スポンサーリンク

運行管理者試験合格率が低い理由はなぜ?難易度や勉強のコツをご紹介!

運行管理
スポンサーリンク

 

各運送会社の営業所において、一定数の条件のもとに置くことが義務付けられている「運行管理者」は、運送会社にはなくてはならない資格といっても過言ではありません。

そうなれば、取得する資格としては一見難しそうな印象でもありますが、一般的に試験で出題されてる問題の難易度は低いとも言われています。

ですが世間では「合格率の方は低い」とされてるのも事実です。

今回は、運行管理者の合格率が低い理由はなぜなのか、難易度やその運行管理者試験の勉強方法やコツ、勉強時間はどれくらい必要かなどを見ていきながら、効果的な試験に向けた勉強時間、そして運行管理者としての受験資格・日程なども見ていきます。

 

運行管理者試験の合格率と難易度とは

 

運行管理者になる為の試験合格率と難易度は必ずしも比例するとは限りません。

国の法律的な問題から、その年々に出るパーセンテージも少なからず前後するとも言われています。

●合格率は?

世間で一般的に出されている合格率の数値として近年では20%~30%や30%~35%など、基準としているものが曖昧なことからもこれらのデータは正直あまり当てにはならないともされます。

この数値は「あくまでも参考」という形にした方が良さそうですね…

 

●難易度は?

試験としての難易度では、結論として「低い」と見てよいでしょう。

細かな内容の一つとしては、ほとんどの人が保有している運転免許証の取得に必要な基本的な交通ルールや、実際に運送ドライバーとして経験していたりと基礎知識を持っている方であれば、解いていくのに結構有利となる問題が多数あるようです。

とはいっても国家資格ともなれば優しい問題ばかりではなく、会社側から見た労働条件についての事柄や普段ではあまり聞くことのない専門用語など、聞きなれない言葉も出てきます。

そこに数字を用いた計算問題などもあったりと「この類いが苦手の方」にとっては少し苦労するかと思われます。

ただ、そう言った部分は全体の割合としては比較的少ないようなので、苦手の方にとってもしっかりと勉強さえしておけば決して難しくはない問題ばかりです。

 

運行管理者試験の合格率が低い理由とは

 

主な理由としては法律の改定などが挙げられます。

それは業界による事故やトラブルによっての改善と共に「幾度と変更されていく項目の数と難問」にあると言われます。

それらに伴い運行管理者としての責任を持つ大切さなどから、「しっかりとした知識を持つ人のみが資格を得れるよう」に問題の方も難易度が上がると言うわけです。

そしてもう一つの理由には、運行管理者試験に対しての受験者の思いや毎日の仕事で忙しい中、合間を使っての挑戦には多少の無理が出るなど、各々の持つ立場なども様々です。

これが、「人によっての受かる・受からないなどの差」が生じてしまうようです。

 

運行管理者試験の勉強時間はどれくらい?

 

この場合においても人それぞれ時間のかけ方があり、時間をかけたからと言っても成果の出ない人や、時間をかけない方が成果が出る人などそれぞれです。

私が調べてみた範囲でも、多くの合格者の場合は仕事をしてる人・そうでない人を踏まえ1ヶ月間で見るとほぼ毎日は勉強しているようです。

勉強時間も平均して1日最低2~3時間は割いています。

これらを目安とみても、多く方にとって参考になるものかと思われますね。

とは言っても仕事の合間を使うなどで基本、自身が無理のないように自身のペースで体調を崩さないよう勉強していくのが鍵であり、それが重要とも言えるでしょう。

 

運行管理者試験の効果的な勉強方法とコツとは

 

最も効果的な勉強方法としてわかったことは「過去問題」にあります。

各問題に対しての正解・不正解の理由を理解する上で、問題ごとの解説をしっかりと読み返し、とにかくこの「過去問を解いていく数」をこなすことにあるといえます。

それはたとえ分からなくとも、問題に慣れていく事で全ての問題に対しての「何をすべきか」というプロセス(過程)が見えてきます。

問題に慣れることで試験の出題において「どんな問題がよく出るか?」など受験において慌てず、常に「余裕」も持つことができます。

試験というもの基本やることは「暗記」という事になりますが、人が持つマインド(精神的な気持ちの持ち方)があっての勉強、からの暗記ですからね!

 

運行管理者試験の受験資格や日程とは!

 

運行管理者試験を受験するにあたっては誰でも受験できるというわけでは無く、受験ができる為の「資格」というものが必要となっております。

●必要となる資格とは…

その運行管理者受験資格に「運行管理に関して1年以上の実務経験を有する。」とあります。

つまりドライバーであっても始業前点検や運行前点検など、業務などで多くが運行に対しての管理に携わってる事から、ドライバー経験が1年以上あれば「有資格」として該当します。

そこから実際に受験をするという事となれば、会社の承認を貰ったのちに受験できる事となります。

ちなみに晴れて運行管理者に選任されれば「1年以内の基礎講習を受講する義務」があり、「前もっての基礎講習を受講」もできる事から、多くの場合でほとんどの方が先に受けてるようです。

この辺も皆様の参考になるかと思われます。

 

●試験の日程は…

実際に試験が開催される日程となると、中止や変更などによって必ずしも予定通りに開催されるとは限りません。

そのため受験においては「各々によるその時期の日程チェック」と、運営側からの情報に注意していく事となります。

運行管理者試験の年間の試験回数は年に2回となっています。

その運行管理者試験が2回実施される月は3月と8月です。

 

まとめ

 

計画性を持って真面目に勉強すれば「運行管理者試験への合格は誰にでも望める」という事がわかります。

どの難試験においても言えることですが、この運行管理者試験においても然りです。

実際問題「他人が出来て自分にできないはずが無い」のです。

確かに国家資格だけに幅広い知識を要するだけの難易度はあれど、「やる事をやれば」不思議な事におのずと難易度も下がるもの。

正直な話、合格率や、統計で出す数値などより結局は「自分次第」となるといえますね。

試験を受けようと考えている方は是非頑張ってください。

タイトルとURLをコピーしました