スポンサーリンク

配車係のストレスはマジきつい!仕事内容や辞めたい原因を暴露!

配車業務はまじきつい 運行管理
スポンサーリンク

 

運送会社の中での各業務はそれぞれ大切な役割を持っています。

その大切な役割の中で特に重要とされてるポストが「配車業務」です。

この配車係の仕事次第では、会社の売り上げをも左右することになります。

そうなれば「常に失敗はできない」というストレスとの戦いにも繋がってくるのではないでしょうか。

今回はそんな気苦労絶えないイメージを持つ配車係の業務はきついのか、、仕事内容からくるストレス、それによって辞めたくなる原因を暴いていきます!

 

配車業務とは!仕事内容と1日の流れ!

 

配車業務はまさに読んで字の如く各ドライバーへ仕事を配る仕事です。

その日の各ドライバーに対して要となる仕事の割り振りを行う業務であり、それだけに会社の配車係が求められる要素は常に多いとされます。

《仕事内容》

顧客からの依頼に対し、車両を手配するためにドライバーの配車を組んでいきます。

必要に応じて交通状況などをチェックしたりドライバー達の進行状況などを確認し、無線や電話などで的確な指示をしていきます。

これらもドライバーの安全面を管理する事を含む大切な業務内容となります。

そこからタコグラフを含んだ運転日報の整理などの他、ドライバー達の事故や違反などの事務処理に臨機応変な対応をしていかなくてはならない業務です。

 

《1日の流れ》

次に配車係によって毎日行われている業務の始めと終わりまでを簡単な流れとして見てみます。

●8:00 → 出社

朝、その日の配送状況、ドライバー達の何かしらトラブルがあった場合などは前日分の「配車組み替え」などをし、状況などを見直す。

●9:00 → 当日分の配車業務を開始する

社内に居る事務職員に協力などをしてもらい、その日の「急な便」などにも対応しながら配車業務をこなしていきます。

●12:00 → 昼食・休憩時間をとる

●13:00 → 翌日分に向けた配車組みの業務を開始

顧客から依頼を受けた配送業務を各ドライバーに振り分けていく為の配車業務をおこないます。

この場合、仕事内容から各ドライバー達の安全も考えながらの配車プランを立てていきます。

●18:00 → 配車組み業務を完了

それまでの整理してきた仕事で漏れなどのミス等ないか、もう一度見直し確認する。

●19:00 → 業務が終了

1日の仕事が終了し、その後帰宅となる。

 

配車業務に必要な資格とは

 

配車係としての配車業務に必要な資格となれば運行管理者と言う国家資格となり、運送会社においては避けて通れない義務です。

ただこれは運送事業者として、営業所ごとに一定の数以上の車両を保有としてる場合、その営業所ごとに一定数の運行管理者を置かなければならないとされています。

つまり、全ての配車係ひとりひとりにこの資格が必要なのでは無く、営業所の中に誰か1人でも有資格者としての専任者がいれば、誰でも配車係としての仕事に就ける事となります。

 

配車業務はきつい?

 

はっきり言うと、気後れする方には不向きな仕事でしょう。

つまり、気の弱い人、その様な要素が少しでもある方の場合はやめた方がいいです。

というのも運送業界というのはあらゆる顧客とのやり取りから揉め事もあり、幾度と降りかかるトラブルに対しての処理をしなくてはなりません。

運送関係のドライバーには気性の激しい人も多く、尻込みすると舐められます。

作業としては他の業種と同様、淡々とこなせる人であれば特別むずかしい内容ではないかと思われますが、それ以外での精神的な問題から自分の意見をハッキリ言える人以外はきついといえます。

 

配車系の抱えるストレスとは

 

先述してる「きつい」項目から見てきても経営者や上司との絡みから来る人間関係

そこにリアルな現場の状況を言いたい放題な態度をとってくるドライバー達。

顧客との信用問題として、常に失敗は許されないような状況下に置かれる荷主との人間関係

これだけ並べても自覚症状があり過ぎるほどのストレスとなってしまい、よほどのマインドを持ってないと高い確率で体調を崩す事となります。

 

配車系を辞めたい原因とは

 

厳密に言えばどのような仕事であっても、辞める理由としては人それぞれ十人十色。

わがままな性分からの思うようにいかぬ理由での退職や給与の問題での退職。

「仕事内容に割りが合わずやる気も失せた」など、人によっての個人的な環境も大きな原因のひとつとも言われます。

ただこの配車係のケースに至っては人間関係か来るプレッシャー、このプレッシャーが常にかかってる状態だとやるべき事の前後がバラバラになったりもします。

そうなれば仕事としての本質を見失い、大きい失敗にも繋がります。

気が弱い人の場合ともなると大きな失敗は自信をなくし、その後自ら退職への道をまっしぐらという結果に…

それらは目立った原因としてよく聞かれます。

 

配車系への転職を成功させるコツ

 

現在いろいろと悩みながらも頑張って配車係として業務に就かれている方とは逆に、配車係としてこの業界に足を踏み入れたいと転職を考えてる人もいるでしょう。

では、転職を成功させるとなればどのようなコツをもって挑むかというと、これまで記述してきた項目では転職には運行管理資格の保有はもちろん有利となるでしょう。

そして、それぞれのネガティブになる原因一つ一つを、自身にプラスとして働くスキルになればもう鬼に金棒ではないでしょうか。

配車係という職業では肉体的なしんどさはさほど無く、そのほとんどの業務が精神面との戦いであり、ポジティブな要素が求められます。

他の会社で配車係として勤務されてる方との情報交換や意見を参考にしながらも、その難しさをいかに克服できるかがカギとなり成功させるコツといえます。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

配車係という仕事でストレスを溜めた結果、つらくなったり・辞めたくなったりと気苦労が絶えない配車係。

同じ運送会社で業務に就くドライバーとは違って結構つらい業種だと思います。

仕事として自分に厳しくしすぎては、精神面で病んでしまいその結果体調を崩す事となります。

タイトルとURLをコピーしました