大型トラックのライトカットは運転手の道を譲る時の暗黙のルール!

大型トラックのライトカットの意味とは! 役立つ情報

トラック運転手にはドライバー同士のいくつかの暗黙のルールがあります。

その中で代表的な合図がライトカットです。

この記事では運転手が事故なくスムーズに運転できるように長年培ってきた暗黙のルールをご紹介しています。

 

大型トラックのライトカット

 

一般道や高速道路でドライバー同士が車に道を譲る時にライトを消して合図をします。

これは「私の前に入っても大丈夫ですよ」という合図です。

ライトを消された側も道を譲ってもらえたことを確認できて安心して進路変更ができます。

こうすることでお互いの安全を確保するとともに感謝の気持ちも芽生えます。

 

サンキュウハザードは必ずしよう

 

道を譲ってもらって車線変更が完了したらハザードをたくと思います。

このハザードの意味は「道を譲ってくれてありがとう」の挨拶です。

たまにこのハザードをしないドライバーもいますがこれは少し行儀が悪いと言えるでしょう。

法律的に何の決まりもない合図ですがトラックの運転手の世界ではマナーを知らない運転手となってしまいます。

 

一般車からのライトカットはかなり嬉しい

 

私がトラックドライバーをやっていて非常に嬉しいことは一般車のドライバーからのライトカットです。

リミッターが装着されている大型トラックの車線変更は一般車からしたら正直うざいと感じるかもしれません。

その気持ちはすごくわかるのでトラックドライバーも一般車がスムーズに走っている所をわざわざブレーキを踏ませてまで車線変更をしようとは思いません。

そんな中で一般車のドライバーの方からライトカットをしてもらうと本当に嬉しい気持ちになります。

サンキュウハザードもいつもより長めにしてしまいます (笑)

 

その他のライトカットの意味とは

 

ライトカットは道を譲る以外にも暗黙のルールとして使われています。

それは知り合いのドライバーと道路上で平行になった時の挨拶です。

クラクションを鳴らす場合もありますが周りの車に迷惑がかかるのでライトカットをします。

その他には信号待ちで停車した時にライトを消します。

トラックのヘッドライトの高さは普通車のルームミラーやバックミラーに反射してかなりまぶしいです。

その為に信号での停車時にはヘッドライトを消すようにしています。

 

道路上でのパッシングの意味とは

 

逆にパッシングはどういう意味があるのでしょう。

近年あおり運転が話題になっていますがパッシングはあおり運転の代表みたいな行為です。

しかしながら有難いパッシングも運転手どうしの暗黙のルールの中には存在します。

 

道を譲るとき

 

「車線に入るな」の時のパッシングはよく見かけますが実は道を譲る時にもパッシングを使う場合もあります。

この場合のパッシングは「車線に入るな」のパッシングと勘違いされないように極力短めの1回だけのパッシングのします。

しかし相手ドライバーとの間合いや微妙な雰囲気もあるので意味を感じ取るのが難しい場合もあります。

 

先に行かせてもらいます

 

交差点や現場などに入る時に右折待ちをしているトラックがまっすぐ走ってくる対向車に対して「こちらが先に右折させてもらいますね」という意味でパッシングをする場合があります。

相手に少し減速をしてもらわないといけないタイミングの時によく使います。

パッシングだけでなく手を上げて挨拶を重ねてする場合が多いです。

 

ハイビームの消し忘れ

 

対向車のハイビームが眩しいときの合図です。

車の通りの少ない高速道路や田舎道ではハイビームで走ることが多いです。

対向車が来た時にハイビームのまま走ってしまうことは多々あります。

ヘッドライトを下げてください」という意味でパッシングをすることがあります。

 

警察の取り締まりのお知らせ

 

何の変哲もない所でいきなり対向車からパッシングをされるケースがあります。

それはその先で警察が取り締まりをしているお知らせかもしれません。

いわゆる「ネズミ捕り」です。

対向する車はそのネズミ捕りの現場をみているわけですから、それをあなたに教えてくれた可能性があります。

さらに警察官がよくする「敬礼」のポーズをしたらほぼ取り締まりとみて間違いないでしょう。

スピードを落としてシートベルトの確認をしましょう。

対向車に対してのお礼は敬礼のポーズでいいでしょう。

 

ライトカット以外の道を譲る合図

 

道や進路を譲ってあげる合図として「右のウインカーを出す」があります。

高速道路で昼によく使う合図です。

昼間はライトを消していますから代わりに右のウインカーで合図をだします。

お礼はお決まりの「サンキュウハザード」です。

 

さいごに

 

は大型トラックのライトカットやドライバー同士の暗黙のルールについてご紹介しました。

ドライバー皆が譲り合いの精神で走ると交通社会もスムーズになるし昨今世間をにぎわせているあおり運転による事件も減ると思います。

皆さんも是非ライトカットで道を譲ってみませんか?

最後まで読んで頂きありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました