スポンサーリンク

入ってはいけない運送会社一覧!評判の悪い運送会社はここだ!運送業はやばいからやめとけ!

運送業はブラックだらけ! 運送会社
スポンサーリンク

 

運送業界はブラック企業が多いって聞いたことありませんか?

実際のところはどうなのでしょう?

20年以上に渡ってこの業界に携わっている私の答えは、

残念ながら「多いです

多いと言っても働き方改革や労働基準の改正でかなり改善はされました。

真面目に労働時間の厳守に取り組んでいる企業もあります。

しかしながら一部、いまだにブラック企業と言われてもおかしくない会社があるのも事実です。

そして「入ってはいけない運送会社」と噂されている企業一覧がこちらです。

  • 日本通運
  • 佐川急便
  • 福山通運
  • ヤマト運輸
  • 西濃運輸

ご存じ日本の運送、宅配業界のトップ企業たちです。

なぜこのような有名企業が入ってはいけない運送会社にノミネートされるのかは下記で詳しく解説しておりますのでぜひご確認下さい。

またブラック企業の多い運送業では会社選びが非常に重要なポイントになってきます。

いい会社は本当に居心地も良く給料や年収も申し分ないです。

しかしそんな運送会社を自分で探すのは至難の業です。

そこで自分に合った会社やブラック企業に入社しないためのコツをご紹介します。

入ってはいけない運送会社に入社しない為のコツ!

ブラック企業の多い運送業界では会社選びは慎重にしなくてはいけません。
会社によって給料や待遇などが天と地ほど差があるからです。
良い会社は紹介制度を採用していて知り合いドライバー同士で紹介しあうのでなかなか空きがでないのが現状です。
そんな中で自分の条件に合った運送会社を探すにはエージェントに任せるのが1番楽です。
給料や仕事内容、待遇面の交渉までしてもらえます。

例えば
給料が手取りで30万円以上の運送会社を探している
土日祝日は休みたい
パレット輸送の仕事がしたい
長距離は嫌だ、毎日家に帰りたい
自腹制度がないか聞いてほしい
○○運送会社の応募がないか調べている
未経験でも雇ってくれる会社を探している
自分のスキルに合った会社を探して欲しい
免許取得制度があるか会社を探している

このようにアドバイザーに相談することができるので失敗するリスク減らすことができます。
運送業界ではこちらのリクルートエージェントがおすすめです。
大手の老舗で安心感があり求人数や非公開求人数が日本1位のエージェントです。


エージェントに無料相談する >>

簡単登録で無料で利用できます。
登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。
情報収集としてもご活用ください。

 

入ってはいけない運送会社一覧

 

入社してはいけない会社は一体どこなのでしょうか?

それを決めるのはかなり難しいです。

同じ会社でも良い会社だと思う人もいれば最悪だと感じている人もいるからです。

そこで入社してはいけない会社を決める基準が必要になります。

今回は3つの基準に当てはめて考えてみることにしました。

1 社員の内部リークがあった会社

2 ブラック企業大賞にノミネートされた会社

3 厚生労働省が発表した会社

近年ネットや転職サイトには企業の口コミを書き込むことができます。

社員の内部リークや口コミの悪い企業は入社の判断材料になります。

こちらの「ブラック企業大賞」というのはブラック企業大賞企画委員会が運営しており独自の指標でブラック企業を決定しています。

またホワイト企業はこちらの記事から確認することができます。

>>ブラック企業大賞HPはこちら

 

また入ってはいけない運送会社一覧は「全国法人リスト」より検索することができます。

掲載されている運送会社や物流会社は国交省や厚生労働省から法令違反等で行政処分を受けた企業となってます。

ただし現在は違反等が改善されより良い企業に変わっている可能性も高いので、「以前このような処分を受けたことがある企業」ということでご判断下さい。

特によく検索されている都道府県

・入ってはいけない運送会社一覧 北海道
・入ってはいけない運送会社一覧 愛知県
・入ってはいけない運送会社一覧 福岡
・入ってはいけない運送会社一覧 滋賀
・入ってはいけない運送会社一覧 大阪
・入ってはいけない運送会社一覧 栃木
・入ってはいけない運送会社一覧 埼玉県
・入ってはいけない運送会社一覧 三重県
・入ってはいけない運送会社一覧 神奈川
・入ってはいけない運送会社一覧 新潟
・入ってはいけない運送会社一覧 宮城
・入ってはいけない運送会社一覧 愛媛
・入ってはいけない運送会社一覧 山梨
・入ってはいけない運送会社一覧 千葉
・入ってはいけない運送会社一覧 長野県
・入ってはいけない運送会社一覧 佐賀
・入ってはいけない運送会社一覧 岡山
・入ってはいけない運送会社一覧 福島
・入ってはいけない運送会社一覧 石川県

>>上記の入ってはいけない運送会社一覧はこちらより検索可能です

1.検索したい都道府県を絞り込みます
2.スマホの場合は「リスト表示」にします
3.ページをめくると処分を受けた運送会社が記載されています

 

評判の悪い運送会社一覧とは!

 

前述でも記載しましたが、入ってはいけない(評判の悪い)運送会社と言われている企業をピックアップしました。

これはあくまでも私個人的な意見ではなく、ネット上で囁かれている声を拾ったものです。

 

《評判の悪い運送会社一覧》

  • 日本通運
  • 佐川急便
  • 福山通運
  • ヤマト運輸
  • 西濃運輸

 

上記の会社は、ネット上でブラック企業と言われている会社でした。

お気づきかとは思いますがいづれも日本の運送会社のトップ企業です。

働いている元社員や元アルバイト、現社員や現アルバイトの数が圧倒的に多いので悪い口コミの数も多いでしょう。

運送業自体も少なからず過酷な職業には変わりありません。

今はネット通販も増えて荷物の量も急増しています。

働き方改革で仕事量の割には労働時間を制限され、その時間の中で仕事をこなさないといけなくなりかなりハードな内容になっているのはよく聞く事実です。

万年人手不足の業界ではあるので、現役で働いている人には会社側は無理をお願いしていることもあるでしょう。

それがブラックと言われている一つの要因です。

しかし私はこの5つの全ての企業の仕事を庸車として働いたことがあります。

はっきり申し上げてやはり大企業はしっかりとしていて羨ましいと感じましたよ。

個人経営の小さな運送屋にはもっと超ブラックな会社は山ほどあります。

感じ方や考え方は人それぞれですが、私はドライバーとして働くなら、この大手5社をおすすめします。

未経験者ならなおさらです。

ある程度経験を積んだら、締め付けや規律が多少気楽な下請け企業に移るのも良いでしょう。

大手は年齢制限があるので若いうちに挑戦するのは全然ありだと思います。

入ってはいけない運送会社一覧として書きましたが、入れるなら入って経験してみるのもいい運送会社一覧だとも言えます。

 

運送業はやばい?

 

運送業はやばい?とよく聞かれます。

実際に今でもタイムカードのない会社や、みなし残業という名目でサービス残業を平気でさせる会社も存在します。

車両事故や荷物事故を起こせば自腹で払わされるし、誤着をすればチャーター代をドライバーに請求する会社も少なくありません。

せっかくドライバーとして独り立ちしても、ちょっとしたミスでトラックをおろされたり、これでもかというくらい怒られる研修やペナルティもあります。

ヤバいと言えばヤバい業界なのかもしれません。

 

しかしメリットも大きいと言えるのは間違いありません。

運転免許だけで20万円~50万円を目指せる業界ですし、色んな所に行くので道も詳しくなります。

一旦、会社の外に出れば自分一人の時間も取れるし、同じ場所にずっといることが苦痛な方にはピッタリの職業でしょう。

1番大事なことは「どんな会社に入社するか」ということです。

運送業界は入る会社によって天と地ほど運命が変わると言っても過言ではありません。

失敗しない会社の選び方をこちらで詳しく説明していますのでじっくりとご覧ください。

>>失敗しない会社の選び方やコツはこちらから

 

運送業はやめとけ?

上記でも説明しました通り、運送会社は会社によって給料や待遇が全然違います。

したがって「運送業はやめとけ?」という質問に対しては「ブラックな会社ならやめとけ」となります。

当たり前の話ですが運送業は本当に需要があり社会貢献のできる職業なので、ひとえに「やめとけ」とはどうしても業界従事者として言い難いものがあるのです。

ブラック企業はもちろん淘汰されるべきですが、ホワイト企業であればむしろ積極的にチャレンジすべきだと思っています。

しかしながらトラック運転手などの運送業は性格的に「合う合わない」がはっきりとしていますので向いていない方は長続きしないのが現状です。

運転手に自分が向いているかどうかは一度チェックしておいた方がいいでしょう。

>>自分がドライバーに向いているか診断してみる

 

運送業はブラック企業が多い

 

運送会社にブラック企業が多いのは事実です。

大手の運送会社ではかなり改善がみられましたが、庸車といわれる下請け会社にはいまだにブラック企業が見受けられます。

運送業にブラックが多いのはある意味仕方がない部分もあります。

交通状況や現場での待機時間などは会社側ではどうしようもできないからです。

そのせいで時間が押してしまい、労働時間がオーバーしたので突然休ませるとなると会社も段取りが組めなくなってしまいます。

しかしこの記事でいうブラック企業というのは、そもそも休みがない、無茶な運行をさせる、会社独特の理不尽なルールがある会社を指します。

そのような会社についてもう少し詳しく触れてみたいと思います。

 

最悪な運送会社とは

 

ここでは私が聞いて最悪だなと思う会社をご紹介します。

実際に私の知っている会社で、存在しているブラック企業です。

労働時間が多い

 

トラックの運転手の労働時間とは、運転中と積み込みや荷下ろしをしている時間以外にも渋滞で止まっている時間や現場で待機している時間も拘束時間としてカウントされます。

拘束時間も立派な労働時間になります。

また荷物を積んでいない移動時間ももちろん労働時間に入ります。

運送会社の中には睡眠時間が1日平均4時間、労働時間が月に440時間を超える会社もあります。

完全にアウトですね。

 

給料が安すぎる

 

労働時間が長くてもそれだけ給料が高ければ文句も出ないかもしれません。

しかし労働時間が長いわ、給料は安いわではやってられませんよね。

ベテランの運転手なら絶対にそのような会社にはいきませが、業界の事をあまり知らないドライバーが入社してしまうケースが多いです。

 

実は運送業界では月の給料で5万円、年収で60万円くらいなら簡単にアップすることができます。

給料を今よりあと5万円上げたい方は下記のページをご覧いただければ幸いです。
簡単ですぐに年収アップができる方法をご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法!

 

事故したら全額自腹

 

これが最も最悪な会社です。

トラックをぶつけて修理代200万請求されたなどです。

事故の免責代を請求されるならまだかわいい方で、このような会社は保険に入っておらず事故が発生したらドライバーに全額請求してきます。

ドライバーが請求される事例としては車両事故だけでなく、荷物を破損した場合の請求や、荷物の誤着によるチャーター代などの請求があります。

これらの請求を全てドライバーにする企業が存在します。

 

まともな運送会社とは!

 

やはり、しっかりと勤務状況が管理がされている会社はまともな運送会社といえるでしょう。

社員の声をしっかり聞き取り、仕事に対する姿勢に見合った給料が支払われるのも、安定していて安心して働くことができる会社の条件のひとつではないでしょうか。

休日補償などの福利厚生が労働契約通りにならない会社は危険です。

働くだけ働かされても、給料が少ない場合もあるかもしれません。

そういった会社は注意が必要ですので、しっかり見極めることが重要です。

実際に庸車会社でよくある話ですが同じ荷主の仕事で同じ仕事をしてもA社とB社のドライバーでは貰える給料が全然違ったりします。

 

危ない運送会社は?

 

日本全国にはたくさんの運送会社が存在しています。

大手の企業もあれば、個人経営の会社など実に様々です。

大手は名の知れている分、働くには安心感がまず出てきますが、実際そんな保証はどこにもありません。

むしろ、どんな会社であれ入って見ないことにはわかりませんよね。

会社の方針だったり、どんな人柄の人が働いているのかなど外からは全くわかりません。

実際に、某大手運送会社は最悪な労働環境だという噂を多く耳にします。

でもこれだって、あくまでも噂にすぎません。

実際目の当たりにしたわけではないし、それこそ本当なのか分からないわけで。

どんなに大きな会社でも小さな会社でも、良い人もいれば悪い人もいます。

大手だから安心、個人経営だから心配ではないのです。

売上第一主義の会社は間違いなく過酷な労働を強いられることでしょう。

失敗しない運送会社はこちらの方法で簡単に探すことができます。

 

ブラックな運送屋に知らずに入社してしまったら?

 

もし、そんな会社に知らずに入社してしまったら迷わず辞めましょう。

事故をしてからでは遅いです。

運送会社は星の数ほどありますし、その会社でないといけない理由はありません。

もし少し給料が高くても、まともに給料を貰えなければ働いている意味がありませんし、一生飼い殺し状態にもなりかねません。

即、退社しましょう。

 

運送業で飼い殺し状態のドライバーは?

 

あなたが運悪く今現在、自腹で毎月給料から天引きされている状態なら弁護士への相談が最もベターな方法です。

弁護士といえばかなり敷居が高く費用もかかりそうで何となく敬遠しがちです。

しかし実際にはドライバーも弁護士に相談するケースがかなり増えてきました。

自腹の問題や未払い残業代の相談です。

費用も相談のみなら無料のところが多く、勝てる、勝てないも相談の段階である程度判断できるケースが多く無駄になることも少ないです。

中には数百万円もの未払い残業代を貰ったドライバーもいます。

が、しかしそれでも一時でもお世話になった会社を訴えるのは気が引けるというドライバーの方が圧倒的に多いのは事実です。

辞めるだけなら退職代行に頼むほうが現実的と言えます。

>>退職代行に相談してみる

 

ヤバい運送会社の特徴とは

上記でも少し触れましたが、ここではもう少し踏み込んでヤバい会社の特徴を説明させて頂きます。

1.タイムカードがない

2.交通事故を起こすと自腹(免責代、修理代など)

3.荷物事故も自腹

4.誤着によるチャーター代も自腹

5.飛び石によるフロントガラスの交換やリペア補修も自腹

6.運行前点呼やアルコールチェックがない

7.みなし残業制度を採用している

8.労働時間があきらかに労働基準に違反している

9.自分から頼まない限り休みがない

10.ほとんど家に帰れない

11.代わりの人間がいないので急には休めない

12.法律に基づかない会社独自のルールがある

13.ガラの悪い社長

14.ガラの悪い社員

15.ドライバーの運転マナーが非常に悪い

16.給料の明細が不透明

17.ネットの口コミで元社員に悪口を書かれてる

18.毎回、求人募集がでている

19.面接で即採用、次に日から来てくれと言う

20..社長はベンツ、社員は原チャリ

嘘のような内容ですが実際に運送業界ではよくある話です。

このような会社は個人経営の小・中規模な会社に多い傾向があります。

大手ではこのような会社はほとんど無くなってきていますが、大手になるほどペナルティがきついのも現実です。

上記のようなヤバい会社を見分けるのは実際に働いていた社員に聞くのが早いのでしょうが一つ一つ聞いて回るわけにはいきません。

ある程度自分の条件だったり、上の例で挙げた内容を企業に確認してくれるエージェントを活用するのが最も手っ取り早いでしょう。

失敗しない為の転職方法や運送会社の情報収集には下記を参考にされて下さいね。

 

失敗しない運送会社への転職するコツや求人情報

トラック運転手におすすめの転職エージェント
運送業界は人手不足で転職するなら今がチャンスです。
ドライバーが会社を選べる状況になっています。
しかしブラック企業が未だに多く存在している運送業界では良い会社の見極めが難しいのも現状です。

そこで良い会社を見極めるコツがエージェントの活用です。

今エージェントからのドライバーへの転職が急増しています。
その理由は給料や労働条件、福利厚生などを事前に確認し交渉までしてくれるからです。
あなたの条件に合った企業であるという前提で面接に望めます。
いちいちその都度面接に行って自分で確認する手間が省けます。
またお金の話や休日、仕事内容など自分の条件を交渉しにくい方にもおすすめです。

【エージェントへの依頼具体例】

給料は手取りで40万円以上欲しい
土日は休みたい
自腹制度がないか確認して欲しい
パレット輸送の多い会社を探して欲しい

このような条件で探してほしいと伝えるだけでオッケーです。
運送会社を探すならリクルートエージェントが1番おすすめです!

>>リクルートエージェントはこちらこそどうぞ

リクルートエージェント業界最大手で求人数と実績が日本で一位です。
また大手や人気のある運送会社は非公開求人になっている場合が多いです。
あなたがいくら探しても求人が出てこないのは非公開求人になっているからかもしれません。
リクルートエージェントは非公開求人数が業界一位です。
お目当ての運送会社が隠れているかもしれません。

情報収集や自分の条件に合った会社を探している方はご利用ください。

>>リクルートエージェントに無料相談する

料金は一切かかりません。
登録したからといって絶対に転職しないといけないわけでもありません。

情報収集にもお役立てください。

さいごに

いかがだったでしょうか?

今回は運送業はブラックだらけという記事を書きました。

昔に比べたらかなり減りましたが、いまだにブラック企業は存在します。

運送業の特質上、仕方のない場合もありますが事故の全額請求や残業代の未払いなど、これまではドライバーが泣き寝入りしていましたが相談無料の弁護士さんも増えてハードルがかなり下がりました。

私も未払い残業代で数百万円を会社に支払ってもらったドライバーも知り合いにいます。

一人で悩まずに相談をしてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました