スポンサーリンク

トラックのオイル交換料金やかかる時間とは!交換はどこでできるの?

トラックのオイル交換時期 役立つ情報
スポンサーリンク

 

トラックのメンテナンスは常に安全に走行する上でとても重要なものです。

日頃の点検が、交通事故を防ぎ自分の命と周りの人の命を守る事にも繋がります。

そしてなにより、トラックも大事に長く使えるので会社にとっても良い事ですよね。

そこで今回はトラックのオイル交換についてお話していきたと思います。

トラックのオイル交換の時期はいつが適しているのか、その費用や時間はどれくらいかかるのか?

また、そのオイル交換のやり方についても解説していきます。

最後までどうぞご覧ください。

 

※給料をあと5万円上げたくありませんか?

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできます。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

トラックのオイル交換の時期や目安はどれくらい?

 

エンジンオイルの交換時期と目安は、走行距離です。

ただ、トラックの種類・大きさによって異なります。

あくまでも目安と考えて参考してみてください。

トラックだけではない話ですが、エンジンオイルは非常に重要な働きをしています。

エンジンを守る役割をしています。

車両故障の原因にもなりますので、定期的に点検・交換することが必要になります。

トラックの種類別エンジンオイル交換の目安は下記の通りです。

 

小型トラック(2tトラック):10,000㎞~20,000㎞

中型トラック(4tトラック):15,000㎞~40,000㎞

大型トラック(10tトラック):20,000㎞~40,000㎞

 

参考程度と考えてください。

その理由は、トラックの運転方法や環境によって大きく異なるからです。

運転が荒ければエンジンオイルが汚れたり酸化したりします。

凸凹道や長距離運転の場合はエンジンオイルが減少することもあります。

トラックの使用頻度が少なくても定期的に確認するようにしてください。

また、目安よりも早くエンジンオイルを交換することは問題ありませんので、早め早めの対策を行うといいでしょう。

トラックの場合は、一年おきに車検があります。

その際にエンジンオイルを交換する方もいます。

一年おきに交換すると決めておけば安心です。

エンジンオイルを交換しなければ、燃費が悪くなります。

さらには、乗り心地も良くありません。

エンジンを守り快適なトラック走行を行いましょう。

 

トラックのオイル交換にかかる費用はいくら?

 

エンジンオイルの交換は非常に重要になります。

気になるのがやはり費用と思います。

トラックは維持するだけでも高額になりますので、余計に不安になりますよね。

エンジンオイルについては、トラックの種類によって異なります。

まず、2tトラックエンジンオイルにかかる工賃費用は1,500円前後が相場になります。

また、オイルが8リットル程度となります。

1リットルで500円程度になりますので、合計で5,500円程度になります。

4tトラックは、工賃費用が2,500円前後となります。

それほど高額にはなりませんが、4tトラックになるとオイルが10リットル程度必要となります。

よって合計で6,500円前後必要になります。

 

大型トラックのオイル交換の料金は

 

そして、大型トラックのエンジンオイルにかかる工賃費用は4,000円前後の相場となります。

大型トラックは、30リットル以上となりますので、19,000円以上となります。

特殊大型などの場合は、総額30,000円以上になるケースもあります。

あくまでも参考です。

エンジンオイルの交換場所などによっても異なります。

 

自分の適正年収を把握していますか?
今回貰えるべき適正年収を調査したところ年間で100万円以上損をしていることが判明しました。
ご自身の推定年収は必ずチェックしておきましょう。
無料診断で料金は一切かかりません。

>>損をしていませんか?自分の適性年収を調べてみる

トラックのオイル交換にかかる時間はどれくらい?

 

エンジンオイル交換はご自身で交換する場合と専門業者に依頼する2つのパターンがあります。

まず、自分自身で交換を行う場合は、約1時間程度必要となります。

また、時間に加えて知識と体力が必要となります。

ご自身でエンジンオイル交換する場合は、安全に進めないといけません。

人間でいう心臓部分になりますので、一歩間違えると重大事故につながります。

ある程度経験と知識がある場合のみ自分自身で行った方がいいです。

その一方で専門業者に依頼する場合は15~30分程度で交換することが可能です。

車種や大きさなどによっても作業時間が異なります。

エンジンの位置などによっても多少前後しますので、あらかじめ余裕をもって依頼することが望ましいです。

エンジンオイルに加えて、オイルエレメントの交換をする場合もあると思います。

その場合は、30~45分程度作業時間が必要となります。

混雑状況によっては1時間程度要することもありますので、事前予約など計画的に進めるといいでしょう。

 

トラックのオイル交換はどこでできる?

 

主に3つの場所で交換することができます。

まず一つ目がディーラーです。

専門的な資格を持った整備士が在籍しているので安心して依頼することができます。

純正のオイルを使用していることもあり信頼できます。

しかしながら、デメリットもあり純正ということで値段が高くなることがあります。

さらには、事前予約しないといけないディーラーがほとんどです。

すぐに対応できないことがデメリットです。

2つ目が、カーショップです。

エンジンオイルの種類が豊富な上、様々な価格帯のエンジンオイルを取り扱っています。

気軽にいけることがメリットですが、休日は混雑します。

作業時間も大幅に要することになります。

3つ目がガソリンスタンドです。

ガソリンスタンドは手軽さが魅力です。

しかしながら、最近はセルフ給油が増えたことでオイル交換ができるところが減っています。

人がいるガソリンスタンドを把握しておくことも必要です。

気軽さが一番メリットにはなりますが、人がいるガソリンスタンドが貴重になりますので、時間帯などによっては混雑するケースがありますのでデメリットになります。

価格については、カーショップは比較的に安くなります。

ガソリンスタンドやディーラーは少し高めの値段になっています。

トラックを購入した際、ディーラーなどに相談し会員特典やポイント制度によっても異なります。

スピード感や安心感があるところでお願いするといいでしょう。

 

トラックのオイル交換のやり方とは

 

オイル交換は自分自身でも交換することができますが、知識が必要になります。

手順を間違えることなく安全に交換する必要があります。

車体構造が詳しくない方は、できるだけ自分で行わず専門資格を保持している整備士にお願いするとスムーズです。

手順は下記の通りです。

 

①ドレンボルト・オイルパンの場所を把握する

まず、トラックの車体を持ち上げるために必要なのが油圧ジャッキです。

この油圧ジャッキはトラックの重量によって使えるものが変わりますので使用前にしっかり確認しましょう。

その油圧ジャッキを使って車体を持ち上げ、オイルパンとドレンボルトがある場所を確認します。

 

②エンジンオイル投入口を把握する

エンジンオイルを抜く際、エンジンオイル投入口の蓋を開けておきます。

これは、蓋を開けることによって空気を取り込み、中のオイルがスムーズに抜けやすいという効果があります。

 

③ドレンボルトを外す

ドレンボルトと緩めて外すことによって、エンジンオイルが流れ落ちます。

そのエンジンオイルが溢れないように、廃油を入れるものは大きめの物を準備するようにしてください。

廃油が入ってもいいようなバケツや大きめの空き容器など。

 

④ドレンボルト付けとワッシャー締め

ドレンボルトを取り付ける場合は、エンジンオイルが完全に抜けきってから行います。

ドレンは再利用可ですが、ドレンワッシャーは新品が必要です。

ドレンワッシャーは一度潰れると本来の役割を失いますので再利用しないように気を付ける必要があります。

次にワッシャーを取りつけますが、力加減が重要ポイントです。

傷つけないように注意しながら慎重に取り付けましょう。

この時、力加減を間違えるとオイル漏れが発生する可能性もあるため、無理に締めることなく適度んな力で作業を行うようにしてください。

 

⑤新しいエンジンオイルを投入する

規定量が超えることがないように気をつけながらエンジンオイルを投入します。

多過ぎも少な過ぎも×です。

投入前にはしっかりと規定量を事前に確認するようにしてください。

 

⑥最終確認

エンジンオイルゲージの確認は次のような手順出行いましょう。

1.エンジンをかけ30秒ほど経ったら一旦止める

2.その後、約1分ほど待ちエンジンオイルキャップの閉め付け状態とエンジンオイルゲージの最終確認をする

ドレンボルトやオイルパンなどにオイルが漏れていないことを確認できたら無事作業終了となります。

この一連の流れは、一人で作業するには少々体力を使うことになりますので複数人で作業すると比較的スムーズに交換することができます。

 

トラック運転手なら転職サイトだけは必ず登録するべし!

 

いま転職する気がない、もしくは後々自分で探そうと考えている人も絶対に転職サイトには登録しておきましょう。

理由はストレスや疲労がたまると就活活動はもちろん転職サイトに登録する気力すら無くなるケースが多いからです。

気になっている企業や興味のある求人の情報を把握しているだけでも【いつでも転職できる】という状態であれば安心だし、体を壊したりうつ病などになる前に転職という手段が打てます。

転職サイトの登録は簡単で無料だし、勧誘や担当者からの電話などは一切きません。

あなたの行きたい会社の求人や転職が可能な企業があればメールで届くのでいつでも転職できるという精神的な安心感や余裕ができます。

転職はそのうちに、今はまだ無理と思っている方も登録だけは絶対にしておくべきです。

ライバルドライバーは皆やっています。

情弱で取り残されないように気をつけないといけません。

優良な会社の求人情報が豊富な転職サイトはこちらです。

無料で簡単に登録することができます。

業界日本1位のリクルート社が運営している間違いのない転職サイトです。

>>リクナビNEXTの無料登録はこちらからどうぞ

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回はトラックのオイル交換について解説してきました。

トラックのオイル交換は簡単なようで重要な部分です。

自分でやる場合は、しっかりやり方を理解し行うようにしてください。

間違った知識や勘違いで作業を進めてしまわないよう注意しましょう。

『相棒』となるトラックはドライバーにとって大事な存在です。

日頃から大事に扱い、長く乗れるよう定期的なメンテナンスを心掛けましょう。

タイトルとURLをコピーしました