNGです。

いくら助手席でする事がなくてもLINEやメールをずっとしている新人は「なんだこいつ」と思われます。

スマホのゲームなんかはもってのほかです。

聞きたいことの質問をしたり右折や左折時に車がきていないかなどの運転のサポートをしてあげましょう。

 

言葉使い

 

言葉使いもあなたの印象に関わります。

横乗りするドライバーが年下だとしても相手はその会社では先輩です。

初めのうちは敬語を使うべきでしょう。

逆に口の悪い常識を知らない年下の先輩にあたってもあまり気にしない様にしましょう。

横乗りはいつまでもは続きません。

運転手は独り立ちすると1人の時間が増えますから会うことも少なくなりますから。

 

寝る

 

朝は元気でも昼飯を食べてトラックの中でポカポカ日向にあたっているとどうしても眠くなってしまいます。

そんな時はガムを噛むなり眠気対策をとりましょう。

 

 やる気がみえない

 

横乗りの意味は先に説明した通りです。

決してその先輩の仕事のお手伝いではありません。

あなた自身が覚えるための横乗りです。

積極的にメモを取ったり質問したりしましょう。

そして現場では言われた事をやるのは当然ですが「次は何をしたらいいですか?」など自分からやる気を見せるくらいがいいです。

 

給料や休みのことばかり聞く

 

横乗りの時に給料面や休みのことばかり聞いてくる新人がいます。

聞かれる側としたら「そんなことは面接で聞いとけよ」と思うわけです。

仕事を覚える事が先なのにお金の話ばかりしてくる新人は嫌われがちです。

 

前の会社の悪口を言う

 

前の会社の悪口を言う新人がいます。

どんな会社にもいい面悪い面があります。

そんな新人の話を聞いていると「愚痴っぽいなぁ」「この会社の悪口もそのうち言い出すんだろうなぁ」と聞く側は思います。

前の会社や前の上司の悪口は言わない方が無難です。

 

横乗りは最大のチャンスでもある

 

横乗りは新人にとって大きなチャンスでもあります。

先輩や仕事先からいい印象を持たれるとその後の仕事にもプラスとなります。

独り立ちした後でも「調子はどう?」など気にかけてもらえます。

また横乗りをしてくれる先輩は必ず上司や社長に「今度の新人はどうだ?」と聞かれるしあなたのやる気や行動を必ず報告します。

挨拶をちゃんとしたりやる気を見せるといい報告を先輩がしてくれます。

おのずとあなたはいい人材となるわけです。

横乗りはチャンスと思って取り組んで下さい。

 

長距離トラックの横乗りについて

 

長距離の運送会社の横乗りは特殊です。

運転時間やトラックに拘束される時間がかなり長いです。

路線便のドライバーになるとさらに夜間走行になり昼と夜が完全に逆になります。

大型トラックに満載の荷物を積んで夜に出発します。

それだけでもヘトヘトになるのにそこから6時間から8時間のロングドライブです。

しかも初めて会った人とです。

先に説明したきつい、辛い、気まずいが全て当てはまります。

私の経験からしても新人はほぼ100%眠気に襲われます。

それは仕方のないことなのでそれとなしに先輩に伝えましょう。

先輩も理解してくれます。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

この記事では新人ドライバーの研修である横乗りについてご紹介しました。

多数の新人ドライバーを横乗りした私がはっきりと言い切れるのは挨拶とやる気の2点です。

初めて会う人でも挨拶さえしっかりとしておけば大丈夫です。

逆に挨拶ができない人は常識のない人間だと判断されいくら仕事ができても会社内でいい人間関係を作ることは難しいでしょう。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました