本ページはプロモーションを含みます
スポンサーリンク

ユニック車のサイズ一覧!3t 6t 7t 8tなど/種類まとめ

記事内にプロモーションを含む場合があります
ユニック車とはどんな車 役立つ情報
スポンサーリンク

 

なかなか聞きなれない車種かもしれませんが、ユニック車という車があることはご存知でしょうか?

私は普段仕事柄、4t車のユニック車に携わることが多いのですが、人によっては中々見る機会も、携わることもない車でしょうね。

今回は、このユニック車とはどういうものか?どれくらいの寸法があるのか?などについてお話していきます。

 

自分の適正年収を把握していますか?
今回貰えるべき適正年収を調査したところ年間で100万円以上損をしていることが判明しました。
ご自身の推定年収は必ずチェックしておきましょう。
無料診断で料金は一切かかりません。

>>損をしていませんか?自分の適性年収を調べてみる

スポンサーリンク

ユニック車とは?

 

ユニック車とは簡単に説明すると、小型のクレーンがトラックと一体化したものになります。

通常の生活では中々使うことや乗ることがないでしょうが、外仕事の特に工事や大工さんなどはよく使用します。

別々にクレーンだけがあるクレーン車や、荷物を運ぶためだけのトラックもありますがそれが合わさったものがユニック車です!

荷物も運べて、その荷物をすぐに下ろせるのでかなり便利な乗り物になります。

 

ユニック車の2tサイズの寸法とは

 

車種にもよるかもしれませんが、1つのユニック車で寸法を言うと…

 

・全長    5985mm

・荷台の長さ 3700mm

・全高    2638mm

 

となっています。

2tサイズのユニック車は個人的には、あまり見る機会がありませんが、かなりコンパクトになっているでしょう。

それとユニック車特有の小型クレーンは意外と重量があり、トラック的に総重量が決められているためそこまで荷物を運ぶことが出来ません。

小型クレーンの重量があることを考えると、本当に手で下ろすには大変くらいの物で使用されることが多いです!

 

3tユニック車のサイズや寸法とは

 

3tサイズの寸法は…

 

・全長    6815mm

・荷台の長さ 4300mm

・全高    2765mm

 

となります。

2tサイズと1t違うだけではそんなに寸法が急に変わることはないですが、普段から4tサイズのユニック車を見ている私が見るとパッと見はやはり、なんか小さいなと感じます!

しかし、小型クレーンの重量は2t車とそこまで変わらないので、荷台に乗せられるものが2t車よりはかなり積める感覚にはなるはずです!

 

6tユニック車の寸法やサイズとは

 

6tになってくるとかなり大きく見えるでしょうし、使い道はかなり選択肢が増えてきます!

では寸法は…

 

・全長    8665mm

・荷台の長さ 6030mm

・全高    3020mm

 

となっています!

6tになると一気に大きくなりますし、選択肢が増えると言いました。

しかし、いい事だけではなくなってくることもあります。

荷物を積める量、それにサイズが大きくなるにつれて小型クレーンのサイズも大きくなるので、吊れる重量もかなり吊れます。

これだけ聞くといい事しかなさそうですが、大きい分、運転が大変になってくるのと場所によっては通れない場所も出てきます。

私がよく使う4t車でさえも、高さの制限や長さがあるので車が曲がり切れずに入れないところもあります。

目的地さえついてしまえば、活躍しますがそれまでの道のりで苦を見ることもあるでしょう!

 

8tユニック車の寸法やサイズとは

 

次に8tサイズ!

こちらの寸法は…

 

・全長    8900mm

・荷台の長さ 5100mm

・全高    2950mm

 

となります。

この辺まで来ると訳が分からなくなってくるでしょうが、荷台の長さだけで2tサイズの全長とほぼ変わらないです…

ここまでいくつかのサイズについて紹介しましたが、大きいと色々使い道があるが道も限られる、小さいと使い道は限られるが目的地で役に立つ!

どのサイズでもメリット、デメリットがあるので使う際には目的地は道のりを考慮して使用してくださいね!

 

※給料をあと5万円上げたくありませんか?

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできます。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

ユニック車の張り出しアウトリガーの寸法とは

 

アウトリガーって?と思う人もいるかもしれません!

小型クレーンを使う際には、必ずアウトリガーを使うのです!

アウトリガーとは、クレーンでものを吊る際に使用するもので吊っている際に、トラックが横転したりしないように踏ん張ってくれるものです。

アウトリガーを使う図にものを吊ると、最悪の場合横転して、死亡事故につながることもあります!

2~3t車で大体2~3m、私のよく使う4t車も同じくらいになります。

ちなみにこれは三段階くらいに広げられますが、広く使えば使うほど安定性に欠けてくるので重たいものを吊れなくなります。

その分軽いものだと遠くに持っていけたりと、これも様々な使い方があります!

どうやって使うにしても決められている重さ、距離などがあるので使用する際は必ず基準通りに使ってください!

一度私は横転しそうになったユニック車を見たことがあるので、使用の際は必ず基準内で行うようにしています!

 

無料の転職サイトを活用していますか?

トラック運転手におすすめの転職サイトと転職エージェント

 

いま転職する気がない、もしくは後々自分で探そうと考えている人も絶対に転職サイトには登録しておきましょう。

理由はストレスや疲労がたまると就活活動はもちろん転職サイトに登録する気力すら無くなるケースが多いからです。

気になっている企業や興味のある求人の情報を把握しているだけでも【いつでも転職できる】という状態であれば安心だし、体を壊したりうつ病などになる前に転職という手段が打てます。

転職サイトの登録は簡単で無料だし、勧誘や担当者からの電話などは一切きません。

あなたの行きたい会社の求人や転職が可能な企業があればメールで届くのでいつでも転職できるという精神的な安心感や余裕ができます。

転職はそのうちに、今はまだ無理と思っている方も登録だけは絶対にしておくべきです。

優良な会社の求人情報が豊富な転職サイトはこちらです。

無料で簡単に登録することができます。

業界日本1位のリクルート社が運営している間違いのない転職サイトです。

>>リクナビNEXTの無料登録はこちらからどうぞ

 

まとめ

 

ユニック車について、お話しましたが、一度でも見たことはありそうでしたか?

見たことがあってもなかなか、それをユニック車とは分からなかった人もいると思います。

トラックの形をしたものに、クレーンが付いているのもの!

それがユニック車です!

私もおそらくですが、今の仕事をする前までは、見たことがあったかもしれませんが、認知は出来てなかったと思います。

少なからず興味があって、あなたは調べているのでしょうから、今からでも道路を見てみてください。

台数は乗用車にくらべればかなり少ないですが、意識していれば必ず一台くらいは現物を発見できるはずです。

もしくは近くに家が建てられている場所や、工事現場が近くにあれば見ていれば見られる可能性があると思いますよ。

ぜひ、一度自分の目でユニック車を見てみてください!